PHPで仕事をするときの注意

PHPの議論がスラッシュドット/Jまで飛び火し照るみたいですが。

PHPで仕事をするときの注意@PHPは駄目な言語なのか?

ここに実際どのあたりに注意すればいいかがまとめられています。

そしてここが一番の肝だろうと思ったところ

  • 常に最新バージョンでテストできる環境を作り、サービスイン後もバージョンアップに対応するための予算をとっておく(サービスイン後にお金をかけたくないなら、PHPは避けるべき)。

脆弱性への対応がバージョンアップにおいて行われる限り、この留意は絶対に必要だろう。しかしこのやり方は受託開発には全く向いていないのは明らか。自社でサービス提供したり自社内向けのシステムであれば、これも可能だと思うが、受託開発ではそんな予算をおそらく取りようがないので売りきり後はさようならとは行き辛い。(手切れが悪い)

まぁ、これもソフトウェアシステムの開発とひとくくりにしても、いったいどういう組織形態で、どういう発注・受注関係かで話が大きく変わる例のような気もするなぁ。

コメントを残す