Windows 10 Fall Creators UpdateでのWindows Consoleについて

情報源: What’s new in Windows Console in Windows 10 Fall Creators Update – Windows Command Line Tools For Developers

Windows 10 Fall Creators Update(RS3)の一般提供が来週の17日に迫ってきたことも有り、RS3でのコンソール機能の変更についてまとめられています。

以下は私のメモ程度の簡約なので、正確な記載については上の情報源を参照ください。

Windowsコンソールのアクセシビリティの向上

長らくWindowsのコンソールはスクリーンリーダーに対応していませんでしたが、RS3からはWindows UI Automationインフラストラクチャ(UIA)を使用するスクリーンリーダーでコンソールの内容が読み取れるように改善されました。

これについての詳細は今後まとめられるようです。

テキストレンダリングとVTシーケンスのサポートの改良

Windows 10 Creators Update(RS2)にてVTシーケンスのサポートなどの改善が行われましたが、より表示がLinuxあるいはMacのコンソールと同じように動作するよう改善されました。

また、Windowsコンソールの今後のリリースでは、いくつかの重要な入力、テキスト、その他のVTの改善が計画されています。

新しいデフォルトカラースキーム

コンソールのカラースキームが下図の上から下に変更されました。現代の高解像度LCDパネルでわかりやすいカラースキームに変更されています。

ColorToolを使用したカスタムカラースキーム!

カスタムカラースキームの正式なサポートにはまだ時間がかかるものの、最近リリースしたOSSのColorToolを使用することでカラースキームのインポートが可能になりました。

コンソールのオーバーホール

コンソールチームはWindowsのコンソールを近代化し、より信頼性の高いものにするようオーバーホールしています。

この作業は続行されますが、主要なアーキテクチャ変更作業の終わりに近づいています。あなたにふさわしい世界最高レベルのコンソールエクスペリエンスを提供するように努めています。

Consoleの今後の計画

RS4のInsider Previewに今後数週間で新しいコンソールがが登場し、数ヶ月後の正式リリース時には改良されたコンソールがリリースされる予定です。改良点等についてはWindows ConsoleチームのブログRich TurnerのTwitterでお知らせします。

問題が見つかった場合には以下のGitHubへ登録をお願いします。

https://github.com/microsoft/console