Forza Motorsport 7 12月のアップデート #Forza7

情報源: Forza Motorsport – Forza Motorsport 7 December Update

最終更新:2018/12/05

Xbox OneとWIndows10 PC版のアップデートが12/4(日本では12/5)にやってきます。ここ数ヶ月、Turn 10がコミュニティからのフィードバックに基づき、ゲームに新しい機能の追加や機能改善を行っていますが、Forza 7のメニューを刷新する作業も行っています。全てのプレーヤーが楽しめるために、今月のハードワークの結果が到着しました。また、ホイールコントローラを使用するプレーヤー向けにはフォースフィードバックの改善が行われ、新しい動的な対戦相手のラベル、すべてのForza 7プレーヤーに無料で提供されるあたら数スポットライトカーなど、ゲーム全体で多くの改善と修正が行われました。

2018 #1 BMW M Motorsport M8 GTE

7年の休息の後、BMWはWEC/Le Mans 24hに戻ってきました。M8の生産モデルが販売される前に、そのファンファーレとしてWECとIMSAでこのM8 GTEが両方でレースを行いました。このM8 GTEは(M6 GT3のように)既存のプラットフォームから構築されたのではなく、LM GTEの公認車として初めから製作されたBMWであるので、最高のリバースエンジニアリングと呼ぶべきものです。大幅な軽量化、明らかにわかる安全装置、広範囲なエアロによりカスタムメイドのレースカーになっています。このM8 GTE 1号車は、IMSAでGTE LM部門で4位となっています。

フォースフィードバックの改善

12月のアップデートでは、Forza 7でフォースフィードバックの重要な更新が導入されました。新しいフォースフィードバックは、Forz 7のサスペンションキネマティクスとステアリングホイールにタイヤの負荷を送るタイヤモデリングを利用した完全な物理ベースのシステムです。より正確なアライメントトルクと路面への強固な接続感により、より直感的な感触が得られます。

ホイールコントローラのユーザーにとって重要なことは、この新しいホイールコントローラーアップデートが古いシステムを完全に置き換えることで、12月のアップデートより前のプレーヤーの設定値がリセットされます。ホイールコントローラユーザーは。この新しく改良されたシステムを利用するために、初めからホイールコントローラの調整をやり直す必要があります。新しいフォースフィードバックシステムの完全な概要については、Forzaサポートサイトの更新されたFM7 Wheel Guideを参照してください。

ペイントのフレッシュコート

火曜日の更新後にForza Motorsport 7を起動するとすぐに、視覚的な変化に気付くでしょう。新しいスプラッシュ画面に加えて、メインメニューを大幅に改善しました。やや傾いた古いメニューが新しいフラットレイアウトに置き換えられました。車とドライバーが画面の右側に移動しました。さらに、メニュータイルの白黒画像の背景を美しい新しいカラー画像に置き換えました。鮮明なプレーヤーは、タイルのハイライトカラーを赤から青に変更したことに気付き、アートワークを持たないタイルの不透明度を変更して、タイルをよりアクティブに感じさせます。チームは特定のメニュー項目の移行時間も改善しました。たとえば、メインメニューからそのタイルを選択するとき、Forza Driver’s Cupメニューにアクセスする時間が短縮されます。

新しいスプラッシュウインドウ

新しいメニュー画面

大胆に変更されています。まるで別のゲーム。

レースメニュー画面

大きくは変わっていませんが、選択のハイライトが青色に変更されているなど若干変化しています。

新しい対戦者のラベル

12月にメニューが視覚的な見直しを受ける唯一のアイテムではありません。このアップデートでは、新しい対戦相手のラベルシステムがゲームにも導入されています。これらのラベルは、マルチプレーヤーのロビーに表示される情報パネルで、プレーヤーのゲーマータグ、フォルツァのドライバーレベル、車の上のバッジを表示します。新しい対戦相手のラベルシステムは、これらのラベルに一様で平坦な外観をもたらします。レーベルもダイナミックになり、プレイヤーへの相手の近接度に応じて3つの「状態」間で移動します。

最も近い「full」状態は、プレイヤーのゲーマータグ、そのレースにおける彼らの順位、そしてイベントに応じて、彼らまでの距離やドリフトスコアなどが表示され、「it」状態ではプレーヤータグが表示されます。中距離では、対戦者ラベルは凝縮状態で表示され、プレーヤータグと、順位だけが表示されます。最も遠い距離では、ラベルは「far」状態となり、プレーヤーの順位だけが表示されます。

また、12月のアップデートでは、レース前のHUD情報アイテムにいくつかのデザイン調整を加えました。たとえば、ラップタイムHUDの要素がよりフラットになり、ラップカウンターが画面の右上に移動しました。

新しいメニューと新しい相手のラベルは、Forza Motorsport 7の素晴らしい経験と情報を提供するための継続的な取り組みの一環です。次の数か月でゲームのこれらの側面への更なる更新を探してください。

HUD

HUDは奥行きがあったデザインからフラット化され、上にあるように対戦相手のタグ表示やレイアウトが変更されています。

その他のアップデート

12月のアップデートでは、より良いものを提供しています。 ライバルのプレイヤーはライバルを倒した後、自動的に新しいゴーストカーを挑戦します。 さらに専門ディーラーは、元のコレクタースコアと、更新されたコレクタースコアのほか、元の価格と「販売」価格と割引率を表示します。

12月のイベント

リーグ – エンジン始動

新しいリーグ、エンジン始動が始まっています。詳細は以下をご覧ください。

#Forzaleague エンジン始動 12/02~12/30 #Forza7

#Forzathon

今月の#Forzath​​onツリーの下にある他のグッズには、2014年のBACモノ、1957年のフェラーリ250カリフォルニア、休日をテーマにしたジンジャーブレッドマンドライバーギアスーツなどがあります。すべての最新のためにゲームの#Forzath​​onセクションに注目してください。

2018年12月のマンスリー #Forzathon #Forza7

ライバル&ホッパー

ホットラッパーは、ニュルブルクリンクGP回路上の2018#1 BMW M Motorsport M8 GTEを主演する新しいSpotlight Rivalsカーを期待することができます。他の場所では、1985年のフォードRS200エボリューション(Laguna Seca)、2005年のHot Wheels Ford Mustangを主演するシルバーストンの雨の中でのイベントを主催しています。マルチホッパーには新しいゴーストレース、オープンホイールレジェンドの復帰などが表示されます。

12月のアップデートの一部であるすべての変更点について深く掘り下げ、今後登場する予定の機能や改良点について最初に見てみると、12月号の「Forza Monthly」を見逃すことはできません。Mixerとtwitchのッ公式Forzaチャンネルでで、12月13日午前10時(米太平洋時間)に放送を開始します。Turn 10の周りにいる特別ゲストが参加して、あなたの質問にもお答えします。

変更詳細

PC版でダウンロードサイズは505MB程。

Forza Motorsport 7の12月のアップデートでは、新しいルックメニューシステム、更新された対戦相手のラベル、レース中のHUD要素、ホイールユーザーのための新しいフォースフィードバックシステムなど、ゲームにいくつかの変更が加えられました。今月のForza 7の変更点については、FM.netの発表記事をご覧ください。新しいフォースフィードバックの変更点については、Forzaサポートサイトの更新されたFM7 Wheel Guideを参照してください。

さまざまなローカリゼーションの変更に加えて、このアップデートではゲームのいくつかの問題が解決されています。すべての詳細については下記を参照してください。

全体

  • 運転中のHUDエフェクトはデフォルトでオフに設定されています。プレイヤーはHUDメニューでこれらのエフェクトを有効にすることができます。
  • Distance Ahead HUDリーダーボードにて位置合わせされていないテキストを修正しました。
  • スプリットスクリーンレースでタイムレースに「残り時間」のHUD要素がないという問題を修正しました。
  • スプリットスクリーンの問題を修正しました。ゲームの一時停止後、アクティブコントローラインジケータのHUD要素が画面上に残っていました。
  • スプリットスクリーンででTotal Distance HUDが表示されない問題を修正しました。
  • Drift RivalsイベントにTarget Score要素を追加しました。
  • ライバルを倒したらターゲット時間要素が更新されるようになりました。
  • 「次のライバル」のHUD要素は、最初のライバルのスコア/時間が勝ち取った後に更新されるようになりました。
  • 最後のラップ要素がなくなる前にメニューが表示されると、ターゲット時間が消えるライバルの問題を修正しました。
  • 条件付きHUD設定を使用しているときに、トラックのHUD要素が、場所を取得または失うときに表示されないという問題を修正しました。
  • ゲームのPCおよびX1Xバージョンで、Forzavista TunesおよびUpgradesヘルプボタンが4Kで表示されないという問題を修正しました。
  • Homespace / ForzavistaのチューニングメニューからSteering Angleの変更を保存できないプレイヤーがいる問題を修正しました。
  • 極端なダンパー設定がスラストマスターホイールのジッタや振動を引き起こしていた問題を修正しました。
  • AIカーとプレイヤーが同時にフィニッシュラインを横切った場合、勝者はプレイヤーに移動します。
  • フリープレイでは、2015シボレーコルベットZ06をSports GTディビジョンに承認しようとすると、プレーヤはホモロゲーションシーケンスを2回通過して、正常に車をホモロゲーションする必要があります。

マルチプレイヤー

  • 現在のラップHUD要素をすべてのタグゲームタイプから削除しました。
  • Total Distance Timed RacesのHUD要素は、各ラップの後にリセットするのではなく、すべてのラップの合計距離をカウントするようになりました。
  • ミートアップでは、レースとロビーの選手が同じボイスチャットセッションを共有し、互いに聴くことができます。
  • プライベートMPマッチでSimulation Damageをオンにすると、プレイヤーの車が消えてしまう問題を修正しました。この修正は、接触後またはピット後にパブリックMP試合で消える車にも適用されます。
  • 終了する前にすべての選手がレースを終了した場合、プレイヤーがプライベートMPロビーでレディアップまたはスペキュレートできなくなる問題を修正しました。

オーディオ

  • 最初のマルチプレイヤーエクスペリエンスビデオの後にゲームミュージックが途切れてしまう問題を修正しました。

PC

  • スペシャリティディーラーで、マウスで選択されていないタイルを強調表示すると、青色ではなく赤い境界線が表示される問題を修正しました。さらに、手動グリッドオーダーでドライバを選択すると、ドライバは青色ではなく赤色で強調表示されます。
  • ライバルのポストレースメニューで「Restart」を選択した後に黒い画面が表示される問題を修正しました。
  • プレイヤーが「ソート/フィルタ」メニューのオプションの上にマウスを置いたときに、オプションが点滅してちらつくという問題を修正しました。
  • PCでプレイ中にForzaRCボタンを押すと、プレーヤーに外部アプリケーションを開く旨の警告が表示されるようになりました。