Category Archives: Visual Studio

Visual Studio 2019 version 16.2 Preview 2

Download Visual Studio 2019 16.2 Preview 2 today with support for Microsoft Edge Insider, .NET productivity fixes and installer improvements

情報源: Visual Studio 2019 version 16.2 Preview 2 | The Visual Studio Blog

  • Microsoft Edge Insiderのサポート
  • Visual Studio Installerの改善
  • .NETの生産性の向上
    • usingのソート、不要なusingの削除を編集メニューに追加
    • switch分をswitch式に変更する機能の追加
  • コマンドラインでのインストーラーの改善

詳細は情報源へ。

Visual Studio Code May 2019

See what is new in the Visual Studio Code May 2019 Release (1.35)

情報源: Visual Studio Code May 2019

今月のアップデート。アイコンが変わりました。

その他につきましては情報源をご確認ください。

Performance Improvements in Visual Studio 2019

Performance has been a big focus area for Visual Studio 2019, with improvements in many areas, including: Faster Visual Studio startup Faster branch switching experience in Visual Studio C++ open folder – time to IntelliSense improvements Faster C++ compiler build times Faster debug stepping Debug extra large C++ codebases Faster installation updates Faster and clean startup Something you’ll notice when you open Visual Studio 2019 is its new start window.

情報源: Performance Improvements in Visual Studio 2019 | The Visual Studio Blog

Memo.

Visual Studio 2019 16.1

情報源: Visual Studio 2019 Release Notes | Microsoft Docs

出ております。IntelicodeがGAとなりました。.NET Core 3.0 PreviewでXAMLデザイナが使用可能になったようです。Git Clone時にSSHのURIが指定可能になりました。など。詳細は上リリースノートにてご確認ください。10:28現在日本語の方は更新されていません(English(United Statesに変えて見てね)。

F#の方向性の話

TL;DR We’ve moved the F# GitHub repository from microsoft/visualfsharp to dotnet/fsharp, as specified in the corresponding RFC. F# has a somewhat strange history in its name and brand. If we roll back the clocks to the year 2015, F# sort of had two identities.

情報源: The F# development home on GitHub is now dotnet/fsharp | .NET Blog

微妙な二系統の開発は止め、.NET Coreベースのオープンソースプロジェクトへの集約という事らしいです。

ReSharper Ultimate 2018.3.5とRider 2018.3.5リリース

Even after we roll out a new major version, older releases may still benefit from bugfix updates. This is why today we’re making available ReSharper Ultimate 2018.3.5 and Rider 2018.3.5. ReSharper Ultimate 2018.3.5 fixes a high memory usage issue on … Continue reading →

情報源: ReSharper Ultimate 2018.3.5 and Rider 2018.3.5 Are Released! – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

バグ修正です。詳細は情報源へ。

「Windowsアプリケーション」の方向性

Today at Microsoft Build 2019, Rajesh Jha and I will have the opportunity to share how developers can connect with customers in new ways and build people-centric experiences using the Microsoft 365 platform. I’ll focus on the two most ubiquitous canvases for developers – Windows and Microsoft Edge. Windows as a canvas for moving the […]

情報源: Developing people-centered experiences with Microsoft 365 – Windows Developer Blog

ここ10年ほどはWindowsがアプリケーションプラットフォームとして大混乱していました。Windowsをタブレット化するという試みは失敗し、Microsoftストアは失敗、スマートフォンからは撤退し、Windowsは、もはやコンシューマ向けアプリケーション・プラットフォームの主流ですらありません。

この記事はタイトルからはわかりにくいのですが、今後デスクトップ版のWindowsをアプリケーションプラットフォームとして、どうしていくかという事についての、Microsoftからのレターです。

今後、「Windowsアプリケーション」はUWPと既存のデスクトップアプリケーション開発環境(WPF, WinForms, Win32)との共存を強化し、既存のデスクトップアプリケーション開発環境からUWPにしかなかった機能をそれらから使用できるようにしていき、アプリケーションの配布もMicrosoft Storeにこだわらず、最適な手段を選択できるようになります。

WSL2や新ターミナルなど、デスクトップ版Windowsの開発用機材としての機能強化が強調されており、より開発者サイドへの傾注が示されています。簡単に言ってしまえば、Macに奪われた開発者用プラットフォームとしての位置を取り戻したいのです。

また、このレターが”Developing people-centered experiences with Microsoft 365″となっていることについても注意を払うべきでしょう。もはや、Microsoftにとって、デスクトップ版WindowsはMicrosft 365と言うサービスの1アセットだという事です。特にエンタープライズ向けのアプリケーション開発者や、アプリケーション開発会社にとっては、この事を踏まえて、使用する技術の選定や製品の方向性を考えていくことが重要でしょう。

参照するべきページ:

UWP controls in desktop applications – Windows UWP applications | Microsoft Docs

Windows UI library – Windows UWP applications | Microsoft Docs

UWPとWin32のギャップをなくし”Windowsアプリ”に?–MS幹部が方向性など語る – ZDNet Japan

Linux Development with C++ in Visual Studio 2019: WSL, ASan for Linux, Separation of Build and Debug | C++ Team Blog

In Visual Studio 2019 you can target both Windows and Linux from the comfort of a single IDE. In Visual Studio 2019 version 16.1 Preview 3 we announced several new features specific to the Linux Workload: native support for the Windows Subsystem for Linux (WSL),

情報源: Linux Development with C++ in Visual Studio 2019: WSL, ASan for Linux, Separation of Build and Debug | C++ Team Blog

Memo.