TOKAIケーブルネットワーク ひかりdeネット10G  に関するすったもんだ

情報源: ひかりdeネット10G | ケーブルテレビ (TOKAIケーブルネットワーク) 本日契約しました。工…

情報源: ひかりdeネット10G  | OPC Diary

上に書いたようにTOKAIケーブルネットワークのひかりdeネット10Gを契約したのですが、契約後以下のことがわかりました。

  • 営業さんがルーターと言っていたのは、営業さんが混乱していただけで、ただのD-ONUでルーター等の貸し出しは無い。
  • D-ONUにはEthernetポートが2ポートあるが1ポートは電話アダプタ専用なので、インターネット接続に使用できるのは1ポートのみ。
  • 配布されるグローバルIP(IPV4)は1つのみ、有料でも複数配布するサービスは今のところない。

つまり、ひかりdeネット10Gというインターネット接続サービスは、下り10Gb、上り1Gbの回線を提供しながら、その先はすべてお客にぶん投げるという、まさに「投げっぱなしジャーマンサービス」というべきものでした。


三沢さんの懐かしい映像をどうぞ

全く素人にはお勧めしないというか、本当にどうしろとw

普通の一般人ではこの段階で絶望して終わりです。

この段階で契約を白紙に戻すことも考えたのですが、フレッツNext隼1Gが最近特に夕方から夜中にかけてはフレッツNext隼10Mぐらいの通信速度しか出ず、もういい加減どこかに乗り換えたいので、そこは思いとどまりどうするか考えることにしました。

まず、10Gb対応のNAT/IPマスカレード環境を構築しないと行けませんが、10Gb対応の安いブローバンドルーターとか当然無く、10Gb対応のヤマハルーターもない(お願いヤマハ様RTX810クラスで出してください!)ので、棒C社とかのエッジルーターとか見てみるわけですが、当然のように金額的にも技術的なハードルも個人でどうこうできる感じでも無いなぁって感じになるわけです。

いろいろ考えて見ましたが、せっかくの10Gbの回線にMAX 1Gbのルーター繋ぐのももったいないので、いっぱんじんである私は、PCでブロードバンドルーターを作る事にしました。ルータ用PCの構成は以下のようになります。

  • CPU : Intel Core i5 6600K
  • RAM : 16GB
  • SSD : 128GB
  • マザー: ASROCK H110M-ITX (miniITX)
  • 電源: 玄人志向 KRPW-SX400W/90+ (SFX 400W)
  • ケース: Silver Stone SST-SG06S-Lite/B(miniITX Case)
  • NIC : Intel X540-T2(10G BASE-T * 2)
  • OS : Fedora 26 Workstation

CPU, RAM, SSDはどこのご家庭にもある余り物です。オンボードのNICはUEFIで殺しています。NICはお値段がこなれてきた2ポートのIntelのX540を使用し、これで速度低下無しでルーティングできますね。

OSがFedora 26なのは、わたしがyum野郎で、「そう言えばまだFedora 26使ってなかった」からで、Workstationなのは私がWindows野郎なのでGUIがないと怖いから。

動作しているサービスは今のところfirewalld、upnpd、dhcpdのみで最低限のブロードバンドルーター機能を実現しました。とりあえずupnpdが起動時に一度こけるのが困りものですが、サービスを再起動すれば問題無くUPnPも動作しています。個々のインストールセットアップについては書きませんので、興味のある方は各位お調べください。いやーでも今本当に簡単ですね。

ゆくゆくはVPN環境等も整えていきたい所存。

また、ルーターとPC他を接続するためにバッファローのBS-XP2008という8ポートの10Gbのスイッチを購入しました。特に何も期待していなかったのですが、専用ユーティリティを使えばVLANとQOSの設定ぐらいは出来るようです。

ま、あと使ったお金のことは考えたくない。

最後になりますが、ネットワーク構成案を添付いたしますのでご査収ください。

さて、実際の工事はどうなりますことやら。次回は工事完了後にレポートいたします。