「オブジェクト指向・システム開発」カテゴリーアーカイブ

バイオメトリックスの限界

横浜国立大 松本教授によるレポート
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_fccsg/gaiyou/f-20050415-singi_fccsg/02.pdf
現状では確実な生体認証方法はなく、厳密な認証を求めるのであれば複数の組み合わせや、ワンタイムパスワードとの組み合わせ等を行うべきだろう。
将来的にはスタートレックのようにDNAパターンによる本人認証となるのか。

次世代開発基盤技術“Software Factories”詳解 第4回

@IT:連載:次世代開発基盤技術“Software Factories”詳解 第4回 フィーチャの実現法とサブジェクト指向パラダイム
連載第4回目。
いよいよ核心に入ってきたのでしょうか。
変化するものと変化しないものとの分離。
分離したもののバインディングタイミング。
変化に対応するためのサブジェクト思考。
次回への序章。

xfy


ジャストシステムが開発しているXML複合ドキュメント作成の為のオーサリングツール。Javaで開発されている。
現在はコミュニティにユーザー登録することでBasic Editionのベータをダウンロードすることが可能。
場合によっては大化けするかもしれないという期待は持たせてくれます。一太郎Arkが先走りしすぎていたのかも。
データではなく文書としてXMLを扱いたい人は注目しておいた方が良いとおもう。

start.comとエージェント

MSゲイツ会長が次世代検索技術を語る—「MSNはリンクではなく答えを届ける」 : IT Pro ニュース

start.comのプロトタイプは,Googleに見た目が似ており,Webサイトには検索窓があるだけだが,「start」のアイコンをクリックすると,ユーザーがカスタマイズ可能なポータル・ページに変身する。このページには,米国の郵便番号(Zipコード)を入れると,その場所の天気予報が出てくるサービスなどが実装されている。検索機能自体に様々な拡張が施されており,「Seattle Mariners」で検索すると最新の試合結果が表示されるし,「Ichiro Suzuki」で検索すればイチロー選手の最近の打撃成績などが表示されるという。

start.comに対する上の説明はかつてエージェントに対する説明としてされてきたものだ。ようやく検索がただのテキストマッチングからインテリジェンスな意味解釈あるいは、検索者意図の解釈が可能になりつつあるように思う。ようやく検索エンジンやサイトが人に近づいてきてくれる感じだ。ただ惜しむらくはその外観がただのWebブラウザであって、会話可能なCGキャラではないところなんだろうな。

続きを読む start.comとエージェント

TechEd 2005 Orlandセッション内容 & スライド

Microsoft TechEd 2005
上のリンク先で、先ほど行われたTechEd Orlandでのセッション内容、スライド、ハンズオンラボでもマテリアルまで公開されています。
すごい太っ腹。
ハンズオン内容はプロデューサーによる公開です。
元ネタは入海さんのところ:
TechEd Speach

D-cubeのキラーアプリは?

公衆無線LAN サービスのお知らせ
Livedoorの公衆LANサービスD-cubeですが、このキラーアプリはSkypeですね。たぶんサービスエリアがそれなりに広がったところで専用端末が登場するでしょう。
単純に公衆無線LANサービスなら濃いところ中心で良いのですが、六本木周辺から初めて山手線内からはじめ、サービス地域を薄く広く広げていこうと言う姿勢はそれをねらっているような気がするんだけどな。

アラン・ケイ日本に来てたんだ

フォトレポート:アラン・ケイのSqueakが日本の小学校にお目見え – CNET Japan
日本に来てたんだ。いいなぁ小学生。
そのまま道を間違えずにすくすくとオブジェクト指向ハカーに育ってほしい。間違ってもC#やJavaなんて、ましてやC++なんて「ヤクザ」な言語を勉強しちゃだめだよー。(爆)

WebobjectによるWeb Service

Web Services With WebObjects
Mac OS X ServerのTigerに付属するWebObjectsからWeb Service対応になった。ちなみにWebObjectsとはNext Step時代から提供されているきわめて優秀なWebアプリケーションサーバである。
上のリンクはこの追加機能をつかったWeb Serviceアプリケーション構築の概略だが、現状のVSや.NETでのサービス構築手順やSQL 2005でのHTTPエンドポイントによるWeb Service構築手順(特にもの的にはこっち)とよく見比べてほしい。
僕らは大きく何かを失っているのかもしれない。

MD3 1日目終了

一日目終了
パーティのほうは知らない方のほうが多くちょっと居場所がと思ったらOPC方面で知った顔が。助かりました。
今日のまとめとしては、DIやAOPといったパラダイムが進展していくとともに、それらすらOOのパラダイムが吸収していくといったところでしょうか。
開発者はより立体的な視点や思考が求められることになると思います。