All posts by Ishisaka

Microsoft Edge preview がWindows 7/8/8.1へ提供に

Today we are excited to make preview builds from the Microsoft Edge Canary channel available on Windows 7, Windows 8, and Windows 8.1. This rounds out the initial set of platforms that we began to roll out back in April, so developers and users alike can try out the next version of Microsoft Edge on […]

情報源: Introducing Microsoft Edge preview builds for Windows 7, Windows 8, and Windows 8.1 – Microsoft Edge Blog

Edge preview がWindows 7/8/8.1へ提供になりました。インストール方法など詳細は情報源へ。

Windows 10 Insider Preview Build 18922 

Hello Windows Insiders, today we are releasing Windows 10 Insider Preview Build 18922 (20H1) to Windows Insiders in the Fast ring. IMPORTANT: As is normal with builds early in the development cycle, these builds may contain bugs that might be painful for some. If you take this flight, you won’t be able to switch Slow […]

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18922 | Windows Experience Blog

Fast Ring向け。

言語設定の改善など。

Forza Horizon 4 アップデート 2019-06-19 #ForzaHorizon4

情報源: FH4 Release Notes: June 19th, 2019 – Forza Support

現状取り合えず私のところでは本パッチ入手できておりません。(6:44)

バージョン番号

  • PC: 1.317.24.2
  • Xbox: 1.317.24.0

クロスプラットフォームでの修正

  • LEGO Valleyを開始したときにフルガレージを持つプレイヤーがLEGO車を獲得することを妨げていた問題を修正しました。
    • この問題が発生した場合は、チケットを送信してください。
  • 本土に戻ったときにプレイヤーが時々オーディオを失うという問題を修正しました
  • 「テーブル飛ばし」ブリックチャレンジの対象となるLEGOテーブルタイプの数を増やしました。
  • 「真に絶滅(?)」の挑戦の対象となるLEGO恐竜の骨タイプの数を増やしました。
  • リワインド後に車のほこりが白くなる問題を修正しました
  • LEGO ValleyのPR Stuntsで獲得したスターがスターカードのチャレンジにカウントされないという問題を修正しました
  • LEGO valleyのファイナルがスターカードのチャレンジに数えられない問題を修正しました。
  • クイックスタートの機能によりLEGO Valleyアイコンを使用したときの移動速度を改善しました。
  • 安定性の向上。

XBoxでの修正

  • Xbox One、Xbox One S、およびXbox One Xの品質モードでfreeroamのスタッターを減らすことでパフォーマンスが向上しました。

.NET 洋書 Safari から一掴み

僕はここ数年洋書を買うことをしていなくて、O’Reillyが行っているオンライン教育サービスであるSafariを使っています。O’Reillyはもちろん、Apress、Manning、MS PressなどのIT技術書、その他にも工学一般やビジネス書など数万冊分をオンラインで読めるほか、ビデオ等のコンテンツ、USで開かれる(ここが残念なところですが)O’Reilly主催のカンファレンスの割引などが受けられます。

という事で、棚からではなくSafariから一掴み。

Rx.NET in Action

by Tamir Dresher
Publisher: Manning Publications
Release Date: April 2017
ISBN: 9781617293061

2017年に出版されたReactive Extensionsについて書かれた本です。日本国内のみならず、世界的にもWEBで簡単に見つかる.NET Rxの記事は古いものが多くて、今のRxだと動かないコードだったり、記述内容が現状にそぐわなかったりしているケースもあり、これからRxを勉強したいとか、復習してみたい方におすすめです。

Exploring Advanced Features in C#: Enhance Your Code and Productivity

by Dirk Strauss
Publisher: Apress
Release Date: May 2019
ISBN: 9781484248560

とにかく勢いで出した感じの、今のツールとC#ならこんなに生産性が上がるせー!って感じの本というか、ページ数的にはパンフレットに近い感じです。とりあえず、久しぶりにVSをバージョンアップして、VS 2019をうげっってなっているおっさんはとりあえず読んだ方が良いのかもしれません。

Concurrency in C# Cookbook, 2nd Edition

by Stephen Cleary
Publisher: O’Reilly Media, Inc.
Release Date: October 2019
ISBN: 9781492054504

並列化に特化したC#クックブックの第2版のアーリーアクセスエディション。という事で、内容はこれからですが、ベーシックな部分は押さえられているので、こちらもあまり古い情報にとらわれないようにするには、ここからはじめるのも良いかもしれません。

Writing High-Performance .NET Code, 2nd Edition

by Ben Watson, Leticia Watson
Publisher: Ben Watson
Release Date: April 2018
ISBN: 9780990583455

実用的な.NET Frameworkのパフォーマンスチューニング書です。とりあえず、自分は中級だと思っている方は、これのMemory Managementあたりを読むと新しい発見があるかもしれません。

Programming C# 8.0

by Ian Griffiths
Publisher: O’Reilly Media, Inc.
Release Date: November 2019
ISBN: 9781492056812

こちらもアーリーアクセスです。Programming C# 7.0がアーリーアクセスのまま、8.0のアーリアクセスに変わってしまいました。当然まだまだこれからなのですが、パターン、タプルあたり現状でも掲載されているので、これからに期待というか、完成させて欲しいw

とりあえず今晩はこんなところで。決してお安いサービスではありませんが、結構コード辞書代わりにも使えたりするので、年に数冊洋書買うような方は検討されてみてはいかがでしょうか。会社の福利厚生なんかにも良いと思います。

Making a tiny .NET Core 3.0 entirely self-contained single executable – Scott Hanselman

情報源: Making a tiny .NET Core 3.0 entirely self-contained single executable – Scott Hanselman

.NET Core 2.2より、EXEファイルの作成が可能になりましたが、SCD(Self Contained Derivery)を選択してEXEを作成した場合、現状はEXE本体だけではなく必要の有無に限らず大量のライブラリファイル等々が一つフォルダにぶん投げられてしまい、実行時最低でも集住あるファイルを同時に移動させる必要があります。仮にそれがコンソールに「Hello World!」と表示するだけだったとしても。

.NET Core 3.0では、これををできるだけ小さなEXEファイル一つにするようプロジェクトが進められていて、この記事はその作業の進捗確認のような感じになっています。現状のPreview 6はdotonet publishコマンド実行時に、アセンブリの依存関係を厳密に調べて、必要なライブラリだけをデプロイフォルダに移動し調整を行う事が実現され、将来のアップデートは、EXE本体を含め、ランタイム、各ライブラリも事前にILが最適化された状態で実行バイナリ化され、1つのEXEにまとめるようになるようです。最新の開発状況では、コンソールに「Hello World!」を表示するアプリケーションで二十数MBの大きさのEXEとなるようです。

早くリリースして欲しいですね!

#Forzaleague プッシュトゥパス 6/16~6/23 #Forza7

2019/05/16 09:00~2019/06/23 09:00まで。

このまま1シリーズで終わるのか、今後追加されるのかは不明です(2019/06/15)。

参加リワード: 2017 Bentley Continental Supersports

Xbox Live 12ヶ月ゴールド メンバーシップ
価格: 6,880円
マイクロソフト

Continue reading #Forzaleague プッシュトゥパス 6/16~6/23 #Forza7

XAML Islands v1

At Microsoft Build, we announced that the Windows 10 May 2019 Update (version 1903) would include XAML Islands v1. Below you can find more details on the roadmap and two workstreams in progress to complete the developer experience: the .NET wrappers and Visual Studio 2019 support. What are XAML Islands? XAML Islands enable .NET and […]

情報源: XAML Islands v1 – Updates and Roadmap – Windows Developer Blog

Memo

Try the new System.Text.Json APIs!

情報源: Try the new System.Text.Json APIs

いままで、.NETのJSONはサードパーティーのJson.NET頼りでしたが、System.Text.Jsonとして標準ライブラリにJsonのライブラリが入ってくるようです。ライブラリは。NET Core 3.0 Previewに含まれるほか、Nugetを使用することで.NET Framework 4.6異常でも使用が可能です。詳細は情報源を確認してください。