IPA文字情報基盤に対応した「IPAmj明朝フォント」

 独立行政法人 情報処理推進機構(以下IPA)の国際標準推進センターは、「IPAmj明朝フォント」のVer.005.01公開を発表した。

情報源: IPA、あらゆる人名の文字化けがない「IPAmj明朝フォント」 ~約6万漢字を国際標準文字コードに対応 – PC Watch

Memo.

6236文字はIVDによる実装。Windows 8以降とその附属IMEであれば、IMEのIVS入力機能を使用し入力が可能。現行のATOKでも入力可能。また、実際にIVSで選択された文字が表示されるかは、文字を表示するアプリケーションやフォントに依存します。

基本的に現状外字運用になっているデータについてはこれへの置換が望ましいが、実際問題として運用システム側でIVD/IVS対応がなされているかなど単純にデータ置換だけという問題でも無いので難しいですな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください