Microsoft SQL Server 2014 Developer Edition (JPN)のセットアップで困ったこと

公開されたので早速インストールと思って、デスクトップはSQL Server 2012 R2からのアップグレードインストールを行い、これは無事終了。

ノート側にはどのバージョンのSQL Serverもインストールされていない状態で、新規にSQL Server 2014のDeveloper Edition(x64,JPN)のインストールを行いましたが、インストール最後のSQL Serverの起動で起動に失敗しセットアップが完了できませんでした。

このときのSQL ServerのErrorログを見ると Error: 17182, Severity: 16, State: 1. となっており、起動時のプロトコルエラーです。

どうもインストールしたマシンのユーザープロファイルサービス他がメタメタな感じになってしまっていて、うまく仮想ユーザーが作成できずに、諸々権限足りず起動に失敗しているようです。サービスのユーザーをログオン中のユーザーに変更したら起動できたので。

という事で、思いがけずシステム不調が判明してしまったようです。

本来セットアップでこのようになる場合、SQL Serverを一度アンインストールしたら、管理者権限のあるユーザーでログオンし直して、インストールに使用したユーザーのユーザープロファイルを削除し、ログオンし直してまっさらなユーザープロファイルを作れば問題が無いようです。

ただ、私は、別ユーザーを作ってログオンすることすら出来ない(ユーザーは作成出来るが、いざログオンしようとするとユーザープロファイルの作成が出来ない)ので、その方法も使えず、とりあえずOSのリカバリからやり直しです。

とほほ。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください