マイクロソフト、スパコン用Windows Serverを披露 – CNET Japan

マイクロソフト、スパコン用Windows Serverを披露 – CNET Japan

Microsoftが米国時間8日、次期バージョンのWindows Serverを披露した。この新しいオペレーティングシステム(OS)は、政府や企業がPC同士をつなげてクラスタを構成し、スーパーコンピュータを構築できるように設計されたものだ。

WindowsでのHPCソリューションが発表されました。HPCは現状では物理学や天文学、エネルギー関係(ようは核)での使用が多いのですが、今後はバイオ関係や金融関係での導入・市場的な伸びが期待できる分野です。
今までこのHPCは専用のシステムや、Unix/Linuxが使われていることがほとんどだっただけに、マイクロソフトの新たなチャレンジになると思います。
WindowsのHPCシステムを伸ばして行くために絶対的に必要なのはライセンス価格の戦略で、台数分Wondows Server 2003 EEのライセンシフィーが必要だということになると市場参入自体が当然のことながら難しいことになります。おそらく市場参入を成功させるために大胆なライセンス体系になるものと思われます。(一番現実的なのはMSDNのようなサブスクリプションライセンスでしょう)
デベロッパーとしては当然用意されるであろうAPIセットや専用コンパイラが気になります。4台ぐらいだったら組めるかもしれないし。ぜひMSDNで配布してほしい。

One thought on “マイクロソフト、スパコン用Windows Serverを披露 – CNET Japan”

コメントを残す