Visual Studio 2005 Beta1 その2

DVDイメージを焼いて、インストールを始める物の、ファイルがディスクに無いよ~んと言われ、ロールバック。
うーん何かがおかしい模様。基本的にはイメージ内部にファイルが足りないんでしょうが。
CDからインスコしている方々はうまくいっているようなので、CDイメージを落とす直すしかないかなぁ。

Windows NT Option Pack Download

memo
Windows NT 4 Option Pack
http://www.microsoft.com/ntserver/nts/downloads/recommended/NT4OptPk/
ここよりダウンロード出来るなり。
うーんDownload CenterからだとWorkstation向けがダウンロード出来ないのはなぜだー。

北海道は寒かったです。

当初火曜日からの予定が、月曜出社してみてらすぐにたてとのことで、今日まで苫小牧に出張となりました。
しかしもう涼しいと言うより寒いという感じで、気温差にやられてへろへろです。また帰ってきても同様にもうだめって感じですね。特別今日は暑い日だったようですしね。
やはりこうもういっそのこと夏の間中ずっと北海道にいるぐらいの方が体には良いですね。

Servicies and foo

Don箱さんがblogでServiceにおける実行環境と、通信について、それぞれの長短所をまとめてくれております。
Services and Processes
Services and Communications
 とりあえず現状Managedコードを直接実行するようなサーバーサイド環境とい
うのは存在しないわけで、何らかの形で今までのメカニズムを使って動かしてい
くほか無いわけです。(現実的にはね。)
 とりあえず、Longhorn serverが登場し、サーバーサイドのIndigoが登場する
までManagedなアプリケーションサーバー(*)は(少なくともMSからは)登場しない
でしょうから、後3年ぐらいはこの状況が続くはずです。

Continue reading Servicies and foo

Visual Studio 2005 Beta1

あちこちで話題になっていますが、MSDNサブスクライバダウンロードでCDイメージだけではなくDVD用ISOイメージもダウンロード可になりました。
と言うことでダウンロード中なのですが、速度が40KB程度しか出てない・・・。
何時終わることやら。

Visual Studio 2005 Express

青柳氏のBlogでVisual Studio 2005 Expressが紹介されていました。
このVisual Studio 2005 ExpresですがFAQを読む限り、きのうてきには現状のVisual Studio C#/VB.NET Standard Edition相当の機能のようですね。ただしStanadard Editionと違いクラスライブラリの開発も行えるようです。
ただし、ダウンロードイメージが50MB程度のようのなので、Document類はオンラインmsdn lib. での提供になるのではないでしょうか。
イメージ的にはBorlandの~Personal Editionの方がイメージが近いかもしれません。
ビジネス戦略的にはEclipse対策ですね。
また、SQL Server 2005 Express Editionについては、現状のMSDEと違いGUI(Web?)のフロントエンドツールが付いてくるところが大きな違いでしょうか。
えー、と言うことで、たいていの人はお金をあまりかけずにおうちでお仕事ってことですかね。

.NETエンタープライズ Webアプリケーション開発技術大全Vol.1

とりあえず3冊とも一気に購入しましたが、Vol.1のみ読了。とりあえず、何が.NETでどこまでが.NET Frameworkか混乱してしまった人や、今までJava等のプロジェクトに関わっていて、このたび幸運にも(!) .NET Frameworkのプロジェクトを担当することになった、SE、アーキテクトの方が情報を整理するのにはよいと思います何せ全5巻の大シリーズの1冊目だからこういうもんですよ。
とりあえず読むこつはあまり大きな期待は抱かないで、購入読み始めることと言うことでしょうか。本当に悪い本ではないのですが、過去数年TechEdに通われている方や、もう肩までどっぷり.NET FWでの開発に関わっている方は今更と感じるかもしれません。まぁ内容的には200番台のセッションだと思って読むと良いですよ。(わかりずれーなこの例えは)

OMG Japan

CapsCtrlさんのblogより
>つーか、こんなの作るよりも、仕様書の日本語訳をやれ。
いや、全くごもっとも。OMGの仕様書の翻訳をやらずして、何の日本法人かと思う。UML 2.0の正式リリースももうすぐのはずですが、ちゃんとやってくれるんでしょうねって感じですね。

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。