静岡タワー

NHK静岡放送局、在静岡民放キー局4社は、富士山、南アルプスにより地上波デジタルの電波が遮られ、あまねく電波を届けることが出来ないとして、気象庁が保有する富士山測候所の旧富士山レーダーを買い取り、その場所に電波塔を設置することを決めた。本件の代表である、NHK担当者に確認したところ県を通じ気象庁と交渉中とのこと。
富士山レーダーの電力設備、対風雪設備を流用できるため、費用をかけずに有効な電波塔を設置できるとしている。
当社取材に対し、静岡県IT推進室の石坂副室長も積極的に応援していきたいと答えており、気象庁担当者からも前向きに検討していくと聞いていると答えている。
一部からは、富士山レーダーのアンテナが回転していたため、放送がその回転にあわせて切れ切れになるのではないかという疑いもあるようだが、各社代表者によればそのようなことには絶対になりませんよとのことだ。
(伊豆の国新聞)

追記: (2006.04.01 07:15)

4月1日だよね・・・

コメントを残す