Microsoft Hyper-V Server

今日まで勘違いしてたんですけど、 Hyper-Vはハイパーバイザー部分だけでHyper-V Serverとして無償でWindows Server 2008とは別製品として出荷、配布されるのですね。

Microsoft Hyper-V Server

USでは専門のサイトができています。

サイトの比較表にあるようにほんとにハイパーバイザーだけです。ただ、こうすることでハードやさんは配布しやす(ハードを売りやすく)くなるし、大規模にHyper-Vで仮想環境を運用しようとしているところは非常に運用しやすくなると思います。ここで言う大規模というのは仮想化サーバーを多数用意し、VHDは高可用性なストレージサーバに置いて、各仮想サーバーの死活や、ワークロードを見ながら高機能な管理ツールを使って柔軟に仮想化されたサーバーが実行されるサーバーを入れ替えていくような運用をするようなケースです。

そうでもなければ素直にWindows Server 2008を購入した方がたぶんお得です。

コメントを残す