Category Archives: Race

ABB Formula E 2020/2021シーズンより世界選手権に  #ABBFormulaE

情報源: Formula E granted World Championship status for 2020/21 season  | FIA Formula E

Formula Eが来シーズン(2020/21)のシーズン7よりFIA世界選手権となることが決まりました。これによりチャンピオンシップとしての権威付けが、F1やWEC、WRCと同等となります。

詳細は情報源を後確認ください。

ABB Formula E 2019-2020シーズン、チーム・ドライバーラインアップ #ABBFormulaE

Team Manufacturer Powertrain #1 Driver 1 #2 Driver 2
Envision Virgin Racing Spark–Audi Audi e-tron FE06 2 Sam Bird 4 Robin Frijns
NIO 333 FE Team Spark–NIO NIO FE-005 3 Oliver Turvey 33 Ma Qinghua
Mercedes-Benz EQ Formula E Team Spark–Mercedes Mercedes-Benz EQ Silver Arrow 01 5 Stoffel Vandoorne 17 Nyck de Vries
GEOX Dragon Spark–Penske Penske EV-4 6 Brendon Hartley 7 Nico Müller |
Audi Sport ABT Schaeffler Spark–Audi Audi e-tron FE06 11 Lucas di Grassi 66 Daniel Abt
DS Techeetah Spark–DS Automobiles DS E-TENSE FE20 13 António Félix da Costa 25 Jean-Éric Vergne
TAG Heuer Porsche Formula E Team Spark–Porsche Porsche 99X Electric 18 Neel Jani 36 André Lotterer
Venturi Racing Spark–Mercedes Mercedes-Benz EQ Silver Arrow 01 19 Felipe Massa 48 Edoardo Mortara
Panasonic Jaguar Racing Spark–Jaguar Jaguar I-Type 4 20 Mitch Evans 51 James Calado
Nissan e.dams Spark–Nissan Nissan IM02 22 Oliver Rowland 23 Sébastien Buemi
BMW i Andretti Motorsport Spark–BMW BMW iFE.20 27 Alexander Sims 28 Maximilian Günther
Mahindra Racing Spark–Mahindra Mahindra M6Electro 64 Jérôme d’Ambrosio 94 Pascal Wehrlein

チームとしてはHWAがM-Bワークスに昇格し、新たにPorscheが加わりました。

ドライバーの入れ替わりがあり、ロッテラーがテチータからポルシェに加わり、テチータにはダコスタがBMWに移籍、その代わり、ドラゴンからギュンターが移籍、そのドラゴンにはハートレーが新規加入など入れ替わりや新規参入があります。GEOXドラゴンは今まであまり良い成績を残せていませんが、ハートレーがどれだけ頑張れるかといった感じでしょうか。M-Bはフレッシュな顔ぶれ、一方ポルシェはかつてのWEC優勝組で固めるという手堅さ。この違いシーズン終わりにどうなっているのでしょうか。もちろん日産の活躍にも期待です。レギュレーションのマイナーチェンジで、今年からモーター1台の新パワートレインとなりましたがどうなるでしょうか。

ということで、Formula E 新シーズンは11/22(金)より開始となります。

Netflix 最速の称号 2シーズン

情報源: Netflix

ビルドアップされたカスタムカーと、ストックのスーパーカーが、6回のクォーターマイルドラッグレースの予選を行い、各回で勝ち残った各1台が最終の決勝に向かい、最速の称号をかけて闘います。

シーズン1では、決勝戦がグラベルだったこともあって、AWDでローンチコントロールもトラクションコントロールも備えたらボルギーニ・ウラカンが勝利しましたが、さて、シーズン2ではどうなるでしょう。

という事で、今回も大変面白いシーズンとなりました。ドライバーそれぞれが自分の人生を背負い、レースに臨んでいる姿に感動しました。

F1、環境問題とCO2排出削減に本腰。2030年までに”カーボンニュートラル”化を目指す

F1は二酸化炭素の排出削減を進め、2030年までに”カーボンニュートラル”化することを目指すという方針を発表した。

情報源: F1、環境問題とCO2排出削減に本腰。2030年までに”カーボンニュートラル”化を目指す

F1と言えどもサステナビリティの潮流からは逃れられない。このままにしておけばそのうちに興業自体ができなくなってしまうからだ。

恐らくフルEV(それではFormula Eになってしまう)でもFCVでも無く、内燃機関の使用は継続され、パワー比率でのMGU-K/Hの拡張、燃料はIndyCarの様にバイオエタノール燃料の使用に舵を切って行くのだろう。

参考: Formula 1 announces plan to be Net Zero Carbon by 2030 | Formula 1®

スーパーGT 2020年『クラス1』GT500ホンダNSX-GTはまさかのFR #SuperGT

スーパーGT 2020年『クラス1』GT500車両ギャラリー(1):ホンダNSX-GT

来年度から、Super GTのGT500クラスはDTMと共通の車両レギュレーション「Class 1」が正式に採用されます。このClass 1ではF-R車しか認められていないので、ベース車がミッドシップ車であるホンダのNSXがどうなるか注目されていましたが、なんとまさかのNSXのままFR車として登場します。ま、ベース車もフロントには電気モーターが付いているから多少はね。

ちなみにトヨタは、スープラの顔に変身、日産は当然GT-Rのままとなります。また、DTMと共通とは言っても、さすがにSuper GTではプッシュトゥパスやDRSは採用しないようです。

No Attack, No Chance: The Takuma Sato Story

残念ながら僕たちは、恐らくこのドライバーが第一戦で戦う姿をもう長くは見ていることができない。だから、1戦、1戦を大事に見ていきたい。

フェルナンド・アロンソ ダカールラリー2020にトヨタから参戦(?)

Fernando Alonso devrait prendre place au départ du Dakar 2020 dans une Toyota, avec Marc Coma en copilote, selon les informations de France Télévisions.

情報源: Fernando Alonso au départ du Dakar 2020 – Rallye raid – Dakar – L’Équipe

フランステレビジョンの報道によると、フェルナンド・アロンソが、過去5度二輪(KTM)で優勝しているマーク・コマをコ・ドライバーとしてトヨタGRからダカールラリーに参戦すると報道されました。悪魔が潜むこのラリー、アロンソといえども一筋縄ではいかない気もしますが。

今年のダカールラリーは舞台を南米からサウジアラビアに移して1/5~1/17にかけて行われます。

アストンマーティン・レッドブル・ホンダのドライバーが次戦SPAよりマックス・フェルスタッペンとアレックス・アルボンに #F1 #F1jp #F1DAZN

レッドブル、トロロッソ両方から発表がありました。アレックス・アルボンとピエール・ガスリーがチームを入れ替わります。アストンマーティン・レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンとアレックス・アルボンのペア、トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトとピエールガスリーのペアとなります。ガスリーは事実上の降格となりました。

W Series閉幕 Jamie Chadwick が初代チャンピオン、小山美姫は7位

Jamie Chadwick will be in the money, to the tune of $500,000, on Sunday if she makes motor racing history as the first champion of the all-female W Series.

情報源: Jamie Chadwick has a $500,000 reason to be excited about W Series finale | Autoblog

DTMが主催してきた女性のみに行われるフォーミュラーレースである、W Seriesが昨日Brands Hatchでの最終戦が行われ、ジェイミー・チャドウィック選手が、初代年間王者となりました。日本から参加の小山美姫選手は年間7位となりました。

開催当初からいろいろと言われてきたシリーズですが、見ている方としては面白かったですし、クルザードが言うように、女性故に負うハンデというのは実際にあるわけで、下駄を履かせるために彼女たちにスポットライトをあてると言う役割は一定ライン果たせたのではないかと思います。

まぁ小山選手はこの悔しさを来年や国内F4にぶつけてステップアップしていって欲しい。

マクラーレンがインディカーシリーズにフル参戦 #INDYCAR #INDYJP

情報源: マクラーレンがインディカーシリーズにフル参戦 | こちら GAORA INDYCAR 実況室

マクラーレン、2020年からインディカーにフル参戦! シュミット・ピーターソンと提携 | motorsport.com

INDYCAR 2020: McLaren joining Arrow SPM, Chevrolet

マクラーレンがシュミットピーターソンモータースポーツ(SPM)とシボレーと戦略パートナー契約を結び、INDYCARフル参戦が決まりました。シボレー(イルモア)エンジン搭載車を2台走らせ、チーム名はArrow McLaren Racing SPとなります。SPMは今年まではホンダエンジンですが、来年からはエンジンサプライヤーから変わる大きな体制変更となり、マクラーレン側は現在スポーティング・ディレクターのジル・ド・フェランが参加します。

Arrowは今年からマクラーレンのF1チームのスポンサーにも加わっており、そういう関係もあったのか、あるいはSPMと組むことがわかっていたのでF1もスポンサードする事になったのかはよくわかりません。(ちなみにArrowは米国最大手の電子部品卸)

ドライバーラインナップはまだ発表されておらず、現在チームエースのジェームズ・ヒンチクリフはカナダ・ホンダとの関係が強いことから、恐らくチームを離れるなることになるでしょう。マーカス・エリクソンがシートを残せるのかどうか。フェリペ・ナッセという声も出ています。

これでマクラーレンもいよいよ本格的にカムバックという事になりましたね。