2015年7月1日にうるう秒が実施されます。

IERSから6/30から7/1に変わるときにうるう秒が挿入されることが発表されました。

Windows、SQL Server、Exchange Server等MS系のOS、ミドルウェアではうるう秒(23:59:60)は知らない子なのでWindows Time Serviceはしらっと無視、SQL Serverのクエリに「23:59:60」が入ってきた場合にはクエリーがエラーになります。後者の可能性があるのであれば対策は必要でしょう。

もっとも、2012年にもうるう秒があったので、その時に対策されている場合が多いと思いますけが、BSDやLinuxなどとの連携システムではうるう秒のタイムスタンプがついたデータが現れる可能性があることは考慮しておきましょう。

Windowsに関しては以下が2012年時のKBですが、今でも有効だと思います。

http://support.microsoft.com/kb/2722715/ja

あと、LinuxはGitHub本で有名な大塚さんがまとめてくれています。

7/1の閏秒を迎えるにあたってLinuxでは何をすべきか? – Act as Professional

コメントを残す