「Cloud Computing」カテゴリーアーカイブ

MSDNマガジンConnect(); 2016特集号

情報源: Connect(); 2016

日本語版はまだですが、現在開催されているConnect(); 2016のMSDNマガジン特集号が公開されました。

Blogを追いかけるのも良いのですが、全体サマリをそれなりの深度で確認されたい方はまずこれを呼んでから、公開されたセッションビデオを見てみるのも良いかと思います。

セッションビデオは以下で公開されるはず。

https://channel9.msdn.com/Events/Connect/2016

Google Cloud Platformで東京リージョン開設 

東京 Google Cloud Platform リージョンにデプロイすることで、日本国内のユーザーに向けて、より高レスポンス、低レイテンシーの体験を届けることができます

情報源: 東京 GCP リージョン  |  Google Cloud Platform

Google Cloud Platformもとうとう国内リージョンが出来ました。今までは最寄りが台湾だったので、社内規を含む法規的な問題やレイテンシー的な問題を抱えていた人にとっては朗報かと。この勢いで西日本か北海道あたりにもう一つリージョンが出来てディザスタ出来るようになるといいですね。

【どうかしている】そうだコンテナー データセンターを作ろう (Part1. 用地選定編) – 一身独立して、一国独立す。

情報源: そうだコンテナー データセンターを作ろう (Part1. 用地選定編) – 一身独立して、一国独立す。

正直どうかしていると思うけど、生暖かく次を楽しみにしている。

土地選びからなので何時終わるかわからないけど、DCって言うなら、電源引けるとのかとか、そもそもネットを引けるのかみたいな確認から入らないと。田舎は土地が安いけど、フレッツですら引けないとか、CATVしかないみたいな感じで、いざコンテナを置いても草も生えないみたいになる。衛星使う?

ま、安い山林や別荘用地なら伊豆にもいっぱいあるよ。別荘用地なら電源は何とかなるけど、ネットはまず無理。

Microsoft reimagines open source cloud hardware 

Tomorrow, I’ll be speaking at Zettastructure: The European Digital Infrastructure Summit hosted by Datacenter Dynamics in London.

情報源: Microsoft reimagines open source cloud hardware | ブログ | Microsoft A…

MSがOpen Compute Projectの一環として新しいデーターセンター向けサーバーの仕様を公開しました。

以下のGitHubで公開されています。

https://github.com/opencomputeproject/Project_Olympus

ストレージとしてM2なNVMeが重視されていたり、PCIex16のスロットが複数用意する必要があったりで、「50GbのNICとかNとか必要ですもんね。」とか様々な知見を得ること出来るんじゃないでしょうか。

情報源のリンクにはラッキングの情報とかも若干あるので興味のある人はぜひご覧ください。

JAZUG 6周年総会 LIVE配信

LIVE:

本日開催です。申し込まれた方はお忘れ無きようにご参加を。

場所:東京都港区六本木一丁目四番五号 アークヒルズサウスタワー 5F (株式会社gloops (グループス))

日時: 2016年9月3日 13:00開場、13:30より開始、開場での懇親会含めての終了が20時予定
詳しくは: http://jazug.connpass.com/event/36971/

Tweetする場合のハッシュタグは #jazug #azurejp です。

Windows 10開発者用体験版仮想マシン 2016年8月

We’re releasing the August 2016 edition of our evaluation Windows developer virtual machines (VM) on Windows Dev Center. The VMs come in Hyper-V, Parallels, VirtualBox, and VMWare flavors and will …

情報源: August 2016 evaluation Windows developer virtual machines

Windows 10のアップデートに合わせて、開発用VMもアップデートされました。

内容:

  • Windows 10 Enterprise Evaluation, Version 1607
  • Visual Studio 2015 Community Update 3 (Build 14.0.25425.01)
  • Windows developer SDK and tools (Build 14393)
  • Microsoft Azure SDK for .NET (Build 2.9.1)
  • Windows Bridge for iOS (Build 0.1.160728)
  • Windows UWP samples (Build 3.0.0)
  • Windows Bridge for iOS samples

ダウンロード: https://developer.microsoft.com/en-us/windows/downloads/virtual-machines

ダウンロード可能なVMはVMware, Hyper-V, VirtualBox, Parallels向けとなっています。

【学生限定】Microsoftプログラミング技術全国ハンズオンツアー -浜松会場

情報源: 【学生限定】Microsoftプログラミング技術全国ハンズオンツアー -浜松会場- – connpass

Microsoft Student Partnersの主催で8月11日、来週木曜日、山の日に、静大浜松キャンパスで開催されます。

MSP主催のため学生限定です。学生証を持っていないおっさんは参加出来ないみたいです。

急なお知らせで申し訳ありませんが、県内理工系の学生、専門学校生、高校生のみなさんは参加されてみてはどうでしょうか。

参加費自体は無料ですが、会場までは自力で行く必要があります。また、ハンズオン主体の実習のため、Azureのハンズオン以外以下の用意が必要です。

参加されたい方や、勉強会の詳細内容については上情報源にありますリンク先のConnpassのページを確認してください。

Windows 8/2012 以前のインターネット接続がない環境への SQL Server Management Studio のインストールが失敗する 

情報源: Windows 8/2012 以前のインターネット接続がない環境への SQL Server Management Studio のインストールが失敗する | Microsoft SQL Server Japan Support Team Blog

インストール時に.NET Framework 4.6.1が要求されるので、Windows 7以前の環境はそこで場外される形になるので、問題になるのはWindows 7環境だと思います。

SQL Server 2016としてはWindows 7はサポート対象外でインストールも出来ませんが、SSMSは可能なので、こういうこともある感じでしょうか。まぁSSMSがSQL Serverとは分離されてリリースされるようになりましたが、明確にSSMSのRequirement Specが記述されているところがないようなので、リリースノート当たりに書かれると良いかなと思ったり。

今後ですが、SQL Server 本体がサポート外ということも有って、新しいSSMSを使う場合にはOSもWindows 7からWindows 10に上げておく方がトラブルは少ないかなと思います。

参考: SQL Server 2016 Requirement Spec https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms143506.aspx