「Car Life」カテゴリーアーカイブ

ピエール・ガスリー、2019年シーズンにレッドブルへ移籍

The Team is delighted to announce that Pierre Gasly will join us from the beginning of the 2019 season, to race alongside Max.

情報源: Going full Gas in 2019 | Red Bull Racing Formula One Team

レッドブルよりピエールガスリーのトロロッソからレッドブルへの移籍が発表されました。来期、レッドブル・ホンダでのガスリーの活躍が楽しみです。

バックミラー 2018-08-20

RVM的な何か

全日本スーパーフォーミュラー第5戦 もてぎ

セルモレーシング・石浦宏明が見事な走り、見事なチーム戦略でポールを守り首位となりました。唯一2ストップ戦略をとったチームインパル・平川亮が大幅な追い上げで2位に。ドライバーの技量だけでは無くチーム戦略の妙が楽しめた良いレースでした。

ドライバースタンディングでは、このレースでニック・キャシディが3位、山本尚紀が7位となり、ニック・キャシディに首位が入れ替わりました。石浦の優勝で、山本、石浦が同ポイントでの2位になりました。

レースリザルト

ドライバースタンディング
チームスタンディング

続きを読む バックミラー 2018-08-20

IMSAさんアロンソに腕がもう一本有るからもう一個ROLEXを付けられますよってw

その去就が注目されているアロンソですが、IMSAも秋波を送っているようですw

アロンソ IndyCar 2019シーズンにマクラーレンより参加

突然ビッグニュースが飛び込んできました。来シーズンのインディカーにアロンソがマクラーレンから参戦します。これは二つのビッグニュースで、まずアロンソがIndyCarにIndy 500以外にも参戦する可能性が出てきたこと、もうひとつは、チームとしてマクラーレンがIndyCarに復帰することです。

IndyCarもシーズン折り返しとなり、そろそろストーブリーグ的な話も出てきて、アロンソがIndy参戦する場合の参加チームとして濃厚と言われていた、アンドレッティモータースポーツのマイケル・アンドレッティが、マクラーレン・アロンソに対して、アロンソの席を用意するな早急に回答しろと言っていただけに注目されていましたが、けっきょっくアンドレッティモータースポーツからの参戦では無く、マクラーレンもアロンソと一緒にインディ復帰という事になったようです。

マクラーレンがアメリカでどういう体制をとるのか、そもそもエンジンはシボレーを載せるのか、ホンダを載せるのか興味は尽きませんが、続報をマテという事のようです。

2018/08/15 0:57 追記

F1現役引退表明のアロンソ「マクラーレンのおかげで視野が広がり、完璧な存在に近づけた」

公式に今シーズンでF1からの引退のコメントが出たようです。

バックミラー 2018-08-13

RVM的な何か。

ポルシェ ケイマン R-GT仕様(コンセプトモデル)

情報源: WRC第9戦ドイツにラリー仕様のケイマンGT4が登場。将来的な販売も見据えたコンセプトモデル

FIAは今年のWRCから、「GTカー」の参戦を促すべく、R-GTカーカテゴリを設け、ターマックラリーのみ年5戦のリーグを行っています。ラリー・ドイツもその対象となる1戦で、その場にて、ポルシェがケイマンのR-GT仕様のコンセプトカーをお披露目しました。ケイマンGT4に比べSUVにも見えそうな高い車高、補助灯の装備、屋根の大きなベンチレーター、鋼板で保護された床面とラリーカー然とした外観をしています。

R-GTはブランパンGTなどと同様にジェントルマンドライバーによる参戦を主眼としていて、WRC/WRC2よりも格段のコスト低減が求められます。逆にメーカーから見ると、今のブランパンGT4と同等ぐらいのカテゴリで展開させるビジネスになります。

NASCAR ワトキンズ・グレン

オーバルコースのイメージが強いNASCARですが、年に2戦だけロードレースがあり、そのうちの1戦が、ワトキンズ・グレンで行われます。Forzaシリーズのプレーヤーにはなじみが有るサーキットですね。という事で、珍しいロードレースなので取り上げて見ました。

日本人にはなじみが薄いNASCARですが、日テレG+では放送もしていますし、見出すと面白いのですよ。なんて言うかとっつきにくいのですが、レースルールや、チーム戦略的なところがわかってくると面白く、何となく楽しくなっていくさ加減がアメフトに似ています。

レースリザルト

あと、NASCARと言うと、NASCARのクルマのブレーキの話がブレンボのサイトにあり、面白かったのでリンクしておきます。

NASCARのブレーキにまつわる5つの誤解。実はF1とは全く違うのです。

Super Speed Way、ショートオーバル、ロードレース用などと、トラックに合わせてブレーキシステム自体が変更されているようです。一件古くさい進化が無いように見えるNASCARですが、各チームともそのレギュレーションの許す範囲内で、最大限の技術的なチャレンジを行っているようです。

バックミラー 2018-08-06 #SFormula #GT2 #SuperGT

RVM的な何か。

Super Formula SF19 TEST #2

来シーズンより使用されるSF19のテスト2日目の様子。HALO装着のテストも行われた。スーパーフォーミュラーとしては抜きやすい車をダラーラに発注したはずですが、テストした石浦選手と山本選手の感想としては「SF14よりもダウンフォースがあって早い」だったので、ダラーラがんばりすぎというか、今の水準で普通に作りすぎてしまった感もあります。ま、同じダラーラが作っているHaas速いしね。ただ、同じように注文したIndyCarは要求通りダウンフォース削ったら、還って危なくて近づけないので、抜きづらくなった(特にSSWで)みたいなこともあるので、やっぱりフォーミュラーカーの開発って難しいねと。

GT2クラス誕生か

“GT2”のネーミングが復活。SROが700馬力級の新カテゴリーを創設へ – AutoSport.jp

現在GT3の車両によるブランパンGTシリーズを主催するSROが、高性能スーパーカーをベースにした新たなカテゴリーとして「GT2」の名称を用いた新規定クラスを創設するとアナウンスした。これはGT3の上位クラスを創設すると言うよりも、GT3の車両が高性能になりすぎ、ジェントルマンドライバーがドライビング可能でなくなってしまっている現状を鑑み、新クラスを規定することでジェントルマンドライバーを対象とするような車両の製作と新規参入を狙ってのものとなるようです。

GT2ではGT3の560psにたいして、700ps相等の出力をターゲットにしているようで、GT3がウラカンや488 GTをベースにしているのに対して、GT2ではV12エンジンクラス、ランボルギーニ・アヴェンタドールやフェラーリ・312SFあたりがベースになることを想定しているようです。また、この出力クラスだとパガーニやケーニグセグなどの参戦の可能性も出てきます。

ただこうなってくるとACO/WECが来シーズンからの開始を予定している「ハイパーカークラス」との関係もめんどくさくなりそうですが、そこはノンハイブリットなのかハイブリットなのかとそもそもの車両コストの話になってくるのかもしれません。まぁこうなってくるとめんどくさいからACOの「ハイパーカークラス」は名前を「GT1」にしたらと思ってしまいます。実際のところ、そこより問題になりそうなのがACO/WECのGTEとIMSAのGTLMで、仮にフェラーリやポルシェがGT3もGT2も作るとなってきたときに、GTE/GTLMまで作っていられるかというのもあり、玉突きのようにそこも動きが出てくるのかもしれません。

続きを読む バックミラー 2018-08-06 #SFormula #GT2 #SuperGT

バックミラー 2018-07-30 #ABBFormulaE #F1 #Spa24h #Indycar

Patrick Dempsey Drives Formula E Car In New York City!

WECのGTE AMA部門のデンプシー・プロトンレーシングチームのチームオーナーで俳優のPatrick Dempsey氏がNYC ePrixでGen.1のクルマを運転されたときの模様です。お、Formula Eにも参戦ですか?って感じでしょうか。Formula Eもオフシーズンファンを楽しませようといろいろと出してきますね。

F1 R12 ハンガリーグランプリ

序盤、スタートでルクレールがフォースインディアのクルマと接触し、メカニカルトラブルでリタイア、フェルスタッペンはパワーダウンし7周目でリタイアとなってしまいました。前戦はリカルドで発生しており、ルノーパワーユニットってという感じでしょうか。ガスリーが5位を順調にキープ。ハートレーも9位をキープし、序盤を見る限りトロロッソ・ホンダに必要なのは予選一発の速さという感じもします。

終盤、ヴァンドーンのギアボックスが壊れリタイア。ヴェッテルがボッタスを抜けずお付き合いしてしまい、優勝のチャンスを失うかに見えました残り5週でボッタスにアタック、追い抜ましたが、この時にボッタスと接触してしまいました。この接触でボッタスはフロントウイングを損傷し、これは審議。ボッタスは接触して失ったタイムとペースが上がらず、リカルドに追いつかれ、リカルドに追い抜かれそうになったところで、今度はリカルドと接触、両者ダメージを受けこれもレース後審議に。ボッタスはチーム指示でリカルドの譲りました。6位ガスリーと7位マグネッセンが地味に2番手争いより早いタイムで6位7位の攻防を繰り広げていて、面白いレースを繰り広げていました。

続きを読む バックミラー 2018-07-30 #ABBFormulaE #F1 #Spa24h #Indycar

Aventador SVJ がニュルブルクリンク 北コース市販車最高タイムを記録と発表

The new Lamborghini Aventador SVJ surprised us ahead of its unveiling that will take place in August during Monterey Car Week

情報源: Aventador SVJ Sets Nürburgring Lap Record Ahead of its Unveiling

どの自動会社もどうしてもニュルブルクリンク北コースのラップタイム記録を塗り替える誘惑に駆られるらしく、昨年Huracan Performanteで最速記録を作ったランボルギーニですが、その後EVのNio EP9にラップタイムを更新されたため、今度はV12の新型Aventador SVJでそのタイムを更新したようです。記録したラップタイムは6:44.97、Nio EP9が6:45.9のタイムなので、およそ1秒削ったことになります。

Microsoft と Hendrick Motorsports リニューイノベーションパートナーシップを締結

Official Site of Hendrick Motorsports NASCAR Racing & Team Store

情報源: Microsoft and Hendrick Motorsports renew innovative partnership | Hendrick Motorsports

NASCARに参戦しているヘンドリックモータースポーツがマイクロソフトとリニューイノベーションパートナーシップを締結し、レースアナリシスやレースストラテジーの作成に、マイクロソフトのクラウド技術やAI技術を用いていくとのこと。

既にモータースポーツでは同様のアライアンスはF1のルノーチームや、WRCのトヨタ・ガズー・レーシングチームとの間でも結ばれています。

本件に関してはこちらもご覧ください。

Motor sports engineer Alba Colón breaks barriers, goes digital for speed and wins | Transform

Ken BlockのFord Escort Cosworthが丸焼け

アメリカ国内ラリーにFord Escort Cosworthで参戦していたケンブロックが、SSアタック中にEscortを横転させ、燃やしてしまいました。

ケン・ブロックとコドライバーのアレックス・ゲルソミーノは無事だったようです。

特に北米では超貴重なのに。もったいないですねぇ。みんなも峠攻めるときは気をつけような。

さすがにForzaで無茶やっても燃えない。