携帯電話機を使ったセンサ・ネットワーク

IntelがUC, Berleleyとの共同研究成果を発表し、その中に不必要となった携帯電話を使ったセンサーネットワークの事件があったらしい。

具体的にはセンサーが収集したのデータをBluetooth通して携帯電話から中央に送信するもの。

データトランスミッタ部分を専用装置としなくていい分安く(しかもそこはリユースなのでタダ)システムが構築できるようになるかもしれない。もちろん、その時には通話料定額の契約を忘れてはいけない。

また小型の煤塵計も作ったようで、研究に使われた排ガス測定装置の装置自体が非常にコンパクト。これなら現在のような小屋でなく、信号機の電柱に取り付けられるだろう。

Intel社が米国Berkeleyの研究所の成果を報告,携帯電話機を使ったセンサ・ネットワークなどを披露 – 電子部品テクノロジ – Tech-On!

コメントを残す