Magic Ink インフォメーションソフトウェアとグラフィカルユーザーインターフェイス

Magic Ink: Information Software and the Graphical Interface
Ajax, FlashやWPFのようなリッチクライアント技術は、インタラクションのインフレーションを起こす可能性が常に存在し、往々にしてそれが発揮されるが、その可能性をより意味があり工夫のあるプレゼンテーション発展してくれることを願う。これらの技術がブーム以上の存在になるためにはそれが必要だ。
派手な見た目でのエモーショナルを喚起するのではなく、ユーザーにとって価値を感じられる情報提供、サービスでエモーショナルを喚起すべきだろう。ユーザーはシステムを使うことで喜びを得るのではなく、必要なものを手にいられる、新しいことを学ぶことによって喜びを得るのだ。
この論文はそれを望むものにとって、重要な示唆を与えてくれるものになると思う。
元ねた:
Radium Software: Interactivity considered harmful

コメントを残す