「.NET」カテゴリーアーカイブ

Visual Basic 2005について

Visual Basic 2005 使ってみました? – ディベロッパー製品開発統括部 Blog

現在提供中の Visual Studio 2005 Beta1に関するユーザーからのレポートの中に、Visual Basic に関するものが、割合として極端に少ないんです。この状況は、実は今に始まった事ではないけれど、Visual Basic の開発者数を考えると、もう少し多くの声を聞きたい気がします

VisualBasicが対象としている利用者は基本的にソフトウェア開発を専門としていないが、プログラミング環境を必要としているプロフェッショナルになると思うのですが、そもそもこのようなニーズが日本に無いというのが大きいのでは。
基本的にそこのマーケットではVBAで済んでいるか、ソフトウェア開発会社による受託開発になっていると思います。つまりは本質的にVBに対するニーズが無いのです。
また、日本国内の多くのVBプログラマにとっては、VBでのクラスプログラミングや、Windows DNAでのソフトウェ開発を無視してきたので、OOPの壁が大きく、C#で習得しなおしてもそれ程のコストアップにはならないからなのでは。また、この層ではそもそも言語や開発環境に対する興味や希望が希薄なのかもしれません。(2・3顔が浮かびます。)
開発環境のベータをインストールして試してみようというユーザー層と、現在のVBユーザー層とはちょっと違うんだと思います。
ぜひぜひ反論キボンヌ。

スルガ銀行:次期基幹システムにIBMの次世代金融サービス・システム (NEFSS) を採用

スルガ銀行:次期基幹システムにIBMの次世代金融サービス・システム (NEFSS) を採用
地元の銀行なので反応。
もともと最近駿河銀行は、田舎の銀行にしては新しいサービスを次々と始めて中々注目に値にしているのですが、今度は思い切って、オープン系システムとIBMのパッケージを使用して基幹システムの再構築を行うようです。
ユニシスといい、最近は金融機関向けの勘定系も脱メインフレームの方向に向かいつつあるようですね。
2007年問題もありますし。
最近第一期オンラインシステムを立ち上げてきた方たちの体験だとか読んでみたいなぁと思ったりします。いっちゃなんですが、あのリソースで全国規模のオンラインシステムを立ち上げたんだから、きっと外野的には面白い話に違いないと思うんですけど。(プロジェクトXはやめて)

Visual Studio 2005: Domain Specific Language (DSL) Tools

Visual Studio 2005: Domain Specific Language (DSL) Tools

This download contains a graphical designer hosted in Visual Studio 2005 for designing and editing the concepts (or metamodel) of visual domain specific languages.

ということで、OOPSLAで発表されたDSL Toolがダウンロードできるようになりました。
インストール手順は以下のとおり。
このDSL SDKのインストール前にVSIP 2005 SDKのインストールが必要になるので、以下からダウンロードしてインストールする。
VSIP SDK 2005 Beta 1
次にダウンロードしたDSL CTPをインストールする。
次にDSL CTPのReadmeに書かれているように、VSへのパスの通ったコマンドプロンプトを開き、
devenv /resetuserdata
とコマンド打つ。
このCTPにより追加されたダイアグラムについては以下を参照。
Walkthrough of the Microsoft Tools for Domain Specific Languages
DSL TOOLの使い方もここに書かれています。
一応日本語ベータ1にもインストールできました。
Corona
スクリーンショット

VSTFのライセンス

はてなダイアリー – aspxの日記から

VSTSは開発メンバー一人一人に必要だとして、
VSTFはサーバシステムに近い立場だと思うので、
CALかなにかが提供されるのであろうか。

たぶんWindows ServerのCALとSQL ServerのCALは別途必要で、VSTF自体のラインセンスはVSTSに含まれるのではないでしょうか。
でもSBSみたいな形でパッケージ化されたCALもほしいですよね。
マネージャとかPMな人には必ずしもVSは必要ないですし。
しかしこう考えるとコスト的にしきいが高い。

ソフトウェアファクトリ

名無しさん#さんのblogで紹介されていますが、今バンクーバで行われているOOPSLAにて、マイクロソフトからソフトウェアファクトリと、VS2005 TSに関するプレスリリースが出されました。
Microsoft Grows Partner Ecosystem Around Visual Studio 2005 Team System
http://www.microsoft.com/presspass/press/2004/oct04/10-26oopslaecosystempr.asp
このプレスリリースについては前半でVS2005 TSのCTPが発表され、パートナーとしてBorland等も加わったこと、後半では、MSのソフトウェアファクトリへの取り込みと、その見通しについて発表されています。
また、ソフトウェアファクトリについては以下のサイトを参照してください。
Microsoft : Architects JOURNAL : The Case for Software Factories
http://msdn.microsoft.com/architecture/journal/default.aspx?pull=/library/en-us/dnmaj/html/aj3softfac.asp
Software Factories :
http://softwarefactories.com/index.html

続きを読む ソフトウェアファクトリ

Excelってさぁ

ExcelはWebアプリケーションのデータストアとして使っちゃイカン。というか大丈夫なの?
後イントラ環境でExcel使いたいなら、別にIEの中にOLEで呼び出せばいいでしょ。Webというか、HTMLなんてかぶせる必要ないじゃん。
なんか最近ASPからExcelにさわりたいって感じの投稿が散見されますけど、まずそこら辺のやり方って言うか、ソフトウェアシステムの構造は見直した方が良いです。
あーつづきのExcel VBAの火消し作業を続けよう。

Microsoft Solution Framework

マイクロソフトのWebにMSF:Microsoft Solution Frameworkのページが出来ました。
Microsoft Solution Frameworkはマイクロソフトが提供するソフトウエア開発プロセスモデルです。マクロソフトはこれを方法論とは呼ばずに、他の方法論より柔軟で広範であるとしてフレームワークと呼んでいます。
また、VisualStudio 2005 Team Serviceとして提供される各製品はこのMSFを前提として作られていると考えられますので、Team Serviceの導入を考えられてる方は、これから翻訳されて行くであろうホワイトペーパに目を通されておくと良いでしょう。
基本的にモデリングツールや、開発支援パッケージという者は、開発プロセスと密接に結びつく者なので、TeamServiceを有効活用していくためにはMSFの導入や理解が不可欠であると思います。

Cω再考

Cωはデータアクセスレイヤーなるものを駆逐してしまうので、要求にのみ注力してコードを書くことができます。その点で既存のオブジェクト指向言語に比べて、非常に軽くソフトウェア開発を行うことができるようになると思います。ただしその前提として、データベース内のオブジェクトは固定、使用するXMLファイルのスキーマも固定という条件がつきます。つまり、かなり確度の高いレベルまでデータモデリングを行った上でないと、ドメインロジックの構築は行えません。その点は注意が必要で、OOA→OOPという流れはとらないほうが無難です。(というか無理)
まぁそもそもCωがオブジェクト指向言語かって言うと、一味も二味も違うと思います。
それに真剣に業務に使っちゃたぶんだめです。
Ruby並とは言わないまでも、かなりLWな言語であるのは間違いないので、○スキーで256倍本でも出せば、爆発的に普及・・しないなやっぱ。