超図解C#ルールブックを斜め読み

とりあえず、先ほど飛脚で到着したのでぱらぱらと読みました。
細かい比較はまだしていませんが、msdnでのコード標準とは大きく違っていないと思う。
この本自体は、表題通りコーディング標準と言うよりはルールブックといった内容。私が題名をつけるなら、「C# タコを普通にするための養成ギブス」といった感じでつけますね。ちゃんと言われた通り作られているかチェックできるようにFxCOPの使い方まで書かれてまつ。
巻末には「便利な」切り離せる一覧もあるよ!
一項目ごとに、なぜそうする必要があるかという点、制約、悪い例と良い例(リファクタリング前後)がつけられているので、とにかくこうしろという感じではないのでここは高ポイント。
中括弧の位置は完全なANSIスタイル(こだわるよ)。といっても特に言及はありません。これについてはマイナスポイントですかね。
結論としては総じて悪くなさそう。社内標準・プロジェクト標準で悩んでる方はとりあえず読んでみるとよし。
しかし、全ページオールカラーはすごい。(この出版社の場合デフォなのかもしれませんけど)

Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (889293) (MS04-040)

Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (889293) (MS04-040)

Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (889293) (MS04-040)

とりあえずWindows updateにはまだ登録されていない模様。上リンクからインスコしてください。

マイクロソフトが語る「オープンソースとの関係と将来」

マイクロソフトが語る「オープンソースとの関係と将来」
オープンソース開発は一つの開発方法だし、大学やその他の機関のようにスポンサーがあれば有効なビジネスモデルだと思うし、サービス(サブスクリプションモデル)で利益を上げていくことも一つの流れだとは思うけど、今まであったようなソフトウェアの販売モデルが無くなるわけはないし、価値がないわけでもないだろう。
世の中すべてがオープンソースだ、フリーソフトになるというのもあまりにヒッピー的じゃない?個人財産権というのは資本主義の柱の一つなんだしさ。いつまでも黒ネズミにかじりつくのはみっともないけど、努力した分、特許期間ぐらい儲けたって良いじゃないかと思うんだけど。
それに多くのOSSってどうしてこう設定が難しいのカネ。えっ難しくしとかないと飯が食えないって?そりゃごもっとも。
本当のユーザーにとってOSSかどうかはあまり関係がない。自分の持っている目標が、最小のコストと、最短の時間で実現できればいいのよきっと。ほとんどのOSSはそれが実現できていないし、たぶんOSSの方法論ではそれは作れない。(FireFoxやOpenOfficeは、最初はプロプライエタリなソフトウェアだったことを忘れてはいけません。正直今はそのときの遺産で食っていると思うよ。)

アドビ、起動時間が高速化された「Acrobat 7.0」

アドビ、起動時間が高速化された「Acrobat 7.0」

従来バージョンから起動時間が短縮され、PDFの変換時間も最大80%短縮されたのが特徴。

このためだけにバージョンアップします。
後はVisioとの相性が改善されていると良いのですが。

ペルソナ・シナリオ法

MSF Ver.4 Agileでは、ソフトウェアシステムの仕様決定にペルソナ・シナリオ法を使うようなので、アランクーパの著作、「コンピュータは難しすぎて使えない」を参考に、私が理解した範囲でごくごく簡単にまとめます。

Continue reading ペルソナ・シナリオ法

辞書式順序で m 番目の数学的な組み合わせ要素を生成する

辞書式順序で m 番目の数学的な組み合わせ要素を生成する

要約: 辞書式インデックスから任意の数学的な組み合わせ要素を生成する簡潔なアルゴリズムを示し、このアルゴリズムがどのように開発スキルに有用であるかを説明します。サンプル プログラム ファイル内では実際のコメント行は英語で書かれていますが、この記事内では説明目的で日本語で書かれています。

この記事MSDNのRSSで突然入ってきました。表からどうたどり着けるのかは不明です。(W
記事は非常に珍しく数学(算法)の話ですね。
得てして数学嫌いな(いや、出来ない)私なんぞが小一日悩んじゃってることも、数学が得意の人にかかるとするすらっと数分でプログラム書いちゃったりして、数学って大事だなとそのときは思うのですが、かといって勉強するわけでもないんですけど。
でもこんな記事読むと、特に効率改善という点でやっぱり数学は大事なんだと思います。(でもきっと勉強はしない)

IBM | 事例 | 株式会社ライブドア(DB2が選ばれた理由)

IBM | 事例 | 株式会社ライブドア(DB2が選ばれた理由)
DB2どうこうよりも、自分ではTurbo Linuxって使ってないのね。
自社で使わないっていうのはどういうことよ。
現在は
FreeBSD + Perl + DB2
だそうで。
DB2はAIXで動いている模様。

Team Developer デモ

Team Developer デモ
このデモをごらんいただければ、VSTSの機能が、コードの品質管理をよりし易くしてくれることが確認できると思います。
しかしながら、リーダーやマネージャの人は気をつけないと、このようなツールがあるばかりにチームメンバが充分な設計をせず、コードをツールに流し、いわれるままに修正という作業ルーチンが出来てしまうといった、モラルハザードが起きてしまうことにもなりかねないので、ルール作りや、チームの雰囲気作りがより重要になります。
まぁこの手の機能、特にコードの静的分析ツールを、外注先のコードにかけると、会社ごとの実力の差が出るのでおもしろいですな。<悪魔。

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。