Category Archives: 経済・政治・国際

バイデン新政権の真の課題は単なる脱トランプではない(会田弘継関西大学客員教授・ジャーナリスト) -マル激

バイデン新政権の真の課題は単なる脱トランプではない(会田弘継関西大学客員教授・ジャーナリスト) -マル激

以下は自分用メモです。ぜひ上リンクから本編をご覧ください。月550円で毎週このレベルの内容を見られるはすごいことです。

米国の19世紀の大衆党に始まる大衆運動と保守思想の歴史から、現在の米国の保守思想について理解できました。米国における移民排斥の始まりが単なる人種差別ではなく、資本家が連れてきた安い労働力である移民から自分たちの職を守るという労働闘争だったということは意外でした。これは、2016年の大統領選挙でトランプに票を投じた多くの人たちが持っていた恐怖と同じです。

また、現在に通底する保守思想の一つの流れである日本ではほとんど知られていないジェームズ・バーナムとサミュエル・フランシスという2人の思想家が唱えてきた、アメリカの伝統的な保守主義批判について多くが語られ、バーナムは官僚支配の共産主義国家も、大企業支配の資本主義国家も、最終的にはエリート・テクノクラートが権力を握り、彼らに支配されることになり、一般大衆は彼らに利用、搾取されるだけだと説いた。そして、エリート支配下で搾取に喘ぐ労働者を取り込むために「ポピュリスト経済政策」を採用するのが、アメリカの保守政治が本来向かうべき道だと主張しました。しかし、これは大企業優先の保守本流からは異端扱いされ排斥されてきました。バーナムの教えを受けたフランシスは、1990年代に採算性党の候補として立候補したパッド・ブキャナンの思想的な支援者となり、ブキャナンが主張する「保護貿易、移民排斥、アメリカ第一の孤立主義」のネタ元になりました。この時のブキャナンの「アメリカ・ファースト」政策が、昨今のトランプのMAGA(Make America Great Again)にそのまま引き継がれていることがこの番組で示されます。

現在の米民主党は、すでに労働者の党ではなく、90年代から非製造業大企業、具体的にはITと製薬・バイオ、金融などの大企業のための党になっていて、民主党政権によってグローバル化が進められることにより、民主党の支持母体であった製造業の労働者が苦しめられ、格差が広がるというねじれが生まれました。つまり、かつて民主党の支持母体であった多くの製造業労働者たちは、共和党主流派からも、民主党主流派(エリート民主党)からも見捨てられたような存在になっていました。この「民衆」をMAGAによって動員できたのがトランプでした。このトランプが取った7600万票の相当部分は、その真逆にいるはずの民主党左派のバーニー・サンダースが大統領候補だったら民主党が獲得できていたかもしれないものです。なぜならこの「民衆」自体は従来的な右か左かではなく、エリート対民衆という対立意識を持ち、自分たち民衆の声に傾けてくれる政治家を欲していたからで、バーニー・サンダースは民主党の中でまさにその声を聞いた政治家だったからです。

つまり、バイデンが真にアメリカの融和を実現したいのであれば、5000ドルのスーツやプラダの服を着たエリートが一段高いところから「私はすべてのアメリカ人のための大統領になります」と訴えるだけではだめで、この格差問題に対する何らかの解をもたらさなければならないということです。それは、バーナムやフランシスが唱え、ブキャナンが大統領選挙として既存政党の候補者に対するアンチテーゼとして主張した政策を参照せざるを得ないのではないかということです。また、バイデンがこれをできなければ、2年後の中間選挙で民主党の敗北は避けられないだろうし、4年後にはトランプか、トランプ自身は戻ってこなくても、名前は変わるだろうがトランプ現象が再興することは間違いがありません。

一方、本邦では、ロスジェネ世代と呼ばれるように、格差がしばしば世代間格差に置き換えられるけれども、実際には米国と似たような格差構造を形成しています。しかしながら、それを体系付け、運動となるような仕掛けを作るような思想家が現れず、民衆の政治参加意識も希薄で、それ故にトランプ現象のような大きな民衆運動は起きていませんが、いずれ、本邦でもこの問題に手を付けなければ、トランプ現象の日本版が起きないとも言えないし、そもそも社会が維持できず、それ故にエリート層もエリート層ではいられずに、社会全体の没落は免れられないのでしょう。しかし、本邦の政治リソースにそれができる望みがありません。そういう意味でも、まだ米国のほうが希望があるなと若干羨ましくもあるのです。

BBCニュースによる大統領就任式での詩人アマンダ・ゴーマンによる「The Hill We Climb」(私たちが登る丘)の全訳

米ワシントンで20日に行われたジョー・バイデン氏の大統領就任式で、カリフォルニア州ロサンゼルス出身の詩人アマンダ・ゴーマンさん(22)が、就任式のために書き下ろした自作の詩「The Hill We Climb」(私たちが登る丘)を約5分半にわたり朗読した。

情報源: 【全訳】「私たちが登る丘」 22歳の詩人が大統領就任式で朗読 – BBCニュース

バイデン大統領の大統領就任式で印象深かったのが、詩人アマンダ・ゴーマンさんによる詩の朗読でした。2036年の大統領選挙に出馬するという野心も持った若き秀英なる詩人の朗読は、英語であっても感動的でした。こういう若い人を見ると、彼の国にはまだ希望があると思えるのです。(そして自分たちの足下を見て安穏たる気持ちにもなります。)

自分なりに訳したものの、こうしてBBCによって全訳されたのはありがたいですね。

特措法と感染症法の刑事罰導入は百害あって一利なしだ(米村滋人東京大学大学院法学政治学研究科教授・内科医) #マル激 #ビデオニュース

カテゴリー「新型コロナウイルス」  ついこの間までGOTOキャンペーンの中止さえも躊躇していた菅政権は、ここに来て、首都圏に続き関西圏、福岡などでも相次いで緊急事態宣言を発出するなど、ようやく本気でコロナの抑え込みに本腰を入れ始めたように見える。しかし、やや遅きに失した感は否めず、感染拡大は一向に衰えを見せていない。  菅首相は関西地方や福岡の緊急事態宣言発出を発表した1月13日の記者会見で、コロナ特措法や感染症法を改正し、営業停止要請に応じなかった店舗や、感染が明らかになったにもかかわらず入院措置に応じなかった感染者に対して、

情報源: 特措法と感染症法の刑事罰導入は百害あって一利なしだ(米村滋人東京大学大学院法学政治学研究科教授・内科医) -マル激

自分用のメモ。

現在ある抽象の民間病院にいきなり新型コロナ患者を受け入れろというわけではなく、現在コロナ病棟を抱えている病院の負担を軽減できるように、新型コロナ以外の患者を周囲の民間病院で受け入れられるように調整する仕組み作りが必要なのではないか。行政が音頭をとる形で医療機関の協議会的なものを作り、患者の受入に関する交渉がスムーズに出来るようにするべきでは無いのか。

東京都の公立病院三院の新型コロナ専門病院課は、大阪の十三病院での専門病院化で既に起きたように、その病院の医療従事者から離職者が出てしまうため恐らく上手くいかない。中国や、ブラジルで行われたように、新設の専門病院を作り、スタッフを集めた方が良い。政府なり自治体がその設立のための設備投資と人的リソースを確保する為の財政支出も必要。

感染症法の二類から五類にする議論はあまり意味が無く、現在は厚労省からの通達により、実際には様々な制約が当初に比べると緩和されてきている。しかしながら、本来だったら新型コロナの対応病院から他の病院に移せるはずなのに移せなかったり、保健所がうまく対応できていなかったりするケースがある。現状は通達により、二類から五類にすることに意味は無く、それよりも現場が仕事をスムーズに仕事が出来るように政治や行政がサポートしていくことが必要。

感染症法は、そもそもハンセン氏病患者や結核患者への対応という過去の過ちから反省されて、明治に時代に作られた伝染病法が廃止されその代わりとして作られたものである。この立法趣旨に従えば、そもそも患者への罰則の盛り込みは立法趣旨に反しているし、罰則による実害を避けるために、本来補足されて入院するべき患者が、診療や検査を受けずに市中を徘徊し、感染を広げるという社会的な実害を生むことになってしまう。罰則化には社会的には何のメリットもなく、実害しか産まない

個々で見れば優秀な官僚や政治家もいるのだろうが、小選挙区制(による党公認権と政党助成金の分配による権力の集中)と、内閣人事局制度により、政治も行政機構もぎょろ目平目ばかりになって機能していない。このような制度では一番上に立つ人間がボンクラでは10年先30年先を見据えたような制度設計や、このような国難を乗り越えることは出来ない。政治家にする前のフィルタリングの強化が必要。また、管政権になって財務省が力を盛り返し、とにかく財政支出を減らす方向に政策が決定されている。

密着・コロナ重症者病棟 “現実に心が追いつかない” | 新型コロナウイルス | NHKニュース

【NHK】急増する新型コロナの感染者と重症者。首都圏にある病院のコロナ重症者病棟では、この1か月、異例の事態が続いています。相次ぐ…

情報源: 密着・コロナ重症者病棟 “現実に心が追いつかない” | 新型コロナウイルス | NHKニュース

年末に放送された新型コロナウイルス 集中治療室 生と死の記録」 – BS1スペシャル – NHK の続きとなるルポルタージュ。

神奈川県にある聖マリアンナ医科大学病院のコロナ重傷者病棟の現状が伝えられています。壮絶です。言葉もありません。

書評: 科学とはなにか 新しい科学論、いま必要な三つの視点

科学技術と社会との関わりを歴史的に俯瞰しつつ、本邦における科学技術の飼い慣らし方について述べている。

本邦では、東北震災での原発事故、コロナ禍での専門家や擬似専門家の問題、日本学術会議の任命における問題など、科学技術研究の当事者と世間との不幸な関わり方が目立っていると思う。その様な中で筆者は、科学技術の研究当事者と世間との協調、それによる科学の社会化にについての意見を述べており、著者の縁側の議論については大いに賛成する。

社会学者の宮台真司氏は社会学や政治の分野で、政治社会における現象を大衆に解説し啓蒙していく『ミドル』の存在の必要性に言及しているけれども、科学技術においても同様の『ミドル』の存在が『縁側』として必要なのだと思う。

これからのグリーン化してく社会、パンデミックが繰り返されていく社会では、世間と医学を含む科学技術の専門家とのコミュニケーションやそれを通した社会の知識化なくしては上手くいくわけが無い。本書はそれに向けた道標となる一冊だと思う。

ブクログより転載)

欲望の資本主義2021 「格差拡大 社会の深部に亀裂が走る時」 – BS1スペシャル – NHK

やめられない、止まらない、欲望が欲望を生む、欲望の資本主義。コロナが拡大させる格差。問題の本質は?出口は?BS1新春恒例の異色教養ドキュメント。世界で進む格差の拡大、固定化。その潮流が今日本を飲みこむ?低所得世帯の割合が上昇、中間階級は消滅するとの予測もある。中間層の喪失がもたらす社会の混乱は?脱工業化へと変わった、富を生むルール。私たちはどこで間違えたのか?経済の葛藤が、社会不安を引き起こす。今、何が起きているのか?資本主義の変質を捉え、社会構造の問題を解剖する。不透明な世界情勢の中、世界の知性とともに、社会の閉塞感を解く旅が始まる。

情報源: 欲望の資本主義2021 「格差拡大 社会の深部に亀裂が走る時」 – BS1スペシャル – NHK

毎年正月恒例の欲望の資本主義。相変わらずこのシリーズ外れがないですね。以下は自分なりのまとめというかメモ。

オイルショックが無限の生産拡大の神話を壊した。労働による成長から資本による成長に切り替わった。オイルショックにより生産に必要な資材は無限ではないことがあらわになり、実体経済の成長が停止した。新自由主義の登場。資本による資本の成長。これにより、特定の人間達を犠牲にすることで成長を維持すると言う新しい神話を生んだ。富を産む資本が有形資本から無形資本へ変化した。無形資産は、アイデア、情報、ブランド、知財、将来への期待などで形成されている。アメリカでは90年代半ばに有形資産より無形資産への投資が増加した。IT革命の時期。生活必需品の生産拡大から「必要」を作るようになった。品質を保証するためのブランドから、ブランド自体が価値(無形資産化)を持つように変化した。無形資産は生産設備を持たないが故に規模を拡大しやすいが、有限の象徴である労働者にとっては良い話ではない。結果的に格差が企業間、国家間、社会の中でも拡大する。

処方箋はあるのか?プラットフォーマーに賢き王として振る舞うように社会的にプレッシャーをかけ続けることで、社会還元をさせる?社会、経済制度をアメリカ的資本主義から北欧型資本主義へ?成長は必要なのか?格差拡大を阻止するためにも成長は必要。発展途上国では特に重要。貧困からの脱出には成長しかない。しかし、デジタル無形資本主義社会では、「生産」は無いので生産を通した雇用や新たな消費は起きず、生産を通した雇用による賃金・資材調達という消費による再分配は行われない。国家がどの様な社会像を描き、再分配メカニズムを再構築していくのかがデジタル無形資本主義社会では問題になる。成長対社会や環境かでは無く、成長を維持しながら社会や環境を維持していく第三の道を見つけなくてはならない。競争から協働に社会を変化させなくてはならない。

希望は少ないが無いわけではない。

「市場が社会から切り離されるとき すべては市場の要求に従属することになる 市場は『悪魔の挽き臼(うす)』となり 社会は使い潰される」- カール ポランニー

参考: 「炎と猫と資本主義」に見る「2021年欲望の行方」 | 経済学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


欲望の資本主義4 スティグリッツ×ファーガソン 不確実性への挑戦: コロナ危機の本質
丸山 俊一 (著), NHK「欲望の資本主義」制作班 (著)
価格: 1,760円
東洋経済新報社 (2020/10/23)

「新型コロナウイルス 集中治療室 生と死の記録」 – BS1スペシャル – NHK

大学病院の集中治療室でカメラがとらえた生と死の知られざる記録▽手探りの治療、失われていく命、未知の症状、回復後も続く後遺症との闘い▽緊急事態宣言から半年の記録。新型コロナウイルスの重症患者を受け入れる大学病院の集中治療室、カメラがとらえた生と死の知られざる記録▽手探りの治療、失われていく命、未知の症状、そして回復後も続く後遺症との闘い▽ひっ迫する病床、敷材の不足がまねく不安、医療スタッフの知られざる苦悩▽厳しい選択を突き付けられた患者家族の苦悩と覚悟、そして涙の再開▽緊急事態宣言から半年、医療の最前線で何が起きていたのか。

情報源: 「新型コロナウイルス 集中治療室 生と死の記録」 – BS1スペシャル – NHK

神奈川県にある聖マリアンナ医科大学病院の新型コロナ病棟を春先から夏にかけて半年間追ったドキュメンタリー。今の最前線を追った貴重な映像。この人達に対して自分たちは何が出来るだろうか、政治に足りていないものは何か、その様なことを考えさせる、今年の大晦日に相応しいドキュメンタリーでした。

まだ再放送の予定など決まっていないようですが、全国で新規陽性判明者が4,000人を超えた今、見逃した方は必見です。

2021/01/05 追記

NHKオンデマンドで見られるようになっていました。

NHKオンデマンド | BS1スペシャル 「新型コロナウイルス 集中治療室 生と死の記録」<前編>

NHKオンデマンド | BS1スペシャル 「新型コロナウイルス 集中治療室 生と死の記録」<後編>

書評: 新型コロナの科学-パンデミック、そして共生の未来へ (中公新書, 2625)


新型コロナの科学-パンデミック、そして共生の未来へ (中公新書, 2625)
黒木 登志夫 (著)
価格: 1,034円
中央公論新社 (2020/12/21)

ちょうどこの書評を書いている途中に東京都で新型コロナウィルスの陽性者が4桁を超え1,300人余となる事がニュースで流れた。本書はその様な本邦における現状を正しく認識する上でも重要な一冊になる。

本書では、総合的、俯瞰的に新型コロナ(COVID-19, SARS-CoV-2)について書かれている。本書内容は以下のようなことである。
新型コロナに関する字形的な事実、疫学的な解説、このウイルスの特性。各国のこのウイルスに対する対応・政策とその問題点。本邦における対応・政策と問題点、特に厚労省における、自省のメンツにこだわることによって生じる対策の遅れ、作為的な無策、医療技官の問題、官邸主導による根拠のない政策実行の問題。治療薬。医療の現場(院内感染が広まったことに対してもPCR検査を抑制しようとした厚労省に責任がある)。介護の現場。保健所の現場。そして政策的な提言を含めた共生への未来について。

本書は以上内容を含んでおり、現状における新型コロナウィルスについての最高のテキストであると思う。

ブクログより転載)

日本学術会議のこと – tanukinohirune

日本に限ったことではありませんが、現代世界の政治的指導者の多くは、あるべき国家についての明確なビジョンを持っていません。興味がないのです。彼らに興味があるのは自己の政権の維持です。そのためには何でもします。だから保守だとか左翼だとか、イデオロギー的な装いは全部ダミーであって、そのレベルでいくら攻撃しても彼らは無傷です。理念を持たないのですからね。彼らは「悪人」ですらありません。国民を貧困に陥れようとか、文化を思うままに支配しようとか思っていない。そんなこと、どうでもいいのですね。彼らの政策を説明するためにしばしば参照される「新自由主義」という言葉は、「主義」とあるからまるで一つの政治理念のように聞こえますが、実は「理念の徹底的排除」という意味なんです。理念が消滅した後に残るのは、目的合理的な行動の最適化だけです。

情報源: 日本学術会議のこと – tanukinohirune

存在の耐えられない軽さ。日米ともあまり変わらない。欧州、特に北欧と仏独はなんとか踏ん張っているように思う。

「反論や批判を待っています」 三浦瑠麗が日本に徴兵制を提案する理由 | 文春オンライン

情報源: 「反論や批判を待っています」 三浦瑠麗が日本に徴兵制を提案する理由 | 文春オンライン

僕はもう徴兵されない年齢なので、この議論に加わる資格は無い。この議論は徴兵制が決まったら、実際に徴兵される30歳以下の人たちでするべき。それ以上の年齢の人間は議論する資格がないし、ましてや老人がそれを決めて良い話ではないし、議論をリードするようなことをしてもいけない。

実際に徴兵される年齢の人たちが議論して決めるべきだ。それ以外の年寄りにどうこう言う権利など無い。