トヨタ、『GRスーパースポーツ・コンセプト』をル・マンでお披露目。20年規定への対応も含み

 トヨタは6月15日、ル・マン24時間が開催されているサルト・サーキットのビレッジで、2018年1月の東京オートサロンで公開した『GRスーパースポーツ・コンセプト』をヨーロッパで初公開した。 GRスーパースポーツ・コンセプトは、ル・マン24時間を中心としたWEC世界耐久選手権への参戦を通じて得られた技術や知見をもとに、新たな市販車に繋げるべく開発されたコンセプトカー。TS050ハイブリッドとほぼ同じパーツで構成され、究極のパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーを目指している。 この車両は1月の東京オートサロン2018で初公開されたが、TS050ハイブリッドの戦いの地であるル・マン24時間でヨーロッパで初めてお披露目された。アンベイルイベントには、TOYOTA GAZOO Racingの6人のドライバーをはじめ村田久武WECチーム代表、さらにACOフランス西部自動車クラブのピエール・フィヨン会長をはじめとした主催者側も訪れ、GAZOO Racing Company友山茂樹プレジデントによるアンベイルに拍手を送った。 ドライバーたちも「美しいクルマ」と口をそろえたGRスーパースポーツ・コンセプトは、オートサロンの状態から変更はないものの、気になるのは2時間ほど前にACOのプレスカンファレンスで提示された2020年からのトップカテゴリー車両のレギュレーションに、このGRスーパースポーツ・コンセプトが対応するのではないかという部分だ。 村田チーム代表は、「このセクシーなクルマが出場できればいいですが」と目の前に座るフィヨン会長に”確認”をとると、会場からはざわめきも。また、友山プレジデントは「”ハイパーカー”というコンセプトが発表されましたが、このGRスーパースポーツ・コンセプトと重なる部分は大きいですね」と語っている。 「トヨタの、TOYOTA GAZOO Racingのトップとなる車両を発表し、鍛えるには、ル・マンというのは最も適した場所だと思います」と友山プレジデント。

情報源: トヨタ、『GRスーパースポーツ・コンセプト』をル・マンでお披露目。20年規定への対応も含み

寿一がつい口を滑らしたヤツ。