「Windows」カテゴリーアーカイブ

TechEd Yokohama 2006 1日目 BOF WEBサイト構築! DotNetNukeはこう使え

BOFの概要としてはDNNでのコンテンツ作成の仕方、スキンの作成方法、Starter Kitのインストールとモジュールの作成方法について。
モジュールの作成方法は基本的にWebコントロールを作るのと一緒。基本的なオブジェクトの構成が決まっている。(3つのビュークラスがあるとかほか。)
来月には日本語の本が出るかも。
関連サイト
DotNetNuke.jp
DotNetNuke – Web Application Framework

モジラ・ファウンデーション、マイクロソフトの開発協力を受け入れへ

モジラ、マイクロソフトの開発協力を受け入れへ – CNET Japan
一部で勝った負けたで盛り上がっているみたいだけど、これはどっちが勝った、負けたという話ではなくて、マイクロソフトにとっては純粋に商売上の話だし、モジラ・ファウンデーションにとってもメリットがあるから、MSの申し出うけるってだけの話だよね。
そもそもプラットフォームベンダーたるマイクロソフトにとっては自分たちが商品として提供するプラットフォーム製品である、Windows Vistaにおいてしっかりと動作し、そして出来ればVistaの新機能を使うアプリケーションソフトウェアが1つでも多くなればなるほど、プラットフォーム製品としての魅力が増すわけで、モジラ・ファウンデーションにちょっとぐらいリソースを使っても、全く問題ないどころか、大変有効な投資になる。Webブラウザは今でもPCのキラーアプリだ。
次に、現在マイクロソフトはSaaS企業「にも」なろうとしており、SaaSとしては特定のWebブラウザでしか動かないサービスは、ユーザーにとっての魅力が下がり、サービスとしての商品価値が低くなってしまう。したがって、この点でもモジラ・ファウンデーションとのチャンネルを作っておいた方が得策だ。
それにCSSやScriptなどの標準化等での両者の強調は必要だし、反目しあっていてもお互いのユーザーに対してデメリットしか与えないし、その結果お互いの収益にも悪い結果を出す。(モジラ・ファウンデーション非営利団体だとは言っても運営費は必要だ。沢山必要だ。)
ということで、両者はそれなりにWin-Winな関係を築けそうであり、ユーザーにとってもデメリットはないんじゃないかな。技術者がいまだにブラウザ戦争なんて幻想持っていたとしたら、賢い奴らに足下すくわれちゃうよ。
個人的にはCSSの解釈だけでも、はやいとこ統一してくれないかなとか、ECMA Scriptの改訂標準の対応は皆さんどうするおつもりで、特にMSさんはどうするおつもりでとか、このまま両者の関係がうまくいって解決してくれないかなと思う。

モジラ・ファウンデーション、マイクロソフトの開発協力を受け入れへ

モジラ、マイクロソフトの開発協力を受け入れへ – CNET Japan
一部で勝った負けたで盛り上がっているみたいだけど、これはどっちが勝った、負けたという話ではなくて、マイクロソフトにとっては純粋に商売上の話だし、モジラ・ファウンデーションにとってもメリットがあるから、MSの申し出うけるってだけの話だよね。
そもそもプラットフォームベンダーたるマイクロソフトにとっては自分たちが商品として提供するプラットフォーム製品である、Windows Vistaにおいてしっかりと動作し、そして出来ればVistaの新機能を使うアプリケーションソフトウェアが1つでも多くなればなるほど、プラットフォーム製品としての魅力が増すわけで、モジラ・ファウンデーションにちょっとぐらいリソースを使っても、全く問題ないどころか、大変有効な投資になる。Webブラウザは今でもPCのキラーアプリだ。
次に、現在マイクロソフトはSaaS企業「にも」なろうとしており、SaaSとしては特定のWebブラウザでしか動かないサービスは、ユーザーにとっての魅力が下がり、サービスとしての商品価値が低くなってしまう。したがって、この点でもモジラ・ファウンデーションとのチャンネルを作っておいた方が得策だ。
それにCSSやScriptなどの標準化等での両者の強調は必要だし、反目しあっていてもお互いのユーザーに対してデメリットしか与えないし、その結果お互いの収益にも悪い結果を出す。(モジラ・ファウンデーション非営利団体だとは言っても運営費は必要だ。沢山必要だ。)
ということで、両者はそれなりにWin-Winな関係を築けそうであり、ユーザーにとってもデメリットはないんじゃないかな。技術者がいまだにブラウザ戦争なんて幻想持っていたとしたら、賢い奴らに足下すくわれちゃうよ。
個人的にはCSSの解釈だけでも、はやいとこ統一してくれないかなとか、ECMA Scriptの改訂標準の対応は皆さんどうするおつもりで、特にMSさんはどうするおつもりでとか、このまま両者の関係がうまくいって解決してくれないかなと思う。

IE6 SP1向けパッチ(MS06-042)の更新

Win2k SP3, WinXP SP1上のIE6 SP1でHTTP 1.1が有効になっているサイトを閲覧するとIEが落ちてしまう問題があったセキュリティパッチMS06-042が、この問題を対策し更新された。
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (918899) (MS06-042)
元ネタ:
MS06-042 の再リリース (その2)

答えてネット サービス停止中

答えてねっと サービス停止中
答えてねっとご利用の皆様へのお詫び
とうとう動かないコンピュータに書かれてしまったようですが。
この文面だと復旧の目処は立ったけど、いつから再開できるか言えないと言ったところでしょうか。

答えてねっとが安定稼動した際は、システム開発の観点から、今回学んだ内容をパートナー様および開発者の方と共有させていただく予定です。方法や内容につきましては、答えてねっと上にて改めてご案内させていただきます。

これには期待しています。

Windows Principles Twelve Tenets to Promote Competition

Windows Principles: Twelve Tenets to Promote Competition
マイクロソフトがかつて司法省との間で反トラスト法に関する裁判を争いその中で色々な規定がなされたが、それの多くが2007年11月に切れる。このことにより、ある種の危惧が業界内にあるわけだけど、この12箇条からなる「原則」はその危惧を打ち消すためのものだ。
1から5条ではPCベンダに対する保証が書かれていて、PCにインストールするOSを自由に選択できること、デスクトップ任意のショートカットを作ってかまわないこと、任意のソフトウェアをインストールして出荷できることなどを認めるとしている。
6から9条では開発者に関すること、APIに関するリソース(SDK、文書)を公開すること、Windows LiveをWindowsから切り離すこと、Microsoftの競合製品の開発販売を阻害しないことなどについて書かれている。
10から12条では、ユーザーにとっての相互運用性に関することについて書いている。
この発表は大筋で現行の反トラスト法の規定はそのまま踏襲し、EUなどからの追求(僕は根拠がないと思うけど)に対して考慮をした内容になっていると思う。
これで色々な人の危惧がぬぐえればいいけど、これはこれでまた議論を呼びそうな気もする。まぁ結局坊主憎けりゃ袈裟までと言うことなんだろうな。