RiderがRelease Candidateとなりました

Good news, everyone! GREAT news everyone! The Rider Release Candidate (RC) build is now available for download!  With this Release Candidate, we’re taking a big step towards Rider’s first release, we’re almost there. The RC is a release configuration build, … Continue reading →

情報源: Rider Release Candidate: performance, refactorings, Unity and more! – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

JetBrainsが開発しているC#用IDEであるRiderがRCになりました。

今回は主にパフォーマンスとリファクタリング機能の向上、Unityのサポート、webstormからの機能移植、デバッガの強化、VB.NETタイピングアシストの追加、NuGetプライベートフィード認証の実装、いくつかのバグの修正などが行われました。

パフォーマンスの向上

  • 5~10秒早く起動するようにしました。
  • F#エディタのパフォーマンスが向上しました。
  • NuGetの復元を最適化しました。
  • コードフォーマットの不要な呼び出しを無くし、編集とリファクタリングをスムーズにしました。
  • プロジェクトに含まれていないファイルを開くときにソリューション全体の分析が実行されなくなりました。

NuGetプライベートフィード認証のサポート

プライベートなNuGetライブラリにアクセスする際の資格情報を指定する機能が追加されました。

デバッガの改良

ジェネリック、拡張メソッドの式評価が可能となりました。現在のところは.NETと.NET Coreのみで、monoでは動作しませんが動作するよう作業が進められています。

Visual Basicタイピング支援

Sub/Function/Class/While/をタイプしたときに自動的にそれらのEndが追加されるようになりました。また、自動テンプレートにカスタムのイベントの追加時に必要なプロパティが追加されるよう機能が追加されました。

UnityとShaderLab

Unityでは、ShaderLab構文の強調表示とエラー分析を追加しました。初期コード補完サポート、TODOコメント、コメント/コメント解除キーボードショートカット、コード折りたたみサポートも追加されました。

リファクタリング

メンバーやメソッドをパーシャルクラスに分離するための Extract Members to Partialコマンドが追加されました。

WebStormのWeb開発機能

JavaScript、TypeScript、CSS、HTMLに関する機能はReSharperとWebstormで重なっている機能が有りますが、これらの機能に関してはWebStormからの移植となりました。

より多くの改善

.configおよびMSBuildファイルでナビゲーションの機能がサポートされました。

ほか。

ダウンロード

https://www.jetbrains.com/rider/download

機能追加/変更の詳細については情報源のJetBrainsのBlogを参照してください。

Windows 10 Insider Preview Build 16241 for PC & Build 15230 for Mobile

Hello Windows Insiders! Today we are excited to release Windows 10 Insider Preview Build 16241 for PC to Windows Insiders in the Fast ring! We are also releasing Windows 10 Mobile Insider Preview B…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16241 for PC & Build 15230 for Mobile – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

PCでの機能追加、変更点

  • Windowsシェルの機能向上
    • ロックスクリーンでpin及びパスワードのリカバリーが可能になります。
    • アクリルマテリアルのリファイン。より透け透けになります。
  • ゲーム機能の改善。XBoxのプロフィールカードが機能しない問題点の改善、ブロードキャストがクラッシュすることがあることの改善
  • タスクマネージャーの改善。GPUパフォーマンス表示の機能向上。どこのGPU-Zですか?
    • タスクビューでEdgeブラウザはタブ毎の使用率等を表示するようになります。
  • 混合現実機能の向上。
  • アップデートの配信最適化オプション。P2Pが実際にはMSからのダウンロードにも使用されているので、判るようにオプション画面を構成したようです。
    • Activity Monitorが追加され、アップデートやストアアプリのダウンロードに使用される帯域幅やダウンロード料が確認できるようになるようです。
  • ストアからのUbuntu他のインストール。
  • その他バグ修正

既知の問題、詳細については情報源のリンク先をご確認ください。

モバイルでの変更点

主に問題点の修正のみとなっています。詳細については情報源のリンク先をご確認ください。

#Forzathon UNTAMED PERFORMANCE(荒々しいパフォーマンス) #ForzaHorizon3

7月14日16時~17日16時まで。副題は怪物を放て!です。

Roaring Through(轟音)

#Forzathon Roaring Through(轟音)

Perform 20 Speed Skills to earn 25,000 XP AND 50,000 CR
スピードスキル20回で25,000 XPと50,000CRをゲット。

ランニングワイルドを狩猟してXJ220 HEをゲットしてから狙うとスキルポイントが貯まりやすくていい感じですが、その前にレース3戦したらスピードスキル20回は貯まってしまいそうです。

続きを読む #Forzathon UNTAMED PERFORMANCE(荒々しいパフォーマンス) #ForzaHorizon3

つい42.5インチの4Kモニタ(LG 43UD79-B)を買ってしまった。

購入したのはこれ。何もかもAmazonのPrimeセールが悪いです。数分間気絶していたら、いつの間にか決済が終わっていた。まぁ普段より1万円以上安かったので。

そして届きました。

でかい

A post shared by Tadahiro Ishisaka (@ishisaka) on

箱からしてデカイ。

設置したけどやっぱりでかい

A post shared by Tadahiro Ishisaka (@ishisaka) on

とりあえず組み立てて設置してみたけど、でっかい。組み立て自体は難しくないので途中の写真とかは取っていません。ただ、いままで24インチ2画面だったので横幅はこちらの方が少ないですし、前はスピーカーもあったので、机上の面積としては小さくなっています。が、デカイ。

twitter厨にはたまらない感じですね(白目

A post shared by Tadahiro Ishisaka (@ishisaka) on

tweetdeckを全画面にするとこんな感じです。twitter厨なのでたまりませんw画面のスケールは100%ですが、ぜんぜん普通に文字が読めます。

VisualStudioこんな感じでプログラマに向いています。

A post shared by Tadahiro Ishisaka (@ishisaka) on

Visual Studio 2017を全画面にするとこんな感じです。80文字で改行とか、ネストは4段までとかどうでも良い感じになる広さです。ま、実際にはFull HD相等のVS4つ同時に起動しても重ならないって言う方が大事かもですが。

Forza Horzion 3の写真撮影モードでスクリーンショットを取ってみました。Full HDでも十分綺麗だと思っていましたが、解像度が一段違いますね。

後気になる人は気になる内蔵スピーカーですが、良くも悪くも高級機でない薄型テレビのスピーカークラスなので余り期待しない方がいいです。逆に言えばこだわらなければ悪くありません。気になる人は内蔵スピーカーの使用は止めて別途出力機器をそろえましょう。

という事で、現状ソースがないのでディスプレイポートやHDMIのHDRは試せていませんが対応していますし、見た感じの画質も解像度も一時期話題になったフィリップスの40インチ4Kよりだいぶ良いです。入力ポートもHDMI 1.4×2, HDMI 2.0×2, DP, USB-C(DP)と多く、いろいろなソースに対応した大きな4Kモニタを探している人には良いのでは無いでしょうか。ただ、映像主体で考えられている方には適当なテレビを探された方が良いと思います。IPSパネルと言ってもTV用とPCモニター用はやっぱり違う物なので。

さて、これでXBox ONE Xがいつ来ても大丈夫。。。

追記。片付けをしていたら不注意で液晶を割ってしまった。。明日サポートに連絡してみよう。

追記(2017/07/13 9:44) サポートに電話したら無保証で5~6万と買った値段と余り変わらない修理費となるようですが、修理に出すこととしました。

追記(2017/07/19 16:02) 修理費58,522円で確定。来るの来週になりそう。

Visual Studio Code June 2017(ver 1.14.0)

ダウンロード: https://code.visualstudio.com/Download

情報源: Visual Studio Code June 2017

主な変更点。

内臓ターミナルの機能向上

  • 選択方法の再実装。今までのWEBブラウザとしての選択から、ターミナル自体によって管理されたレンダリングされるモデルに移行することによって、完全に再実装されている。このため複数ページにわたる選択や全てを選択が可能になっている。
  • Ctrl + Fによるターミナル内の検索
  • 端末のセッション名の変更が可能に

コマンドパレットの機能向上

コマンドパレットのドロップダウンが改善されてより便利になっている。また、再起動の間に保持されるコマンドの最新リスト(MRU)が追加されました。

新しいタスクメニュー

タスクメニューがトップレベルのメニューに表示されるようになりました。

自動インデント

字下げの規則を持つ言語で、行を接続したり、貼り付けを行った際に自動でインデントが調整されるようになりました。

Emmetの拡張

ユーザー自身でEmmetを拡張できるようにオプションが追加されました。また、その機能を利用しマルチカーソルのサポートが追加されています。

新しいDiffのビュー

新しくレビューペインが追加されました。

プレビュー:64bitのWindowsビルド

Insiders Build向けに提供されています。

プレビュー:マルチルートワークスペース

複数のルートフォルダワークスペースでのテストを可能にするため実装が進められています。

その他、各項目の詳細については情報源のリリースノートを確認してください。

UbuntuがWindowsストアに登場しました

情報源: Ubuntu now available from the Windows Store! – Windows Command Line Tools For Developers

WSLでは、Ubuntu, SUSE, Fedoraのディストリビューションがサポートされ、ストア経由でインストールされることが発表されていますが、Ubuntuがストアに追加されました、その他のディストリビューションについても追加される予定です。

このUbuntuを使用するにはWindows Insiderプログラムに登録し、ビルド#16215以上のビルドがインストールされている必要があります。

Forza Motorsport – Forza Week in Review 7-7-17

Forza Motorsport

情報源: Forza Motorsport – Forza Week in Review 7-7-17

今週の週報。

Forza 7 @ Goodwood

最初はGoodwood Festival of SpeedでForza Motosport7がお披露目されたお話し。

Goodwood Festival of Speed楽しそうですな。

ForzaRC ChinaJoy Invitational

中国国内限定ですが、現在進行中。向こうはユーザー多いんだな。。。

Roadrunner Q&A

ルマンで優勝したRoadrunnerさんのインタビュー。

以下を参照。

https://www.forzaracingchampionship.com/#ams-roadrunner-interview

続きを読む Forza Motorsport – Forza Week in Review 7-7-17

Windows 10 Insider Preview Build 16237 for PC

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16237 for PC – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

降って参りました。バグバッシュも始まり、いよいよ「RC的なな何か」という雰囲気を醸し出してきましたね。

  • Edgeの機能改善
    • 朗読機能の改善
    • PDF朗読機能
    • その他要望事項の反映
  • シェルの改善
    • デスクトップアプリでのHiDPI対応の改善
    • 通知、アクションセンターの改善。よりウザくなります
    • マイピープルの改善(ちゃんと使っている人いる?)
  • 入力の改善
    • 絵文字が入力しやすくなります(英語のタッチキーボードでな)
    • その他タッチキーボード・手書き入力関連の改善
  • ゲーム関連の機能の改善
    • ゲームバーにゲームモードON/OFFのボタンが付きます。(初めから付けておいて欲しい)
  • タスクマネージャーの機能改善
    • GPUパフォーマンス表示の機能改善
  • Hyper-V関連の機能改善
    • 仮想マシンギャラリーが追加されます。これギャラリーの内容が増えればめっちゃ便利そうです。
  • その他機能改善、バグ修正

詳細は情報源へ。

気がつけばRS3のリリースまであと2ヶ月ぐらいなんですよね。

書評 I18N: ソフトウェア・グローバリゼーション入門  I18NとL10Nを理解する – 西野竜太郎

世界で使われるソフトウェアを作るには、国際化(Internationalization, I18N)+地域化(Localization, L10N)が欠かせません。本書はアジャイル時代に対応したソフトウェアのグローバリゼーション(G11N)について、その基本から開発プロセス・具体的な手法やツールまで、G11Nの全体を解説します。

情報源: ソフトウェア・グローバリゼーション入門  I18NとL10Nを理解する – 達人出版会

まだβ版の書籍ではあるけど、紹介したいと思います。

良い技術書の多くは著者本人の問題意識から著作を始めたものが多いのですが、これもその一冊で、大変素晴らしい本です。

著者人身がI18Nに業務として関わる中でI18N/L10Nに関する日本語での情報のなさ等の問題を認識し、実際の作業に即す形でI18N/L10Nに関する基礎的な知識、作業の進め方についてまとめられています。特定のプラットフォームを対象に細かな実装にまで踏み込んではいませんが、かえってそのことにより中立的にI18N/L10Nの基礎的な知識を身につけることが出来ると思います。

ともすると国内でI18N/L10Nの知識を必要とするのは、ゲーム業界や一部ロボット/CNC関連を除くと、海外のISVが作成したソフトウェアやサービスを国内の事業所で日本向けにL10Nするエンジニアが必要としているだけと見成されるところがありましたが、今後国内の市場が飽和。縮小していく中で、国内のISVやサービスプロバイダも海外へ目を向けないと生き残りが難しい時代になっていくと思われます。そうした状況の中では、ソフトウェアエンジニアが基礎知識としてI18N/L10Nに関する知識を持つ必要が出てきます。その時にI18N/L10Nに関する知識を得るために最初に読む本として本書は優れたものになると思います。

.NETのプログラマが次の読むのはこれ。

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。