Category Archives: Silverlight

Microsoft Expression とはなんだったのか?

Expressionは、WPFをMSが始めるにあたって、そのオーサリング、デザインツールに従来のWEBオーサリングツール(と呼べればだけど)を加えたAdobeのスイートに対抗するデザインツールのスイートとして登場しました。その後、Silverlightの登場により、それらへの対応、ビデオエンコードと簡易編集のツール、プロトタイピングツールなどの追加などの強化も行われ、最終的には今のWindows 8アプリケーションまでをターゲットにしたスイートになりかかりましたが、結局そうはならず、WPF/SL/Win8といういわゆるXAML系UIのオーサリングツールであるBlendのみがVisual Studioに統合される形になり、デザインツールであった、Expression DesinerとWEBオーサリングツールであったExpression WEBは現状のままフリーとして公開、つまりこれ以上の改良やバージョンアップは無くなってしまい、スイートとしてのExpressionは事実上無くなってしまいました。

結局のところ、Blendはデザイナーと言うより、デヴェロッパーが必要とするツールで有り、それ故に生き残ることが出来、他のツールに関しては、終ぞデザイナーの支持は得られず、AdobeやCorelから乗り換えさせることは出来なかったと言うことなんでしょう。

まぁ、特にDesignerは買い物だとしても、機能も操作性も正直ひどかったと思うし、Expression WEBもAdobeの対抗製品に比べると機能的な点で追いついていないし、追いつく気も無かったように思います。

これで、一応MSはデザインツールから撤退と言うことになるとは思うのですが、それならそれで、イラストレーターやフォトショップのようなAdobeのツールに対してXAML出力アドインの拡充・提供か、IE関連のアドイン提供とかをもっと真剣にした方がいいんじゃ無いかと思ったりもします。あと、XPSも本当にどうする気なんでしょうか。XPSってただのプリンタへの送出データのことなんでしたっけ?

広げた大風呂敷をたたむにしても、もう少し丁寧にたたんだ方が良いのでは無いですかね。

とりあえず、BlendがSL5や.NET 4.5のWPFには対応してくれるようなので、一安心は一安心ですけど。

MSの発表(?)内容は以下。

Microsoft Expression Community.

Math.NET Numerics v2.3.0

Math.NET Numerics – Download: Math.NET Numerics v2.3.0.

リリースされました。

Windows Phone 8のサポート追加、F# Extensionsのポータブルライブラリビルドで、SL5, Store App対応、NuGetパッケージへにポータブルビルドの追加、F#関連の機能向上、線形代数でのベクトルへの注力、バグフィックスなどが変更点となっているようです。

インストールにはNuGetを使用するのが便利だと思います。

PM> Install-Package MathNet.Numerics 
PM> Install-Package MathNet.Numerics.FSharp

Microsoft Expression Blend Preview for Silverlight 5

Updated: Microsoft Expression Blend Preview for Silverlight 5 | BlendInsider.

Silverlight 5が昨年12/10にリリースされてしばらく経ちましたが、Expression Blendの対応はその時点ではされていませんでした。しかし、数ヶ月たったここに来てやっとPreviewのリリースとなったようです。

ダウンロード
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=9503

Blend For SL5のバージョンウインドウの画像

 

バージョンも Blend 4とは異なっています。(右はBlend 4)

プロジェクトの作成ではSilverlight 5以外選択できません。

ということで、文字通りSL5専用のPreviewという感じです。

今後Blend 4のアップデータとなるのか、それともBlendの次バージョンとなるのでしょうか。

 

Silverlight Ver. 5.0

Home: Silverlight.NET.

ひっそりとリリース。。。。

ちなみにツール(Silverlight 5 Tools for Visual Studio)はまだ英語版だけのようです。そして、日本語版VS10が入っていると、言語エディションが違うから入れてやんねーっていわれてインストールできません。。。

ダウンロード:

Silverlight 5 Tools for Visual Studio

 

 

Windows 8ではCOMを廃するは間違いでした。あるいは何これ何て言うWindow DNA?

以前Windows 8ではCOMを廃するなんて記事を書きましたが、全く持って間違いでした。

まずは以下のBuildのセッションを見ていただきたい。

Lap around the Windows Runtime

Windows Runtime internals: understanding “Hello World”

以上二つのセッション、特に後半はかなり濃いめですが、この二つ見ていただければわかるように、Windows Runtime(winRT)はどう見てもCOMの継続技術です。

「なにレジストリにProgID登録して、バイナリをアクティベートしてるの?しかもDCOMで!」

WinRTはその仕組み的に.NET Frameworkの後継技術ではなく、COM+のコンテキストから枝分かれした技術だと思います。COM+のコンテキストもはじめは2PCの仕組みを覆い隠してその当時はやり始めた分散オブジェクトのアプリケーションサーバーっぽい物でしたが、いつの間にか32ビットと64ビットとの橋渡しまで行う不思議な人になっていて、ついにというかとうとういうかここまで異常に発達してきましたかという感じです。

「Windows DNAの頃の夢がかないそうで良かったですね。」

何て言う車輪のカイゼン運動(再発明じゃない)。もうこの会社のしつこさとか、諦めの悪さにはいささか閉口しました。

私としては何か10年以上前に引きづり戻された感じで、全く持っておなかいっぱいです。ありがとうございました。

「ま、ATLを使わないのはいいことだけどな。」

 

 

Windows 8 Developer Preview

Download the Windows Developer Preview now

The Windows Developer Preview is a pre-beta version of Windows 8 for developers. These downloads include prerelease software that may change without notice. The software is provided as is, and you bear the risk of using it. It may not be stable, operate correctly or work the way the final version of the software will. It should not be used in a production environment. The features and functionality in the prerelease software may not appear in the final version. Some product features and functionality may require advanced or additional hardware, or installation of other software.

http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/home/

Windows 8のデベロッパープレビューがダウンロード可能になりました。

LightSwitch 2011 Starter Kits

LightSwitch 2011 Starter Kits | Microsoft Visual Studio.

LightSwitchのサンプル、文字通りのある程度完成されたテンプレートとして使用できるスターターキットが公開されています。

公開されている スターターキットの内容は以下のようになります。

  • Customer Service
  • Expense Tracker
  • Issue Tracker
  • Job Candiate Tracker
  • Performance Review
  • Status Report
  • Time Tracker

リンクからそれぞれのページに行くとダウンロードのページへのリンクがあります。

ちなみに米国ではLightSwitchが販売されています。Amazon.comで$299。

http://www.amazon.com/dp/B005EIGVUG/

 

 

MSDN Magazine, Technet Magazine PDF ダウンロード

実際に雑誌として発刊されている状態のままPDF化されダウンロードできるようになっています。

MSDNマガジンは2003年1月から2011年4月号まで、Technetマガジンは2005年冬号から2011年3月号までダウンロード可能です。

雑誌広告もそのままなので、アメリカいろいろなパーツメーカー等の広告も見られておもしろいですよ。

MSDNマガジン

Technetマガジン

追記:

古い物だとPDFではなく、HTMLヘルプ(CHM形式)の物があるようです。