「Visual Studio」カテゴリーアーカイブ

Announcing TypeScript 2.2 

情報源: Announcing TypeScript 2.2 | TypeScript

2.2がリリースされました。

以下のサイトで試すことが出来ます。

https://www.typescriptlang.org/play/

VS拡張込みのインストーラー、各エディタ、IDEの拡張については以下を。

https://www.typescriptlang.org/index.html#download-links

ドキュメント

https://github.com/Microsoft/TypeScript/blob/master/doc/spec.md

https://github.com/Microsoft/TypeScript/blob/master/doc/TypeScript%20Language%20Specification.docx?raw=true

https://github.com/Microsoft/TypeScript/blob/master/doc/TypeScript%20Language%20Specification.pdf?raw=true

GitHub

https://github.com/Microsoft/TypeScript

State of the union: ReSharper C# 7 and VB.NET 15 support 

When we released ReSharper 2016.3 (and earlier this week, ReSharper 2017.1 EAP), we introduced initial support for C# 7 and VB.NET 15. For example, ReSharper now understands binary literals and digit separators, as well as local functions with several inspections. … Continue reading →

情報源: State of the union: ReSharper C# 7 and VB.NET 15 support – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

Resharper次バージョンでのC# 7対応についての記事。

Use Visual C++ for Linux to build and debug C++ code on the Windows Subsystem for Linux 

情報源: Use Visual C++ for Linux to build and debug C++ code on the Windows Subsystem for Linux – Windows Command Line Tools For Developers

むかしWSLではsshdなんて動かさないんだって読んだことがあるような気もしなくも無いのですが、sshを使って、WSL上で動作するLinuxのアプリケーションをVisual Studioでリモートデバッグできるようになるらしいです。組合せ的にはWindows 10 Creators UpdateのWSL+Visual Studio 2017(RTM)もしくはその最新プレビュー同士という事になりそうです。準備手順的には以下のURL

https://blogs.msdn.microsoft.com/vcblog/2017/02/08/targeting-windows-subsystem-for-linux-from-visual-studio/

また、先に行われたWindows Developer DayではJavaやPostgresSQLに関する発表もあったらしく、結局何でもありな感じになりそうです。

ただ、まぁWSLでサーバー運用しようとかは考えない方が絶対に良いとは思いますけどね。

Join Us: Visual Studio 2017 Launch Event and 20th Anniversary

Join Us: Visual Studio 2017 Launch Event and 20th Anniversary

Visual StudioがBoland(当時)の開発スイートに対抗するため、1997年にVisual C++、Visual Basic、新たに加わったVisual J++、Visual Inter Dev、Visual Source Safeの開発スイート製品として1997年に登場してから20年になりました。

上はセットアップウイザードの画面。ちなみに日本語版だとFoxProが無い。ちょうどMSがWindowsNT 4.0とDCOM, MS-DTC, MTS, MS MQ, IIS/ASP, そしてSQL Serverを出して、Windowsが本格的にエンタープライズアプリケーションのプラットフォームとなるべく、Windows DNAを提唱した頃です。Visual StudioはこのWindows DNAの開発に最適として発売されました。

この時からVisual Studioを使い始めたので、私も使い始めて丸20年と言うことに。(日本語版の発売は2月ではなく夏ぐらいだった気がするけど)

そして、

Today, I’m proud and humbled that Visual Studio is turning twenty – we’re celebrating two decades of Visual Studio! As we hit this great milestone, I’m also excited to announce that Visual Studio 2017 will be released on March 7.

Visual Studio 2017のリリースが3/7に決まりました。そして、同日以下のURLにてライブストリーミングイベントが行われます。

https://launch.visualstudio.com/

てっきりVS2017のリリースはBuild://だと思っていたので、以外と早く先に出してしまうんだと思いましたが、Windows 10 Creators Update(RS2)対応もあるので、それに間に合うようにって感じですかね。

Visual Studio Code January 2017(1.9)

リリースノート: Visual Studio Code January 2017

Version 1.9がリリースされました。

起動画面がすごくMS製品っぽくなりました。

その他、地味に漢字が2文字幅になっているとかその他変更点多数なので上リリースノートにてご確認ください。

なんかTwitterにちらほら不具合報告も流れているので、すぐにまたアップデートが来そうな予感。

Git Virtual File System

Microsoft/GVFS : https://github.com/Microsoft/GVFS.git

WindowsでのGitが余りにも遅いと言われるからか、MSがGit用の仮想ファイルシステムを作り始めてしまったようです。

簡単に言うと、GVFSを使ってCloneすると実際にはその時点では実際には何も落ちてきていなくて、必要なときに必要なファイルだけダウンロードするので、「遅い」ローカルファイルに多数のファイルが実施には無く、Gitコマンドとのやりとりは実際のファイルシステムでは無く、GVFSが受け持つので、Gitのチェックアウトやステータスコマンドのレスポンスが向上するという仕組みのようです。

この仕組みだけ読むと、ローカルでビルドしようとしたら全部のオブジェクトをダウンロードしてしまうので、結局いつも通りなのでは?と言おう疑問がわくのですが、どうなんですかね。ただ実際のところGVFSがfscacheの変わりをすると考えるとそれでもそれなりのレスポンス向上は望めるのかもしれません。

また、現状使用するに当たってはGVFS用のGit for Windowsも必要になっています。(以下)

https://github.com/Microsoft/git/releases/tag/gvfs.preview

まぁこれはGVFSが安定してリリースとなれば、本体側にマージされるんじゃ無いでしょうか。現状メインのコントリビューターはかわらないので。

MSがGit for Windowsをフォークしたので何事かと思っていたらこういうことだったらしい。

GVFSは現状バイナリの配布は無く、ソースのビルドから始める必要があり、ビットロッカーもサポートしていません。当然プロダクション環境で使える物でも無いので、使ってみたい方は、GitHubのレポジトリのreadme.mdをよく読んで頂いてその手順で作業すれば良いんじゃ無いでしょうか。

私はそこまで速度に対する不満が無いので、しばらくは様子見かな。

追記(9:10):

Brian HarryがBlogにこれの開発いきさつを書いています。

Scaling Git (and some back story)

これによるとWindowsやOfficeのような巨大なコードベースに対応させるために自分たちが必要としたことが書かれており、これはちょっと期待しても良いのかもしれません。

また、実装がFUSEのようなWindowsの新しいフィルタドライバに依存して使用して作られていることが触れられています。(この辺の話かなhttps://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/drivers/ifs/file-system-filter-drivers)

参考:Announcing GVFS (Git Virtual File System)