辞書式順序で m 番目の数学的な組み合わせ要素を生成する

辞書式順序で m 番目の数学的な組み合わせ要素を生成する

要約: 辞書式インデックスから任意の数学的な組み合わせ要素を生成する簡潔なアルゴリズムを示し、このアルゴリズムがどのように開発スキルに有用であるかを説明します。サンプル プログラム ファイル内では実際のコメント行は英語で書かれていますが、この記事内では説明目的で日本語で書かれています。

この記事MSDNのRSSで突然入ってきました。表からどうたどり着けるのかは不明です。(W
記事は非常に珍しく数学(算法)の話ですね。
得てして数学嫌いな(いや、出来ない)私なんぞが小一日悩んじゃってることも、数学が得意の人にかかるとするすらっと数分でプログラム書いちゃったりして、数学って大事だなとそのときは思うのですが、かといって勉強するわけでもないんですけど。
でもこんな記事読むと、特に効率改善という点でやっぱり数学は大事なんだと思います。(でもきっと勉強はしない)

2 thoughts on “辞書式順序で m 番目の数学的な組み合わせ要素を生成する”

  1. MSDNの最新情報からたどれますね。
    で、ぱっとみてもわけわかんなかったので理解するのをあきらめました(w

  2. 真正直にやるより一ひねりすると早いよって事なんですが、なんでそうなのかが良くわかんないです。

コメントを残す