「WSL」カテゴリーアーカイブ

Windows 10 October 2018 UpdateでのWSLの更新内容

情報源: What’s New for WSL in the Windows 10 October 2018 Update – Windows Command Line Tools For Developers

の雑な訳です。

マイクロソフトストアでのLinuxディストリビューションの追加

Ubuntu 18.04

Ubuntu 18.04は、Microsoft Storeで利用可能になりました。あなたはStoreのUbuntuアプリケーションとあなたのディストリビューションをアップデートする方法について疑問に思うかもしれません。詳細については、このガイドを読んでUbuntuのApp Releaseを更新してください。

WLinux

これで、Microsoft StoreからWLinuxをインストールできます。 WLinuxは、WSLのために利用可能な最初の有料のディストリビューションアプリです。 これにはwlinux-setupなどのGitHubリポジトリに記載されている機能が含まれています。これにより、ユーザーは一般的な開発者ツールチェーンを簡単に設定でき、systemdのようなサポートされていない機能は削除されます。

OpenSUSE 15 and SLES 15

OpenSUSE 15SLES 15は現在、Microsoft Storeで利用可能です。これらの新しいバージョンのSUSEをインストールして使用する準備が整いました。

Ubuntu 18.04がWSL on ARM Devicesで動作可能に

ARMデバイスでWSLとUbuntu 18.04を実行できるようになりました! ARMデバイスの詳細を知りたい場合 StoreからUbuntu 18.04を入手すると、ARMデバイスを実行しているかどうかを検出し、ARMバージョンのアプリケーションを自動的に取得できます。 詳細については、ARM開発者向けWindows 10での//Build 2018のセッション(WSL 13:58)を参照してください。

メモ帳がLinuxの改行をサポート

メモ帳(Notepad.exe)がLFの改行をサポートしました。

LinuxシェルをFile Explorerから起動可能に

フォルダのコンテキストメニューに「Linux シェルをここに開く」が追加されました。Shiftキー+右クリックで表示されるコンテキストメニューに存在します。

WSLのディストリビューションをコマンドラインからインストール可能に

ストアアプリを経由せずにコマンドラインよりディストリビューションのインストールが可能になりました。詳しくは情報源をご確認ください。

ChocolateyとBoxstarterを使用したDev Boxセットアップスクリプト

//Build 2018 Day 2 Keynoteで、ChocolatelyとBoxstarterと提携してオープンソースプロジェクトを発表しました。このプロジェクトでは、ワンクリックであなたの開発ボックスをセットアップできます。 あなたはホットカップのために私たちに参加する私たちのブログ記事でこの努力について読むことができますオーChocolatey !. このプロジェクトを使用して開発者ボックスを設定するには、Dev Setup GitHubリポジトリに移動することもできます。

改善されたディレクトリ単位の大文字小文字の区別のサポート

今回のリリースのWindowsでは、お客様からのフィードバックに基づいて大文字と小文字を区別するサポートを改善しました。 大文字と小文字の区別は、WSLで作成される新しいディレクトリではデフォルトでオフになっています。 また、WSL内部からディレクトリの大文字と小文字の区別フラグを検査して変更することも可能になりました。 さらに、新しいディレクトリを作成するときに大文字小文字の区別が継承されます。 大文字と小文字の区別のサポートについては、このブログで詳しく読むことができます。

Linux/WSLコンソールでのコピー&ペーストのサポート

Linux/WSLコンソールでのコピー&ペーストが可能になりました。Crtl+Shift+C/Vをショートカットとして使用します。

コンソールの改善

WSLへの直接的な改善に加えて、Windowsコンソールの一連の改良がリリースされました。 interopのいくつかの改良がありました。ウィンドウの残りの部分を破壊することなく、tmuxとscreenの中にwindowsアプリケーションをホストできるようになりました! サポートされるVTシーケンスの範囲を改善しました。 また、第三者が端末やサーバーをより簡単に構築できるようにするConPTY APIとインフラストラクチャも追加しました。 一般的なコンソールの詳細については、Rich TurnerのWindowsコマンドラインブログシリーズ(@richturn_ms)を参照してください。

フィードバックありがとう!

貢献された方たちへの賛辞書かれています。詳細は情報源へ。

WLinux

by methodshop .comWindows 10には、Linux向けのバイナリプログラムをWindows 10やWindows Serverで実行する互換レイヤー「Windows Sub

情報源: Windows 10での実行に最適化されたLinuxディストリビューション「WLinux」が登場 – GIGAZINE

有料ですが、WSLへの最適化を謳うDebianベースのディストリビューションが登場したようです。

WLinux | A Linux distro optimized for WSL based on Debian.

Windows Command-Line: Inside the Windows Console 

情報源: Windows Command-Line: Inside the Windows Console – Windows Command Line Tools For Developers

Windowsのプログラマが知っていそうで意外に知らないWindowsコンソールの仕組みのお話し。

結局のところWindowsはUnixでは無いし、そのコンソールはMS-DOS, OS/2, WinNTと長い期間の下位互換性を保ちつつそれはそれで発展してきたので、違うのは仕方がない。ただ、現状のWindows 10のコンソールはそれなりにUnixに歩み寄ったし、一足飛びでは無いけどモダナイズもされてきている。

WSL上のUbuntuのアップデートとストア公開バージョン更新について

情報源: A Guide to Upgrading your Ubuntu App’s Release – Windows Command Line Tools For Developers

Ubuntu 18.04 LTSのポイントリリースが7月末予定されているため、それに向けた準備について書かれています。

現状Microsoft StoreにはUbuntuの3種類のディストリビューションが用意されており、「Ubuntu」、「Ubuntu 16.04」、「Ubuntu 18.04」で、このうちバージョンナンバーのない「Ubuntu」はストア上ではポイントリリース後16.04から18.04に変更されます。

ストアが更新されても、既インストール済みのディストリビューションが自動的に更新されることはないので、既にインストール済みのユーザーは、Ubuntuのポイントリリース後、通常のUbuntuと同じく以下のコマンドにてディストリビューションのアップデートを行う事が可能です。(アップグレード可能なのが、ポイントリリース後である事に注してください。)

wsltty 1.9.0

Release 1.9.0 · mintty/wsltty

WSL向けのminttyパッケージであるwslttyがアップデートしました。

インストーラーのダウンロード

mintty 2.9.0へのアップデート
wslbridgeのアップデート

Fixed initial bold as font suppression glitch (#103).
Keeping WSL windows together in Windows task bar (#96).
Enabled OSC 7 current directory injection for Ctrl+click in WSL (#104, #19).
Supporting mintheme tool on WSL.
Option –WSLmode to tune behaviour for WSL distro but not launch (#99).