Category Archives: .NET

.NET Core Windows Forms Designer Preview 1とりあえず使ってみた。

情報源: .NET Core Windows Forms Designer Preview 1 リリース | OPCDiary

とりあえずクソSIerの端くれとしては、この先長きにわたってお世話になるであろう、大事なWindows Formsデザイナプレビュを使ってみた。ダウンロードとか、制約事項とかは情報源からたぐってくれ。

まずはプロジェクトの選択だ。当然Windows Forms App(.NET Core)を選択するのじゃ。

すると、すっげー時間はかかるが最終的にこうなるのじゃ。

裏でデザイナー拡張が仕事しまくっているのを出力ウインドウで確認できる。簡単じゃないのじゃ。

Continue reading .NET Core Windows Forms Designer Preview 1とりあえず使ってみた。

.NET Core Windows Forms Designer Preview 1 リリース

情報源: Introducing .NET Core Windows Forms Designer Preview 1 | .NET Blog

.NET Core 3.0向けのWindows Formsデザイナのプレビュー1がリリースされました。VSIXによる単体ダウンロード、インストールとなっています。入手方法と諸々の制限については情報源をご確認ください。現状すべてのコントロールが使えるわけではありません。特にデータバインディングは未実装で、自作を含むサードパーティーのコンポーネントは使えないので、ほぼお試しと言ったところです。

.NET Videos | 無料の.NET/C#入門用コンテンツ(英語)

情報源: .NET Videos | Free videos from the .NET team and community

.NET/C#の入門用ビデオコンテンツが英語ですが公開されました。すべて無料です。

関連: Announcing free C#, .NET, and ASP.NET for beginners video courses and tutorials – Scott Hanselman

Effective C# 6.0/7.0
BillWagner
Check on Amazon

C++/CLIと.NET Core 3の未来 

.NET Core 3.0 is now available and we have received a lot of questions about what that means for the future of C++/CLI. First, we would like to let everyone know that we are committed to supporting C++/CLI for .NET Core to enable easy interop between C++ codebases and .NET technologies such as WPF and Windows Forms.

情報源: The Future of C++/CLI and .NET Core 3 | C++ Team Blog

C++/CLIは.NET Core 3.1/Visual Studio 2019 v16.4以降が対応のターゲットになる。
Visual Studio 2019 16.4 Preview 1で試してみることが出来る。

.NET Conf 2019 @ Channel 9 (各セッションへのポータル)

.NET Conf is a FREE, 3 day virtual developer event co-organized by the .NET community and Microsoft. This year .NET Core 3.0 will launch at .NET Conf 2019! Come celebrate and learn about the new relea

情報源: .NET Conf 2019 | Channel 9

.NET Conf 2019の各セッションへのポータルが公開されています。

.NET Core 3.0 GA

情報源: .NET | Free. Cross-platform. Open Source.

.NET Core 3.0がGAとなりました。上サイトのDownloadより、ダウンロードが可能です。

リリースノート: https://github.com/dotnet/core/blob/master/release-notes/3.0/3.0.0/3.0.0.md
チュートリアル: https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/core/tutorials/index(言語をEnglish-USにしてください)
ドキュメント: https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/core/
SDKドキュメント:https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/core/sdk

リリース版のバージョンは3.0.100となりました。

関連Blog

AppCenterが対応した。

メディアの反応

.NET Core 3.0 Release Candidate 1リリース

Today, we’re announcing .NET Core 3.0 Release Candidate 1. Just like with Preview 9, we’ve focused on polishing .NET Core 3.0 for a final release. We are now getting very, very close. We intend to release the final version on September 23 at .NET Conf.

情報源: Announcing .NET Core 3.0 Release Candidate 1 | .NET Blog

RC1がリリースされました。来週の正式リリースも迫ってきました。

関連Blog

プログラミングASP.NET Core
価格: 5,616円
日経BP (2019/5/23)

.NET Core 3.0 Preview 9リリース

.NET Core 3.0 Preview 9がリリースされました。

リリースノート・ダウンロード

関連Blog

.NET Coreでのハードウェア最適化命令の話

Several years ago, we decided that it was time to support SIMD code in .NET. We introduced the System.Numerics namespace with Vector2, Vector3, Vector4, Vector, and related types. These types expose a general-purpose API for creating, accessing, and operating on them using hardware vector instructions (when available).

情報源: Hardware Intrinsics in .NET Core | .NET Blog

.NET Core 3.0よりハードウェア最適化とその為のVector2, Vector3, Vector4, VectorというSIMD演算用のクラスが追加されます。

そもそも、.NETがC/C++やnumpyと数学的な演算(特に行列演算)のベンチマークで遅くなる理由が、プロセッサの持つSIMD演算命令のような計算最適化機能を有効に活用できていないためです。これは今流行の深層学習やその結果のモデル演算においても不利に働く場合が多いです。画像・音声・映像関係のライブラリについても同様です。このため、.NETのプラットフォームとしての魅力を維持するためにも、バイナリのより強力なプロセッサ最適化とSIMD命令など(Intelで言えばSSEやAVX, FMA)への対応が急務でした。このため、.NET Core 3.0はよりプロセッサ固定の最適化を行うほか、それを前提としたSIMD演算の為のライブラリが追加されます。(ML.NETなど、これが実現されなければ意味が無い。)

で、この記事はそれらの使用方法の簡単な説明と、現状でのベンチマーク結果です。

Memo: gRPC + ASP.NET Core as a Migration Path for WCFs in .NET Core 

App Dev Manager Keith Anderson and Field Engineer Patricio Belardo explore gRPC + ASP.NET Core as a migration path for WCF. Overview A recent statement from Microsoft’s Director of Program Management for .NET, Scott Hunter, regarding roadmap for .NET Core clarified the direction of Windows Communication Foundation (WCF) Services.

情報源: gRPC + ASP.NET Core as a Migration Path for WCFs in .NET Core | Premier Developer

ま、早い話が作り直しです。ちゃんと設計されていれば、サービス、コンシューマともインタフェース周りだけの修正で済みますが、特にコンシューマー側はなかなかそうなっていないと思います。