書評: あなたの知らないところでソフトウェアは何をしているのか?

ソフトウェアが行っている暗号処理、画像/映像処理、検索、並行実行に関するアルゴリズムを数式や直接的なソースコードを廃して、平易な文章と図で説明したもの。基本的に非ソフトウェア開発者向けに書かれている本で、それなりに数学的な知識(と言うより感のようなもの)があれば内容は理解できると思う。

最近大人も子供も「習い事」としてプログラミングブームらしいが、多くの人にとってはHello Worldが書ける事自体よりも、それがITのシステムとそのソフトウェアが何をやっているかを知る事が大事だと思うので、ITがブラックボックスだから何をやっているか知りたいので一般向けプログラミングスクールに行きたいと思っている人たちに本書をおすすめしたい。本書の内容を自分の手で実現してみたいと思ってからプログラミングスクールに行っても遅くはないと思う。ただ、もう一般向けのプログラミングスクールでは面白くないかもしれないが。

また、職業プログラマとなってしまった人たちにとっては本書の内容は職業としての一般教養内なので、特に文系からSE/ソフトウェア開発者になってしまった新人から中堅までにお勧めしておきます。ベテランも読み物としてそれなりに面白いので、買って損はしないと思う。(まぁそこは自己判断)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください