テレビ化するブラウザ

おもしろいことは向こう側でやれと。

Chromeがソフトの拡張性を「こちら側」から「あちら側」に移す – アンカテ

一般の人は、一律で安定したメジャーなサービスをそのまま使えばいいし、それで物足りない人は各種付加機能を使えます。それでも満足できない人は、PaaSサービスを使って、「あちら側」に自分用のサーバを立てればいいわけです。それらのサービスの多くは、APIで連携していいとこ取りで組み合わせることができるでしょう。

まぁ、でもGoogleが思い描くところはそこだろう。

コメントを残す