「.NET」カテゴリーアーカイブ

.NET IDE, Rider RTM (2017.1)

情報源: Rider 2017.1 – JetBrains .NET IDE hits RTM – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

InteliJ IDEAなどを手がけるJetBrainsが開発する、.NET開発用マルチプラットフォーム(Windows, Linux, Mac)IDEであるRiderが正式リリースとなりました。

ダウンロード

購入

Riderとは?

Riderはマルチプラットフォーム(Windows, Linux, Mac)で動作する.NET開発用のIDE(統合開発環境)で、ASP.NET、.NET Core、.NET Framework、Mono、Xamarin、Unityの開発をサポートしています。ただし、Windows Forms、WPFなどWindowsのGUI開発用のデザイナー等は有りません。

Riderがサポートするプログラミング言語は、C#, VB, F#, ASP.NET’s Razor syntax, JavaScript, TypeScript, XAML, HTML, CSS, SCSS, LESS, JSON, SQLとなっています。

Riderの機能セットには、サポートされている言語、500以上のリファクタリング、さまざまなコードベースナビゲーションヘルパ、単体テストランナー、デバッガ、豊富なコーディング支援、さらに高度なIDE機能など、2,000以上のライブコード検査が含まれています。

以下の図が現状Riderで用意されているプロジェクトテンプレートとなります。

Riderのライセンス

Riderのライセンスはサブスクリプションのみとなっており、価格については以下のBlogもしくは上「購入」のリンク先を参照してください。

既に、JetBrainsのAll Productsライセンスのサブスクリプションをお持ちであれば、追加のライセンスは必要ありません。

Rider: licensing and pricing – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

Riderの今後

今年少なくとも二つのリリースを予定しており、一つ目はどうしても回避できないバグ修正リリースを数週間後に。二つ目は秋頃に予定しているメジャーリリース(2017.2)を予定されています。このメジャーリリースでは、MSTestと.NET Core 2.0のサポートが目指されています。

また、フィードバック、バグ報告については以下で受け付けられています。

サポートフォーラム

イシュートラッカー

ということで、ついにRTMとなりました。

Riderは簡単に言ってしまうとInteliJ IDEAのIDEフレームワーク+ReSharper+αです。このため、InteliJ等JetBrainsのIDEになじみ深い人にとっても使いやすいIDE接続のとなっていますし、Visual Studio + ReSharperのユーザーに取ってみるとReSharperの強力なコード解析機能やリファクタリング機能をMacやLinuxでも使用する事を意味しています。

VS Code, Visual Studio for Mac、そしてRiderと.NETのクロスプラットフォームな開発環境もそろってきて、益々楽しみな状態になってきました。

追記(2017/08/05)

サムライズムさんからなら日本円でクレカ決済、銀行振り込みでライセンス購入が可能です。

Rider | サムライズム

The new .NET Application Architecture Guidance

情報源: The new .NET Application Architecture Guidance | .NET Blog

Microsoftが不定期に更新しているエンタープライズアプリケーション向けのアーキテクチャガイドラインが更新されました。

正直若干もにょる。こうなるのは判るのだけど、現実とのギャップが眩しすぎてね。

これに関する電子書籍(英語)は以下よりダウンロードが可能です。

.NET Application Architecture Guidance

Terse syntax C# command line parser for .NET with F# support

Terse syntax C# command line parser for .NET with F# support

Memo.

コマンドラインパーサー。

パース設定:

パース:

I18N: .NET Core 2.0 Globalization Invariant Mode

.NET Core 2.0 Globalization Invariant Mode · Issue #20 · dotnet/announcements

.NET Core 2.0からGlobalization Invariant Modeが追加されます。これは、アプリケーションから、Globalization機能、特にロケールに関する処理を実質的に削除するモードです。.NET CoreのGlobalization機能はアプリケーションが動作するOSのその機能に依存します。(LinuxはICUに依存)しかし、この機能はそれなりな大きさになることと、実動作がプラットフォーム依存となるため、OSやOS/ライブラリのバージョンにより、文字列ソートなどにおいてアプリケーションが動作するプラットフォームごとに異なる結果になってしまうことが予想されます。このようなことから、特にGlobalization機能は必要ないのでアプリケーションのフットプリントを軽くしたい、あるいは、クロスプラットフォームで厳密に実行結果を合わせたいので、独自ライブラリの使用や自己実装の手間をいとわない場合に使用することが出来ます。

特に今までI18N/G17Nに関わってきた方たちに注意して欲しいのは、このモードはロケール中立ではなく、これはあくまでも「Invariant Language (Invariant Country)」というロケール・カルチュアだと言うところです。従って、先ほどの後者を実現するには、既存の.NETが持つG17N機能は一切使用できないと考え、全くの独自実装が必要になると考えられます。

このモードの詳細については以下のドキュメントをご確認ください。

corefx/globalization-invariant-mode.md at master · dotnet/corefx

RiderがRelease Candidateとなりました

Good news, everyone! GREAT news everyone! The Rider Release Candidate (RC) build is now available for download!  With this Release Candidate, we’re taking a big step towards Rider’s first release, we’re almost there. The RC is a release configuration build, … Continue reading →

情報源: Rider Release Candidate: performance, refactorings, Unity and more! – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

JetBrainsが開発しているC#用IDEであるRiderがRCになりました。

今回は主にパフォーマンスとリファクタリング機能の向上、Unityのサポート、webstormからの機能移植、デバッガの強化、VB.NETタイピングアシストの追加、NuGetプライベートフィード認証の実装、いくつかのバグの修正などが行われました。

パフォーマンスの向上

  • 5~10秒早く起動するようにしました。
  • F#エディタのパフォーマンスが向上しました。
  • NuGetの復元を最適化しました。
  • コードフォーマットの不要な呼び出しを無くし、編集とリファクタリングをスムーズにしました。
  • プロジェクトに含まれていないファイルを開くときにソリューション全体の分析が実行されなくなりました。

NuGetプライベートフィード認証のサポート

プライベートなNuGetライブラリにアクセスする際の資格情報を指定する機能が追加されました。

デバッガの改良

ジェネリック、拡張メソッドの式評価が可能となりました。現在のところは.NETと.NET Coreのみで、monoでは動作しませんが動作するよう作業が進められています。

Visual Basicタイピング支援

Sub/Function/Class/While/をタイプしたときに自動的にそれらのEndが追加されるようになりました。また、自動テンプレートにカスタムのイベントの追加時に必要なプロパティが追加されるよう機能が追加されました。

UnityとShaderLab

Unityでは、ShaderLab構文の強調表示とエラー分析を追加しました。初期コード補完サポート、TODOコメント、コメント/コメント解除キーボードショートカット、コード折りたたみサポートも追加されました。

リファクタリング

メンバーやメソッドをパーシャルクラスに分離するための Extract Members to Partialコマンドが追加されました。

WebStormのWeb開発機能

JavaScript、TypeScript、CSS、HTMLに関する機能はReSharperとWebstormで重なっている機能が有りますが、これらの機能に関してはWebStormからの移植となりました。

より多くの改善

.configおよびMSBuildファイルでナビゲーションの機能がサポートされました。

ほか。

ダウンロード

https://www.jetbrains.com/rider/download

機能追加/変更の詳細については情報源のJetBrainsのBlogを参照してください。

Rider EAP 24 includes performance fixes, F# Interactive

情報源: Rider EAP 24 includes performance fixes, F# Interactive – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

主な変更点

  • パフォーマンスの改善
  • F#対話ウインドウ(REPL)の追加
  • Unityサポートでの変更
  • その他機能改善

ダウンロード: The latest Rider EAP build

Announcing .NET Core 2.0 Preview 2 , Announcing EF Core 2.0 Preview 2

Memo.

Coreに関してはまだ様子見モード。

Rider EAP 23: .NET Core debugger is back, Code Cleanup, and more

There’s a new Rider EAP build available for download, and it’s full of changes, large and small, including Code Cleanup, new project and solution settings, VB.NET project templates, F# unit testing, an updated console, per-framework Solution Wide Analysis results, as … Continue reading →

情報源: Rider EAP 23: .NET Core debugger is back, Code Cleanup, and more – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

JetBrainsのC# IDEであるRiderの新しいEAPです。

MacとLinuxに.net Coreのデバッガが戻ってきました。その他はコードクリーンアップ機能が追加され、F#のユニットテストを改善し、ターゲットのフレームワークを細かく指定できるようになり、プロジェクトの設定がより容易になり、web.configとMSBuildファイルでインテリセンスが働くようになり、コンソールが作り直されたほか、多くの改善が成されています。

ダウンロードは以下のサイトから。

https://www.jetbrains.com/rider/download/

.NET Core 2.0 Preview 1

情報源: Announcing .NET Core 2.0 Preview 1 | .NET Blog

Memo.

Release Note https://github.com/dotnet/core/blob/master/release-notes/2.0/2.0.0-preview1.md

2.0ではより広範なLinuxディストリビューション、BSDのサポートがされています。(作業中含む)

現在対応しているOSは以下の通り。(上リリースノートより引用)

OS Version Architectures Notes
Windows Client 7 SP1+ x64, x86
Windows Server 2008 R2 SP1+ x64, x86 Configurations: Full, Server Core, Nano
Windows IoT 10+ [C] arm32 IoT Core – see Raspberry Pi instructions
Red Hat Enterprise Linux 7.3+ x64 This includes Centos and Oracle Linux
Fedora 25+ x64
Debian 8.7+ x64 Debian 9 (Stretch) workaround
Ubuntu 14.04+ x64, [C] arm32 This includes Linux Mint 17 for x64
For arm32, see Raspberry Pi instructions
openSUSE 42.2+ x64
Tizen 4+ [S] arm32 Tizen .NET Developer Preview
Mac OS X 10.12+ x64
In Progress OS’s
Arch Linux [C] TBD TBD Blocked on missing OpenSSL 1.0 package in distro.
Arch Linux community efforts tracked here.
FreeBSD & NetBSD [C] TBD TBD Tracking main issue and label.
NetBSD packages for .NET Core 1.0.0
  • Note: The goal is to support these OS’s up to the version that has released when .NET Core 2.0 releases. Some will be officially supported by Microsoft and/or Samsung while others may be made available with community support. Entries will be supported by Microsoft per the Microsoft support policy except where support is explicitly called out as coming from elsewhere.
  • [S] This is supported by Samsung.
  • [C] This is supported by the Community

Visual Studio Preview2(15.3)

Visual Studio Preview Release Notes

情報源: Visual Studio Preview Release Notes

Visual Studio 2017 Preview2(15.3)が公開され、Previewも新シリーズになりました。

主な変更点:

  • .NET Framewrok 4.7
  • .NET Core 2.0
  • TypeScript 2.3RC
  • IDEの機能向上

詳細は情報源を確認ください。