ABB Formula E 2020/2021シーズンより世界選手権に  #ABBFormulaE

情報源: Formula E granted World Championship status for 2020/21 season  | FIA Formula E

Formula Eが来シーズン(2020/21)のシーズン7よりFIA世界選手権となることが決まりました。これによりチャンピオンシップとしての権威付けが、F1やWEC、WRCと同等となります。

詳細は情報源を後確認ください。

Visual Studio 2019 v16.4 Release 

Visual Studio 2019 v16.4 releases today with improvements in many areas such as GitHub integration, XAML Hot Reload, vertical tabs, and more!

情報源: ‘Tis the Season for the Visual Studio 2019 v16.4 Release | Visual Studio Blog

リリースされました。

インストール: https://visualstudio.microsoft.com/downloads/

機能向上点

  • チームエクスプローラーから直接GitHubに公開出来るようになりました。
  • Xamarin.FormsのXAMLホットリロード
  • コンテナツールウインドウ
  • WPFおよびUWPデスクトップ開発者向けのXAMLツールの改善
  • 固定可能なプロパティツール
  • .NETの生産性向上

詳細は情報源をご確認ください。

サポートライフサイクル

本リリースはVisual Studio 2019でサポートされる2番目のサービスベースラインとなるため、長期的に安定した安全な開発環境を採用する必要があるエンタープライズおよびプロフェッショナルのお客様は、このバージョンを標準化することをお勧めします。ライフサイクルおよびサポートポリシーで詳細に説明されているように、バージョン16.4は、次のサービスベースラインのリリース後1年間、修正およびセキュリティ更新プログラムでサポートされます。

さらに、バージョン16.4が利用可能になったので、最後にリリースされたサービスベースラインであるバージョン16.0がさらに12か月間サポートされます。2021年1月にサポートが終了します。同様に、バージョン16.1、16.2、および16.3はサポートされなくなりました。これらの中間リリースは、次のマイナーアップデートがリリースされるまでサービスフィックスを受け取れます。

Visual Studio 2019以前のサポート終了時期は以下のようになります。

  • Visual Studio 2017バージョン15.0 – 2020年1月14日にサポート終了。(15.9はサポート継続中です)
  • Visual Studio 2010製品スイート-サポートは2020年7月14日に終了。
  • Expression 4製品スイート-サポートは2020年10月13日に終了。

.NET Core 3.1 リリース

Announcing .NET Core 3.1 We’re excited to announce the release of .NET Core 3.1. It’s really just a small set of fixes and refinements over .NET Core 3.0, which we released just over two months ago. The most important feature is that .NET Core 3.1 is an long-term supported (LTS) release and will be supported for three years.

情報源: Announcing .NET Core 3.1 | .NET Blog

内容的には、.NET Core 3.0への小規模な修正ですが、最も重要なのはこれがLTSリリースだということです。従ってこのリリースは3年間サポートされます。

ダウンロード: https://dotnet.microsoft.com/download/dotnet-core/3.1
Dockerコンテナイメージ: https://hub.docker.com/_/microsoft-dotnet-core
snapインストーラ: https://snapcraft.io/dotnet-sdk

Visual Studio 2019 16.4も本日リリースされ、.NET Core 3.1が含まれています。Visual Studioで.NET Core 3.1を使用するために必要な更新プログラムです。Visual Studio 2019ユーザーの場合、.NET Core 3.1を個別にダウンロードするのではなく、単にVisual Studioを16.4に更新することをお勧めします。

Visual Studio for Macは、Visual Studio for Mac 8.4プレビューチャネルで.NET Core 3.1もサポートし、インクルードします。.NET Core 3.1を使用するには、プレビューチャネルを選択する必要があります。

リリースノート: https://github.com/dotnet/core/tree/master/release-notes/3.1

.NET Core 3.1の変更は、主に.NET Core 3.0の2つの新しい大規模な追加であるBlazorとWindows Desktopに焦点を合わせていました。これには、C++/CLIのサポートが含まれます。

また、これ以前のバージョンのサポート期間については以下のようになります。

  • .NET Core 3.0は、2020年3月3日、今日から3か月後にサポート終了となります。
  • .NET Core 2.2は、12月23日にサポート終了となります。
  • .NET Core 2.1は、2021年8月までサポートされます(LTSリリースのため)。

変更点の概要、その他詳細につきましては情報源をご確認ください。

関連

C#フレームワーク ASP.NET Core3入門
価格: 3,520円
秀和システム (2019/11/23)