Jaguar が D-Type を再生産

Nostalgia is a wonderful thing. It allows us to remember the old days fondly, without the harsh realities of the era. It seems though that simply recalling the past isn’t…

情報源: Jaguar to Build More New Old Cars With the D-Type Continuation

ジャグゥアは古いXKSSを復活させたと思ったら、今度はその元になったD-Typeを復活させるようです。

これはレストアではなく、どこかに眠っていた未使用車でもなく、21世紀に作られた新車。英国ウォーリックシャーのジャグゥアの工場で、当時の設計図と実車を元に完全に再現された25台の生産が予定されており、以前製作されたXKSS(D-Typeの公道バージョン)が150万ドルだったので同様の価格での販売が行われるようです。ちなみに完全にレストアされた当時のD-Typeは、2年前のオークションで2180万ドル程度の価格が付けられたので、それに比べたらずっとお安いという事です。(まどっちにしろ信じられないお値段ですが。)

ちなみにあなたが大金持ちで、このD-Typeを購入し、それにランボルギーニ・アヴェンタドールのエンジンを載せる事がで来たとしても公道で480km/hは出せないと思いますよ。(このエンジンルームに絶対にアヴェンタドールのエンジンは載らないよなw)

ということで、購入に興味を持たれたお金持ちの方は、情報源のサイトを参照され、すぐに日本のジャグゥアの代理店に電話かけるのが良いのではないでしょうか。