Git コミットグラフの高速化

情報源: Supercharging the Git Commit Graph – Microsoft DevOps Blog

Gitのログ表示もリポジトリが巨大化し、複雑化するに従い重くなってきますが、WindowsのソースコードがGitで管理されるようなことになると、コミットログを見るだけでも大変になるようです。

そこで、Git 2.18.0ではシリアル化済みコミットグラフの機能がMSで開発されマージされています。この機能を利用すると、Gitのコミットグラフの情報がシリアル化された状態で保存されるので、いわばGitのデータベースにインデックスが加えられたような状態になります。この事により、コミットログの表示だけでなく、操作全般で高速化がはかられます。

機能の詳細、設定方法とその効果については是非情報源をご確認ください。(正直なところ翻訳する気力が今ありません)

この機能はGit本体にマージされているので、Git for Windowsだけでなく、v2.18.0以上であればどのプラットフォームでも使用可能です。