バックミラー 2018-07-30 #ABBFormulaE #F1 #Spa24h #Indycar

Patrick Dempsey Drives Formula E Car In New York City!

WECのGTE AMA部門のデンプシー・プロトンレーシングチームのチームオーナーで俳優のPatrick Dempsey氏がNYC ePrixでGen.1のクルマを運転されたときの模様です。お、Formula Eにも参戦ですか?って感じでしょうか。Formula Eもオフシーズンファンを楽しませようといろいろと出してきますね。

F1 R12 ハンガリーグランプリ

序盤、スタートでルクレールがフォースインディアのクルマと接触し、メカニカルトラブルでリタイア、フェルスタッペンはパワーダウンし7周目でリタイアとなってしまいました。前戦はリカルドで発生しており、ルノーパワーユニットってという感じでしょうか。ガスリーが5位を順調にキープ。ハートレーも9位をキープし、序盤を見る限りトロロッソ・ホンダに必要なのは予選一発の速さという感じもします。

終盤、ヴァンドーンのギアボックスが壊れリタイア。ヴェッテルがボッタスを抜けずお付き合いしてしまい、優勝のチャンスを失うかに見えました残り5週でボッタスにアタック、追い抜ましたが、この時にボッタスと接触してしまいました。この接触でボッタスはフロントウイングを損傷し、これは審議。ボッタスは接触して失ったタイムとペースが上がらず、リカルドに追いつかれ、リカルドに追い抜かれそうになったところで、今度はリカルドと接触、両者ダメージを受けこれもレース後審議に。ボッタスはチーム指示でリカルドの譲りました。6位ガスリーと7位マグネッセンが地味に2番手争いより早いタイムで6位7位の攻防を繰り広げていて、面白いレースを繰り広げていました。

結果、チェッカー時1位はハミルトン、ヴェッテルはライコネンを追い切れず2位、3位はライコネン、4位はリカルド、5位ボッタス、6位にガスリーがラップダウン無しで入りましたた。ハートレイは11位で惜しかったですね。チャンピオンシップもハミルトン-ヴェッテル間のポイント差も更に広がってしまいました。

これでF1は一旦夏休みに入り、次回は8/24からベルギーGPから始まります。夏休みとは言っても来週からハンガリー合同テストがあります。DAZNではF1 LABOでこのハンガリーテストについても取り上げるようです。

Indycar R13 Blancpain GT R7 TOTAL 24 Hours Of Spa

伝統の24時間レース。現在はBlancpain GTシリーズとIntercontinental GT Challengesの一戦として行われています。

Official Site of Total 24 hours of Spa

34号車 Walkenhorst Motorsport(BMW M6 GT3)が総合・プロクラス1位、99号車 Rowe Racing(BMW M6 GT3)が同2位、29号車 Montaplast by Land-Motorsport(Audi R8 GT3)が3位、25号車 Audi Sport Team Sainteloc(R8 GT3)が同4位、4号車 Mercedes-AMG Team BLACK FALCON(AMG GT_R GT3)が5位、日本車では23号車 GT Sport Motul Team RJN(GT-R GT3)が7位が最上位でした。予選AUDI勢が好調でしたが、BMW勢が試合功者なところも見せ1位、2位という事になりました。GT-Rの7位は検討したと思います。24時間走って、1,2位の差が10秒。WECのGTEもそうなのですが、実際のクルマに近く、売り上げにも影響するので各メーカー力が入り非常に面白いレースでした。

しかし、Forza Motorsport 7に現役GT3が欲しくなりますね。

Indycar HONDA Indy 200 at Mid-Ohio

レースはノーイエローの非常にクリアなレース。アレクサンダー・ロッシが、1ストップのギャンブルを見事成功させてポールトゥウイン。2位は地元ロバート・ウイッケンス、3位ウイル・パワー、4位ジョセフ・ニューガーデン、佐藤琢磨選手は接触もあり17位でした。しかし、ロッシよ、ドーナツターンしようとして芝生に落ちちゃったのはかっこ悪いぞw。

次戦は8/19のポコノになります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください