時間軸による関心の分離

何と何を分けるかという関心の分離の問題は視点による分離と時間軸による分離を考える必要があると思う。ここでの時間軸とは変化のスピードである。たとえばユーザーインターフェイスとエンティティの変化のスピードは違うし、別の視点では分析設計技術と、実装技術ではその変化のスピードは異なる。
関心の分離を考えるときに時間軸、変化する部分と変化しない部分という視点でその分離する範囲を考えることで、いくらかのわかりやすさや正しさを得られると思う。
参照:
変わりつつあるソフトウェア開発の価値観

コメントを残す