Google O3D API

Google Japan Blog: 3D に向けたオープン Web 標準

O3D API – Google Code

ブラウザ上で3Dアプリケーションを動作させる為のプラグインとアプリケーション構築用APIのセット。

O3D Technical Overview

WEBブラウザ上での3Dアプリケーションの構築手段としてはDirectXを利用したActiveXコントロールが過去にもあったが、これはより汎用的で低レベルな実装であり、プラグインが持つAPI上でJava Scriptにより3Dアプリケーションを構築する。

プラグインの下位レイヤーには実際の3D描画エンジンとしてOpenGLやDirectXを使い、最終的にはそれらを利用してGPUを直接利用できるのでかなり速度的な点も望むことが出来る。(現状はかなり重いともうが)

アーキテクチャ図

しかし、Java Fxとか、Silverlight2/3とか、Flash・FLEXとかあるにもかかわらず、ここであえて3Dに特化したプラグインを出してくるのがGoogleっぽいなぁ。てかあれだ、Google AndroidでiPhoneに負けないようにゲームコンテンツを増やすためには、こういうプラグインも必要って事ですね!

コメントを残す