ABB Formula E 2019-2020シーズン、チーム・ドライバーラインアップ #ABBFormulaE

Team Manufacturer Powertrain #1 Driver 1 #2 Driver 2
Envision Virgin Racing Spark–Audi Audi e-tron FE06 2 Sam Bird 4 Robin Frijns
NIO 333 FE Team Spark–NIO NIO FE-005 3 Oliver Turvey 33 Ma Qinghua
Mercedes-Benz EQ Formula E Team Spark–Mercedes Mercedes-Benz EQ Silver Arrow 01 5 Stoffel Vandoorne 17 Nyck de Vries
GEOX Dragon Spark–Penske Penske EV-4 6 Brendon Hartley 7 Nico Müller |
Audi Sport ABT Schaeffler Spark–Audi Audi e-tron FE06 11 Lucas di Grassi 66 Daniel Abt
DS Techeetah Spark–DS Automobiles DS E-TENSE FE20 13 António Félix da Costa 25 Jean-Éric Vergne
TAG Heuer Porsche Formula E Team Spark–Porsche Porsche 99X Electric 18 Neel Jani 36 André Lotterer
Venturi Racing Spark–Mercedes Mercedes-Benz EQ Silver Arrow 01 19 Felipe Massa 48 Edoardo Mortara
Panasonic Jaguar Racing Spark–Jaguar Jaguar I-Type 4 20 Mitch Evans 51 James Calado
Nissan e.dams Spark–Nissan Nissan IM02 22 Oliver Rowland 23 Sébastien Buemi
BMW i Andretti Motorsport Spark–BMW BMW iFE.20 27 Alexander Sims 28 Maximilian Günther
Mahindra Racing Spark–Mahindra Mahindra M6Electro 64 Jérôme d’Ambrosio 94 Pascal Wehrlein

チームとしてはHWAがM-Bワークスに昇格し、新たにPorscheが加わりました。

ドライバーの入れ替わりがあり、ロッテラーがテチータからポルシェに加わり、テチータにはダコスタがBMWに移籍、その代わり、ドラゴンからギュンターが移籍、そのドラゴンにはハートレーが新規加入など入れ替わりや新規参入があります。GEOXドラゴンは今まであまり良い成績を残せていませんが、ハートレーがどれだけ頑張れるかといった感じでしょうか。M-Bはフレッシュな顔ぶれ、一方ポルシェはかつてのWEC優勝組で固めるという手堅さ。この違いシーズン終わりにどうなっているのでしょうか。もちろん日産の活躍にも期待です。レギュレーションのマイナーチェンジで、今年からモーター1台の新パワートレインとなりましたがどうなるでしょうか。

ということで、Formula E 新シーズンは11/22(金)より開始となります。

Ken Block’s Climbkhana TWO: 914hp Hoonitruck on China’s Most Dangerous Road; Tianmen Mountain

中国天門山で撮影された、Climbkhanaの第2弾です。914馬力のFord F-150 ”Hoonitruck”で世界で最も危険な道路言われる天門山の登山道を駆け上がります。

[ HOONIGAN ] フーニガン KB19 ケン・ブロック モンスター スナップバック CAP
フーニガン
¥ 5,940
CLUBWINNERS【F1&WRC・MOTO関連グッズやモデルカー&ジオラマを幅広く展開中】