マイクロソフト、「Windows AntiSpyware」のベータ版を発表 – CNET Japan

マイクロソフト、「Windows AntiSpyware」のベータ版を発表 – CNET Japan
うーん。マイクロソフトがここまでやるべきなのだろうか。
確かにスパイウェアやアドウェアは問題だけど、OSの機能としてしまうのはどうなんだろう。OSに始めから入っていた方がコンシューマユーザーにはメリットがありそうだけど、ある部分ではいらんお世話だよなぁ。この分野は安全性を確保するためにも、ある程度ユーザー側に複数の選択肢があるようにしないといけないと思うし。
マイクロソフトが提供するにしても、Plus!みたいな形で提供するのがちょうど良いような気もする。
また、WMPのようなインテグレーションの仕方だとマイクロソフト的にも不必要な訴訟リスクを抱え込んでしまうような気がするけど。ま、これはいらぬお世話。

One thought on “マイクロソフト、「Windows AntiSpyware」のベータ版を発表 – CNET Japan”

  1. 今のところ別製品と言うわけではなく、フリープログラム的な扱いっぽいですね。
    Virus製品もどうするのかな~

コメントを残す