Category Archives: 映画

スター・トレック:ピカード 第5話 感想

第5話感想。ネタバレ。

Continue reading スター・トレック:ピカード 第5話 感想

スター・トレック:ピカード 第4話感想

第4話感想。ネタバレ。

Continue reading スター・トレック:ピカード 第4話感想

スター・トレック:ピカード 第3話感想

第3話感想。ネタバレ。

Continue reading スター・トレック:ピカード 第3話感想

スター・トレック:ピカード 第2話感想

第2話感想。多分ネタバレ。まぁどうせ完全なあらすじがWikiPediaに書かれてしまっているので。

艦隊の理想そのものであるピカード。でも巨大組織の艦隊、惑星連邦とは折り合いが合わない。
しかしそんな艦隊も、ロミュランの秘密組織に侵食されていて相変わらず脇が甘すぎる。セクション31は何をやってるんだw。まぁAI憎しみマンという点で共通しているのかも。
という事で、トレッカー(TNG/DS9/VOYファン)にとっては余りにも馴染みがあり過ぎる伏線展開に涙が出てきそうです。そうは言っても、ファンが見たかったものを見せつつ、AIは我々味方なのか敵なのかという、現代の我々にとっての社会問題をテーマに掲げてくるあたりは大変巧妙で、これこそ我々が見たかった素晴らしいスタートレックですよ。

スター・トレック:ピカード 第1話

とりあえず第1話の感想など。

トレーラーにはいろいろとだまされました。
とりあえず、ロミュラン星が爆発したいきさつあたりは復習しておきましょう。そうでないとストーリーについて行けないと思います。(スタートレックあるある)
まだ「艦長」じゃない。
結構現代においてホットな話題を放り込んできた。
日本語吹き替えは今のところ既存キャラはTVシリーズ、映画の吹き替えと同じキャストです。
とりあえず次回がすげー楽しみです。

パトリック スチュアートも年取ったなぁ。

Star Trek: Picard

ピカード艦長が帰ってきます。ただし、ワイナリーオーナーとして。

ピカード艦長が連邦艦隊を退くに至った経緯、TNGの世界から、リブートされたクリス・パイクのスタートレックに繋がる話となるようです。そこの経緯については一部コミックで書かれています。そして、ピカード艦長自身の引退については以下の「自叙伝」を読んで見ましょう。米国ではCBS、日本ではAmazonプライムでの放送となるようです。すごい楽しみ。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード
価格: 2,700円
竹書房 (2018/10/11)

GODZILLA 決戦機動増殖都市

ネタバレしまくりです。

Netfilixで視聴。これも人の人たるは何か、人の尊厳とは何かという話だった。ゴジラはその為の狂言回しに過ぎない。

メトフィエスとガルグの立場と主張はNHK BS1スペシャルの「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」におけるマルクス・ガブリエル教授と大阪大学石黒浩教授との対話に通じる。ビルザルドの理想は人は無機質への道を進むという石黒教授の主張と重なるし、メトフィエスの啓示はガブリエル教授が我々の社会のベースには人の尊厳が必要不可欠であるという、それぞれ相容れない主張に通じる。人が人たるは何か。我々は有機物である肉体を捨て去り、無機質の論理の中にその存在を生かし続けるのか。有機物であるが故の寿命が人に尊厳を与え、人を人たらしめているのか。

そのことは少し置いておいて、どうも第3章ではモスラとキングギドラが登場しそうで(卵の話と双子もが出てきたしな!)、こちらも怪獣大戦争な雰囲気である。

Godzilla: King of the Monsters

If Godzilla is truly the King of the Monsters, then surely he needs a few monsters to fight to earn his title, right?

情報源: Watch the First Trailer for Godzilla: King of the Monsters

来年5月公開予定(米国)の”Godzilla: King of the Monsters”(さぁ、どんな残念な邦題がつくかな?)のトレーラーがコミコンで公開されました。

これ、怪獣大戦争じゃねーか。(美人の)X星人は出てこないのか!?

邦題が「怪獣大戦争」なら万歳三唱する。

Star Wars: The Last Jedi を見てきた

Spoilers! Let’s get down to it and explain exactly what the end of the new Star Wars movie means.

情報源: Star Wars: The Last Jedi Ending Explained – IGN

↑記事は最初に書いておくとネタバレです。

帝国の逆襲へのオマージュはスピーダー、AT-ATや享楽的な街、白い大地など随所に出てきますが、まるで違います。エピソード7はエピソード4~6からこの8への渡し役であり、この回で新しいサーガが始まったとはっきりと聴衆にわからせる映画となりました。

そして何よりも新しい希望が描かれるエンディングがすばらしい。