Category Archives: .NET

.NET Core 3.1 リリース

Announcing .NET Core 3.1 We’re excited to announce the release of .NET Core 3.1. It’s really just a small set of fixes and refinements over .NET Core 3.0, which we released just over two months ago. The most important feature is that .NET Core 3.1 is an long-term supported (LTS) release and will be supported for three years.

情報源: Announcing .NET Core 3.1 | .NET Blog

内容的には、.NET Core 3.0への小規模な修正ですが、最も重要なのはこれがLTSリリースだということです。従ってこのリリースは3年間サポートされます。

ダウンロード: https://dotnet.microsoft.com/download/dotnet-core/3.1
Dockerコンテナイメージ: https://hub.docker.com/_/microsoft-dotnet-core
snapインストーラ: https://snapcraft.io/dotnet-sdk

Visual Studio 2019 16.4も本日リリースされ、.NET Core 3.1が含まれています。Visual Studioで.NET Core 3.1を使用するために必要な更新プログラムです。Visual Studio 2019ユーザーの場合、.NET Core 3.1を個別にダウンロードするのではなく、単にVisual Studioを16.4に更新することをお勧めします。

Visual Studio for Macは、Visual Studio for Mac 8.4プレビューチャネルで.NET Core 3.1もサポートし、インクルードします。.NET Core 3.1を使用するには、プレビューチャネルを選択する必要があります。

リリースノート: https://github.com/dotnet/core/tree/master/release-notes/3.1

.NET Core 3.1の変更は、主に.NET Core 3.0の2つの新しい大規模な追加であるBlazorとWindows Desktopに焦点を合わせていました。これには、C++/CLIのサポートが含まれます。

また、これ以前のバージョンのサポート期間については以下のようになります。

  • .NET Core 3.0は、2020年3月3日、今日から3か月後にサポート終了となります。
  • .NET Core 2.2は、12月23日にサポート終了となります。
  • .NET Core 2.1は、2021年8月までサポートされます(LTSリリースのため)。

変更点の概要、その他詳細につきましては情報源をご確認ください。

関連

C#フレームワーク ASP.NET Core3入門
価格: 3,520円
秀和システム (2019/11/23)

.NET Core November 2019 Updates – 2.1.14, 2.2.8, and 3.0.1

Today, we are releasing the .NET Core November 2019 Update. These updates only contain non-security fixes. See the individual release notes for details on updated packages. NOTE: If you are a Visual Studio user, there are MSBuild version requirements so use only the .NET Core SDK supported for each Visual Studio version.

情報源: .NET Core November 2019 Updates – 2.1.14, 2.2.8, and 3.0.1 | .NET Blog

Memo.

小規模なバグの修正。

Announcing .NET Core 3.1 Preview 3リリース

Today, we’re announcing .NET Core 3.1 Preview 3. .NET Core 3.1 is a small and short release focused on key improvements in Blazor and Windows desktop, the two big additions in .NET Core 3.0.. It will be a long term support (LTS) release.

情報源: Announcing .NET Core 3.1 Preview 3 | .NET Blog

Go Liveライセンス、3.1が正式リリースとなった場合にはこちらがLTSとなります。

関連:

ASP.NET Core updates in .NET Core 3.1 Preview 3

Building Modern Cloud Applications using Pulumi and .NET Core | .NET Blog

This is a guest post from the Pulumi team. Pulumi is an open source infrastructure as code tool that helps developers and infrastructure teams work better together to create, deploy, and manage cloud applications using their favorite languages. For more information,

情報源: Building Modern Cloud Applications using Pulumi and .NET Core | .NET Blog

Pulumiは.NET言語を使って、Azureのクラウドインフラストラクチャを宣言することができ、「コードとしてのインフラストラクチャ」を実現するものです。

Uno Platform

The only platform for building native mobile, desktop and WebAssembly apps with C#, XAML from a single codebase. Open source and professionally supported.

情報源: Uno Platform – Home

UWP/XAMLベースでWASM(Web Assembly), Mobileまで含めた統一されたアプリケーションプラットフォームを実現しよう的なものです。という事でメモ。

.NET Core 3 for Windows Desktop 

Intro In September, we released .NET Core support for building Windows desktop applications, including WPF and Windows Forms. Since then, we have been delighted to see so many developers share their stories of migrating desktop applications (and controls libraries) to .NET Core.

情報源: .NET Core 3 for Windows Desktop | .NET Blog

Memo.

現行の説明とツールのロードマップ。現行でも開発は可能だが、WinFormsデザイナーなどツール含めて出そろうのは.NET 5のタイミングとなりそう。そしてそのタイミングではWin UI 3.0も登場する。

WinUI 3.0 Alpha (November 2019)

Overview of the WinUI 3.0 Alpha.

情報源: WinUI 3.0 Alpha (November 2019) – Windows UWP applications | Microsoft Docs

WinUI 3.0は2020年に正式なリリースが予定されている、統一されたUIプラットフォームで、いままでUWPの環境とセットで提供されていたUIフレームワークが、UWPからは切り離され、Win32ネイティブ環境にも提供されます。混沌の極みみたいになっていたWindowsデスクトップ開発環境を再び大統一しようというわけです。

Win UI 3の利点

参考: microsoft-ui-xaml/roadmap.md at master · microsoft/microsoft-ui-xaml

Win UIの利点として以下の点が上げられています。

WindowsのネイティブUIプラットフォーム

WinUIは、Windows自体の作成に使用される高度に最適化されたネイティブUIプラットフォームであり、すべての開発者がWindowsに到達するために使用できるようになりました。 これは徹底的にテストされ実証されたUIプラットフォームであり、オペレーティングシステム環境と8億以上のWindows 10 PC、XBox One、HoloLens、Surface Hub、その他のデバイスの基本的なエクスペリエンスを強化します。

最新のFluentデザイン

WinUIは、ネイティブでアクセス可能なWindows UIおよびコントロールに対するMicrosoftの主な焦点であり、WindowsのFluent Design Systemの決定的なソースです。

また、最新の低レベルの構成と、ベクターアニメーション、エフェクト、シャドウ、ライティングなどのレンダリングの革新もサポートします。

より簡単な「アラカルト」デスクトップ開発

WinUI 3では、次の適切な組み合わせをより簡単に組み合わせて一致させることができます。

  • 言語: C++、.NET(C#/VB)より選択できます。
  • アプリケーションモデル: UWP, Win32
  • パッケージング: MSIX, Microsoft Store、パッケージなし
  • 互換性: WinUI 3を使用して、既存のWPF、WinForms、MFCアプリを最新のFluent UIで拡張できる

新機能の下位互換性

新しいWinUI機能は、幅広いWindowsバージョンと下位互換性があります。ユーザーがWindowsを更新するのを待たずに、リリース後すぐに新しい機能を備えたアプリの構築と出荷を開始できます。

ネイティブ開発のサポート

WinUIは.NETで使用できますが、.NETに依存しません。WinUIは100%C++で、C++/WinRT上のC++ 17標準を使用したような、アンマネージドなWindowsアプリケーションから利用できます

より頻繁な更新

WinUIは、毎月のプレリリースビルドを使用して、毎年3xの新しい安定バージョンを出荷し続けます。

オープンソース開発とコミュニティの関与

WinUIは、GitHubのオープンソースプロジェクトとして引き続き開発されます。このレポでは、WinUI 2はすでにオープンソースであり、完全なWinUI 3 Xamlフレームワークを追加する予定です。

マイクロソフトのコアエンジニアリングチームと直接やり取りし、バグレポート、機能のアイデア、さらにはコードを提供できます。詳細については、コントリビューティングガイドを参照してください。

また、毎月のプレリリースビルドを試して、開発中の新しい機能を確認し、最終的なフォームを形作ることができます。

Webおよびクロスプラットフォームフレームワーク用のネイティブWindowsターゲット

WinUI 3は、ビルドするライブラリとフレームワークにより最適化されています。 たとえば、WinUI 3をベースにした新しい高性能C ++ React Native Windows実装を計画しています。

Win UI 3.0の新しい機能

WinUI 3.0の主な焦点は、既存のUWP APIおよび動作との高い互換性を維持しながらUWP UIフレームワーク(Xaml、構成、および入力)を分離し、既存のUWPアプリでWinUI 3.0への更新を容易にすることです。

これは、最初のWinUI 3.0リリースでは多くの新機能が追加されないことを意味します。

ただし、次のような少なくともいくつかの新機能を計画しています。

  1. 既存のすべての機能のダウンレベルサポート(下位互換性):Windows May 2019 Updateで追加された新しいXamlおよびComposition機能は、Creators Update以降でも機能するようになりました!
  2. 新しいMicrosoft Edge(Chromium)WebView Xamlコントロール
  3. 入力検証のサポート
  4. アプリの種類(Win32、UWP)と言語(.NET、C ++)のさまざまな組み合わせに対応した新しいVisual Studio 2019アプリテンプレート

WinUI 3.0を使用するためのアプリの更新

新しいVisual Studio 2019プロジェクトテンプレートを使用すると、新しいWinUIアプリを簡単に作成できます。

Xaml Islandsを使用して既存のWin32アプリにWinUIビューを追加するのも簡単です。

既存のUWP Xamlアプリの場合、WinUI 3.0に移行するときに更新が必要になります。

WinUI 3.0のツールディスカッションの問題における開発者の経験についてのご意見をお待ちしています。

Win UI 3.0のタイムラインとマイルストーン

2020年にWinUI 3.0をリリースする予定です。

WinUI 3.0 Alphaの初期ビルドをダウンロードして試してみてください。フィードバックが欲しいのですが、多くの機能が欠けている非常に初期のビルドであることに注意してください。 インストール情報と既知の問題については、ディスカッション問題#1531および3.0 Alphaインストール情報を参照してください。

WinUI 3.0 Alpha (November 2019)

現在取り組んでいる次の主要なマイルストーンは次のとおりです:

  1. オープンソース化: 次の主な重点分野は、このリポジトリでGitHubのオープンソース開発に移行された完全なWinUI 3 Xamlプラットフォームの取得です。
  2. プレビューリリース: 2020年前半に、より完全なプレビューをリリースする予定です

ASP.NET Core updates in .NET Core 3.1 Preview 2

.NET Core 3.1 Preview 2 is now available. This release is primarily focused on bug fixes, but it contains a few new features as well. Here’s what’s new in this release for ASP.NET Core: New component tag helper Prevent default actions for events in Blazor apps Stop event propagation in Blazor apps Validation of nested models in Blazor forms Detailed errors during Blazor app development See the release notes for additional details and known issues.

情報源: ASP.NET Blog | ASP.NET Core updates in .NET Core 3.1 Preview 2

出ました。

.NET Core Windows Forms Designer Preview 1とりあえず使ってみた。

情報源: .NET Core Windows Forms Designer Preview 1 リリース | OPCDiary

とりあえずクソSIerの端くれとしては、この先長きにわたってお世話になるであろう、大事なWindows Formsデザイナプレビュを使ってみた。ダウンロードとか、制約事項とかは情報源からたぐってくれ。

まずはプロジェクトの選択だ。当然Windows Forms App(.NET Core)を選択するのじゃ。

すると、すっげー時間はかかるが最終的にこうなるのじゃ。

裏でデザイナー拡張が仕事しまくっているのを出力ウインドウで確認できる。簡単じゃないのじゃ。

基礎からしっかり学ぶC#の教科書
WINGSプロジェクト 髙江 賢
¥ 3,080
Amazon.co.jp

Continue reading .NET Core Windows Forms Designer Preview 1とりあえず使ってみた。

.NET Core Windows Forms Designer Preview 1 リリース

情報源: Introducing .NET Core Windows Forms Designer Preview 1 | .NET Blog

.NET Core 3.0向けのWindows Formsデザイナのプレビュー1がリリースされました。VSIXによる単体ダウンロード、インストールとなっています。入手方法と諸々の制限については情報源をご確認ください。現状すべてのコントロールが使えるわけではありません。特にデータバインディングは未実装で、自作を含むサードパーティーのコンポーネントは使えないので、ほぼお試しと言ったところです。