書評 : 動的平衡

福岡伸一
Amazonランキング:89位
Amazonおすすめ度:


本書は雑誌連載を再構成、加筆修正して書籍化したものなので、全体として起承転結があるわけではなく、著者の他の書籍と被る内容も多いが、動的平衡という主題は貫かれており、まとまりがないわけではありません。先頭から一気に完遂させるというより、気軽に一章ごと読んでいくのが良いと思います。著者は研究者としてはまれに見る文章の美味い人なので、科学的なことに興味があれば、著者の今までの著作や、分子生物学の知識が無くても楽しめると思います。

またこの著作で筆者を知った方は、筆者のそのほかの一連の著作、特に新書を読み進めていけばなじみのある(そして筆者が否定する)小機械の構成物である生物という考え方から、生物とはいわば状態を示しているという著者の言う動的平衡という生物感に驚き、楽しむことがより出来るのではないかと思います。

やはりこの人は読ませるな。

今出張に出ているのですが、出張中はやることも制限されるし、残業が少ない分時間もあるので、移動時間を含めて読みたい本を読んでしまうのには格好の機会ですね。

コメントを残す