Category Archives: オブジェクト指向・システム開発

「Windowsアプリケーション」の方向性

Today at Microsoft Build 2019, Rajesh Jha and I will have the opportunity to share how developers can connect with customers in new ways and build people-centric experiences using the Microsoft 365 platform. I’ll focus on the two most ubiquitous canvases for developers – Windows and Microsoft Edge. Windows as a canvas for moving the […]

情報源: Developing people-centered experiences with Microsoft 365 – Windows Developer Blog

ここ10年ほどはWindowsがアプリケーションプラットフォームとして大混乱していました。Windowsをタブレット化するという試みは失敗し、Microsoftストアは失敗、スマートフォンからは撤退し、Windowsは、もはやコンシューマ向けアプリケーション・プラットフォームの主流ですらありません。

この記事はタイトルからはわかりにくいのですが、今後デスクトップ版のWindowsをアプリケーションプラットフォームとして、どうしていくかという事についての、Microsoftからのレターです。

今後、「Windowsアプリケーション」はUWPと既存のデスクトップアプリケーション開発環境(WPF, WinForms, Win32)との共存を強化し、既存のデスクトップアプリケーション開発環境からUWPにしかなかった機能をそれらから使用できるようにしていき、アプリケーションの配布もMicrosoft Storeにこだわらず、最適な手段を選択できるようになります。

WSL2や新ターミナルなど、デスクトップ版Windowsの開発用機材としての機能強化が強調されており、より開発者サイドへの傾注が示されています。簡単に言ってしまえば、Macに奪われた開発者用プラットフォームとしての位置を取り戻したいのです。

また、このレターが”Developing people-centered experiences with Microsoft 365″となっていることについても注意を払うべきでしょう。もはや、Microsoftにとって、デスクトップ版WindowsはMicrosft 365と言うサービスの1アセットだという事です。特にエンタープライズ向けのアプリケーション開発者や、アプリケーション開発会社にとっては、この事を踏まえて、使用する技術の選定や製品の方向性を考えていくことが重要でしょう。

参照するべきページ:

UWP controls in desktop applications – Windows UWP applications | Microsoft Docs

Windows UI library – Windows UWP applications | Microsoft Docs

UWPとWin32のギャップをなくし”Windowsアプリ”に?–MS幹部が方向性など語る – ZDNet Japan

Linux Development with C++ in Visual Studio 2019: WSL, ASan for Linux, Separation of Build and Debug | C++ Team Blog

In Visual Studio 2019 you can target both Windows and Linux from the comfort of a single IDE. In Visual Studio 2019 version 16.1 Preview 3 we announced several new features specific to the Linux Workload: native support for the Windows Subsystem for Linux (WSL),

情報源: Linux Development with C++ in Visual Studio 2019: WSL, ASan for Linux, Separation of Build and Debug | C++ Team Blog

Memo.

MicrosoftがEdgeを諦めたわけ

Microsoft and Google engineers are now working closely together.

情報源: Inside Microsoft’s surprise decision to work with Google on its Edge browser – The Verge

Memo.

MS社内で検討された結果、Edgeには3つの逆風があったとしています。

  1. Windows 10のユーザーにすら使われていないこと。また、Windows 10のアップデートタイミングでのアップデートになるので、機能改善をしても、主に企業での導入が半年先になってしまい、この事で導入を遅らせ、よりユーザーエクスペリエンスを下げてしまっていること。
  2. オリジナルのレンダリングエンジンを使用することによる表示の乱れ(違い)。
  3. EdgeがUWPであったことによる機能不全。

この逆風に対し、Windowsの標準ブラウザを魅力的にし、Windows自体のプラットフォームとしての競争力を維持するためにChromiumベースにし、UWPではないデスクトップアプリにすることを決定したと記事ではされています。

.NET Conf 2019の日程が決まった

Join the .NET Conf 2019 free virtual event September 23-25 to learn about the newest developments across the .NET platform, open source, and dev tools. Mark your calendar!

情報源: .NET Conf 2019

日本時間では9/24 1:00AMからとなっています。「.NET Core 3.0 launches at .NET Conf!」とあるので、そのまんまのタイミングだと思われます。

Build 2019 関連リンクまとめ

最終更新: 2019/05/09 7:47

全体的な話

Visual Studio

.NET関連

WSL・Console関連

参考

Hyper-V Light weight VMの話
MyIgnite – OS internals: Technical deep-dive into operating system innovations

その他

Rider 2019.1リリース

Today we are thrilled to introduce this year’s first major update for Rider – please welcome Rider 2019.1! With this release, Rider 2019.1 gets a new pack of features and improvements: WinForms designer. The long-awaited WinForms designer helps you create, … Continue reading →

情報源: Rider 2019.1 Has Arrived! – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

  • WinFormsのデザイナーが搭載されました。プロジェクトテンプレートも用意されます。
  • エディット&コンティニュー
  • ユニットテストカバレッジ、継続的テストの機能向上と、Linux, MacOSでの.NET Coreサポート。
  • Razorを含むHTMLの編集がWeb Stormベースのエンジンに改められました。
  • IL Viewer Tool
  • Unityサポートの改善
    など。

詳細とダウンロードは情報源をご確認ください。

ReSharper Ultimate 2019.1リリース

This year’s first major release of ReSharper Ultimate is here. Download ReSharper Ultimate 2019.1 today! In addition to 400+ fixes and improvements, ReSharper 2019.1 comes with: Initial C# 8 support. ReSharper supports new language features, such as ranges and index … Continue reading →

情報源: Welcome ReSharper Ultimate 2019.1! – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

  • C# 8のサポート
  • VS 2019 RTMへの対応
  • 全体的なパフォーマンスの向上
  • パラメータ名ヒント
  • タイピングアシストの改善
    など。

その他のツールでは、

  • dotcoverはMacOS、Linux上でのものを含む.NET Coreアプリケーションをサポートします
  • dotTraceはMacOS, Linux上でのMonoおよびUnityをサポートします。
  • dotMemoryは.NET Core 3.0をサポートします。
    など。

その他、ダウンロードについては情報源をご確認ください。

I18N: Windowsの「令和」対応パッチリンクまとめ

これ以前のバージョンへのパッチ提供はありません。また、現状Windows Updateで公開されていないようなので、上のリンク内にあるMicrosoft Updateカタログよりダウンロードしてください。

追記(平成31年4月30日(火) 7:37)

Windows 10 1903(19H1)は本日配布されたKB4497093で令和に対応しました。

とりあえずOfficeは今月2日のパッチでWindowsが更新されれば大丈夫なようですが、心配な方はMSにお問い合わせを。

日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備する方法


RHELの新元号「令和」対策お済みですか – 赤帽エンジニアブログ