Goslingが語るAJAX, LAMP, Ruby on Rails

「Javaの生みの親」に聞く「AJAX、LAMP、Ruby on Rails」 – CNET Japan
前のヘルスバーグのインタビューと見比べてみると面白い。
GoslingはHejlsbergより明らかに言語に対しては保守的な態度をとっており、プラットフォームのとしてのJavaを強調している点は面白い。 (もっともインタビューの内容からそうなるのかもしれないが。)
また、Goslingの言語に対する保守的な態度は、ある意味言語仕様をある程度は自由に決めてしまえるマイクロソフトと、言語仕様の修正追加にも政治的障害を乗り越えなくてはならないJavaコンソーシアムの違いかもしれない。
それにしても、Goslingはスクリプト言語が嫌いみたいだなぁ。Goslingの場合には元々組み込み系の仕事からJavaを生み出したような人なので、スクリプト万歳な人とは、根本的なところでのソフトウェアシステムに対して何を尊ぶべきかという価値観が違っているかもしれない。信頼性、堅牢性を尊ぶべき価値であるのに対して、スピードとわかりやすさにこそ価値があり尊ぶべきと言う価値観の違い。

2 thoughts on “Goslingが語るAJAX, LAMP, Ruby on Rails”

  1. Java生みの親がAjax、Lamp、RORを語る

    先日出た、最新の雑誌「日経ソフトウェア」においてAjax、Railsの特集が組まれてたから、この記事に反応。
    「Javaの生みの親」に聞…

  2. デザイナのコメントを聞いていると、楽しいですよね。
    Java で人気のトレーニングとは、どういうものなのか、みてみたいなと思います

コメントを残す