Category Archives: .NET

.NET Core January 2020 Updates – 2.1.15, 3.0.2, and 3.1.1

Today, we are releasing the .NET Core January 2020 Update. These updates also contain security and reliability fixes. See the individual release notes for details on updated packages. NOTE: If you are a Visual Studio user, there are MSBuild version requirements so use only the .NET Core SDK supported for each Visual Studio version.

情報源: .NET Core January 2020 Updates – 2.1.15, 3.0.2, and 3.1.1 | .NET Blog

バグ修正」。詳細は情報源へ。

Uno Platform 2.0 GA

  In September 2019 at our inaugural UnoConf, we had released the preview of Uno Platform 2.0.  Today we are announcing general availability of Uno Platform 2.0 which includes not only the features announced at UnoConf, but also many others. One of the 2.0 release highlights is the fully functional XAML Hot Reload which works across Web (via WebAssembly), Android and iOS. Maybe best of all, you can do it ALL AT ONCE across all those platforms. This first blog post in Uno Platform 2.0 Reloaded series will give a lot of detail about XAML Hot Reload as well as the rest of the release. In addition, over the next few days we will drip-feed dedicated blogs for a few other release highlights. That said, if you’d like to jump to the bulleted list of all new features, bug fixes and known issues, you can see it at our GitHub. We are very proud of 2.0 release. Not only are we releasing a handful of major improvements, but we have also introduced over 70 smaller functionality improvements and we have closed over 80 bugs reported by community. Most importantly, over the past few months we saw massive contributions by the […]

情報源: Uno Platform 2.0 RELOADED – General Availability, Hot Reload and more! – Uno Platform

Memo.

.NET Conf: Focus on Blazor 日本時間では2020年1月15日

Watch .NET Conf: Focus on Blazor, a free livestream event January 14, 2020 to learn all about how to build interactive web UI all with C#. Mark your calendar!

情報源: .NET Conf: Focus on Blazor

日本時間では、2020年1月15日午前1時から。

An Introduction to DataFrame | .NET Blog

Last month, we announced .NET support for Jupyter notebooks, and showed how to use them to work with .NET for Apache Spark and ML.NET. Today, we’re announcing the preview of a DataFrame type for .NET to make data exploration easy. If you’ve used Python to manipulate data in notebooks,

情報源: An Introduction to DataFrame | .NET Blog

アプリケーション開発では、RDB使うほどでは無いけどインデックス付きのストレージ、いわゆるISAMが欲しいときがあります。ただ、.NETの場合ISAMを使うための標準ライブラリがないので、結果としてSQL Server ExpressをISAMの代用として使う事が多かったのですが、実際にこれはToo muchでよろしいやり方ではありません。特にデータ量の多い統計処理ではそうなりがちです。(SQL Server内で統計処理を済ましてしまう場合はまた別の話ですが。)

という事で、ISAM的な行指向のデータストレージとして、Microsoft.Data.Analysisパッケージの中の1機能としてDataFrameが登場しました。

O’Reilly Programming C# 8.0 – Ian Griffiths著

Programming C# 8.0
価格: 8,059円
Oreilly & Associates Inc (2020/1/7)

Early Access版から読み進めてかれこれ1年近くになるが、何よりも無事出版されたことが喜ばしい。何故喜ばしいかというと、Programming C# 7.0はEarly Access版のまま頓挫し出版されなかったためだ。むしろそれぐらいここ数年はC#と.NETが激動の時期だったととも言える。

本書は、旧版のProgramming C#に比べると、ASP.NET、WPF/WCF開発や.NET Frameworkの相互運用性に関する話題、Dynamicsに関してはごっそり削られている。ランタイムに関する説明も、.NET Frameworkでは無く、.NET Coreのランタイムを中心的に扱うように変更され、本書の内容もよりC#の言語機能に対してフォーカスされている。C# 8.0に至るまでの様々な言語仕様拡張は網羅されており、C# 8.0を学ぶためには最高の一冊だ。章立てもその順序も絶妙で、恐らく今手に入る中で最高のC#学習書(入門書に非ず)だと思う。逆に言えば本書だけではアプリケーションの開発まで完結出来ないが、それは他の各フレームワークにフォーカスされたより詳細な書籍に当たるべきなのだろう。

筆者は本書の読者像を”Who This Book is For”の中でこう説明している。

I have written this book for experienced developers—I’ve been programming for years, and I set out to make this the book I would want to read if that experience had been in other languages, and I were learning C# today. Whereas earlier editions explained some basic concepts such as classes, polymorphism, and collections, I am assuming that readers will already know what these are. The early chapters still describe how C# presents these common ideas, but the focus is on the details specific to C#, rather than the broad concepts.
私はこの本を経験豊富な開発者向けに執筆しました。長年プログラミングしており、その経験が他の言語であった場合に読みたい本にしたいと思い、今日はC#を学びました。以前のエディションでは、クラス、ポリモーフィズム、コレクションなどの基本的な概念について説明していましたが、読者はすでにこれらが何であるかを知っていると思います。初期の章では、C#がこれらの一般的なアイデアをどのように提示するかについて説明していますが、焦点は広範な概念ではなく、C#に固有の詳細です。

C#プログラマーにそしてこれからC#プログラマーになろうという人に是非手に取って欲しい。

P.S.: Safari Books Onlineでも購読可能です。

目次

  1. Introducing C#
  2. Basic Coding in C#
  3. Types
  4. Generics
  5. Collections
  6. Inheritance
  7. Object Lifetime
  8. Exceptions
  9. Delegates, Lambdas, and Events
  10. LINQ
  11. Reactive Extensions
  12. Assemblies
  13. Reflection
  14. Attributes
  15. Files and Streams
  16. Multithreading
  17. Asynchronous Language Features
  18. Memory Efficiency

.NET Core 3.1 リリース

Announcing .NET Core 3.1 We’re excited to announce the release of .NET Core 3.1. It’s really just a small set of fixes and refinements over .NET Core 3.0, which we released just over two months ago. The most important feature is that .NET Core 3.1 is an long-term supported (LTS) release and will be supported for three years.

情報源: Announcing .NET Core 3.1 | .NET Blog

内容的には、.NET Core 3.0への小規模な修正ですが、最も重要なのはこれがLTSリリースだということです。従ってこのリリースは3年間サポートされます。

ダウンロード: https://dotnet.microsoft.com/download/dotnet-core/3.1
Dockerコンテナイメージ: https://hub.docker.com/_/microsoft-dotnet-core
snapインストーラ: https://snapcraft.io/dotnet-sdk

Visual Studio 2019 16.4も本日リリースされ、.NET Core 3.1が含まれています。Visual Studioで.NET Core 3.1を使用するために必要な更新プログラムです。Visual Studio 2019ユーザーの場合、.NET Core 3.1を個別にダウンロードするのではなく、単にVisual Studioを16.4に更新することをお勧めします。

Visual Studio for Macは、Visual Studio for Mac 8.4プレビューチャネルで.NET Core 3.1もサポートし、インクルードします。.NET Core 3.1を使用するには、プレビューチャネルを選択する必要があります。

リリースノート: https://github.com/dotnet/core/tree/master/release-notes/3.1

.NET Core 3.1の変更は、主に.NET Core 3.0の2つの新しい大規模な追加であるBlazorとWindows Desktopに焦点を合わせていました。これには、C++/CLIのサポートが含まれます。

また、これ以前のバージョンのサポート期間については以下のようになります。

  • .NET Core 3.0は、2020年3月3日、今日から3か月後にサポート終了となります。
  • .NET Core 2.2は、12月23日にサポート終了となります。
  • .NET Core 2.1は、2021年8月までサポートされます(LTSリリースのため)。

変更点の概要、その他詳細につきましては情報源をご確認ください。

関連

C#フレームワーク ASP.NET Core3入門
価格: 3,520円
秀和システム (2019/11/23)

.NET Core November 2019 Updates – 2.1.14, 2.2.8, and 3.0.1

Today, we are releasing the .NET Core November 2019 Update. These updates only contain non-security fixes. See the individual release notes for details on updated packages. NOTE: If you are a Visual Studio user, there are MSBuild version requirements so use only the .NET Core SDK supported for each Visual Studio version.

情報源: .NET Core November 2019 Updates – 2.1.14, 2.2.8, and 3.0.1 | .NET Blog

Memo.

小規模なバグの修正。

Announcing .NET Core 3.1 Preview 3リリース

Today, we’re announcing .NET Core 3.1 Preview 3. .NET Core 3.1 is a small and short release focused on key improvements in Blazor and Windows desktop, the two big additions in .NET Core 3.0.. It will be a long term support (LTS) release.

情報源: Announcing .NET Core 3.1 Preview 3 | .NET Blog

Go Liveライセンス、3.1が正式リリースとなった場合にはこちらがLTSとなります。

関連:

ASP.NET Core updates in .NET Core 3.1 Preview 3

Building Modern Cloud Applications using Pulumi and .NET Core | .NET Blog

This is a guest post from the Pulumi team. Pulumi is an open source infrastructure as code tool that helps developers and infrastructure teams work better together to create, deploy, and manage cloud applications using their favorite languages. For more information,

情報源: Building Modern Cloud Applications using Pulumi and .NET Core | .NET Blog

Pulumiは.NET言語を使って、Azureのクラウドインフラストラクチャを宣言することができ、「コードとしてのインフラストラクチャ」を実現するものです。

Uno Platform

The only platform for building native mobile, desktop and WebAssembly apps with C#, XAML from a single codebase. Open source and professionally supported.

情報源: Uno Platform – Home

UWP/XAMLベースでWASM(Web Assembly), Mobileまで含めた統一されたアプリケーションプラットフォームを実現しよう的なものです。という事でメモ。