パラメトロン計算機 PC-1が出来て今日で50周年

Google@日本もお祝いです。

Google_PCONE_blog

何それという非国民一般人のため説明しておくと、パラメトロン計算機は、それまでの計算機用計算素子である真空管や機械式リレーではなく、パラメトロンという論理素子を用いて作られた計算機で、それまでの論理計算素子に比べ高速で計算できかつ信頼性が高いというものでした。

日本の計算機技術史的な視点では、パラメトロン計算機は、パラメトロンを含めて純国産技術で作られており、日本がいみじくも計算機生産国として独り立ちするためには必要不可欠だったともいえる計算機で、とてもエポックメイキングな計算機です。

したがって、PC-1誕生50周年はGoogleバナーにするぐらい我が日本国にとっては目出度いことなのです。

2008年3月26日(水)はパラメトロン計算機PC-1が完成して50年目です

パラメトロン電子計算機 PC-1 について

パラメトロン計算機がなぜ生まれ消えていったかについては、以下の書籍を読まれるのが良いと思います。

新装版 計算機屋かく戦えり
新装版 計算機屋かく戦えり 遠藤 諭

アスキー 2005-10
売り上げランキング : 211414

おすすめ平均 star
starやっと出た新装版!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す