「Visual Studio」カテゴリーアーカイブ

Mix 11 そして何故かMixでMicroFrameworkのセッション

4月12日(事前ワークショップからなら11日)からいつものようにラスベガスでMix 11が開催される事となり、機能から登録可能となっています。

また同時に予定されているセッション概要の発表とそれへの投票が始まりました。

巷ではSilverlight vs HTML5に注目が集まっているようですが、個人的にはそこではなくこのセッションが一押しですw

MicroFramework, the handle to the real world – Raffaele Rialdi

何故MixでMicroFramework?

Mixは基本的にWeb開発者・デザイナー向けのイベントなのに。はんだ付けの世界は似合わない。

でも最近のMicroFrameworkはネットともお友達らしいですよという事で注目なのかも。

(聞かなくなってしまったユビキタスコンピューティング。でもこれ、聞かなくなっただけでこれから社会全体のエネルギー効率化や幸福度の増加のためには必要な技術。そして、そこで拾われたデータを蓄積操作するプラットフォームはWeb技術になるはず。)

SQL Server エンタープライズ・データベース アカデミー

http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/fact/event/default.mspx

主催:マイクロソフト株式会社
日時:2011 年 2 月 23 日 (水) 13:30 (13:00開場) ~ 17:45
会場:富士ソフト秋葉原ビル アキバプラザ内アキバホール

ということで、MSが「閉幕。Oracle劇場。」と銘打ってSQL Serverのカンファレンスを秋葉原で開くようです。

かなりビッグな講師陣なので、SQL Serverを基幹業務に使っている方とか、使おうとしている方なんかは参加されるとよろしいんじゃないでしょうか。

2月の.NET関連本情報

2月は注目タイトルが目白押しというか、お財布の危機になるっぽいです。

Effective C# 4.0 Effective C# 4.0alt
ビル・ワグナー 鈴木 幸敏

翔泳社 2011-02-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Effective C#の最新改訂版が、上のように翻訳して来月発刊されるようです。

オライリー・ジャパン新刊・近刊情報

オライリーの新刊情報によると来月 Programming Windows Azure の翻訳がプログラミング Windows Azure として出版されるようです。原著は昨年5月の出版なので、SDK 1.3の情報を含んでいないはずですが、ネット(主にtwitter方面)の噂では、SDK 1.3に対応しているとのことです。期待しないわけにはいきませんね。

日経BP ブックス&テキスト 新刊案内

プログラミング.NET Framework 第3版が出版されるようです。もう言うまでもないですが、一歩前に進み出たい方、サーバーサービスを作る方、既存システムとの相互運用性が重要な方は必読です。

Orchard CMSはあきらめちゃうかも(追記:でも変なのは治ったような)

新生isisaka.comはOrchard CMS出始めてみたわけですが、ローカルの環境では出ない管理画面でなんか作業して数分たって、保存操作をすると認証エラーで再ログオンを求められるという事象が出ており、現状上手い解決方法がない感じです。設定ファイル見てもタイムアウトの設定は

<authentication mode=”Forms”>
<forms loginUrl=”~/Users/Account/AccessDenied” timeout=”2880″ />
</authentication>

とかなっていて笑っちゃうぐらい長い感じ(のはず)。

まぁローカルでは出ないので、 Express Web 上での問題っぽいので、なんかあんまり時間書けても(仕事じゃないし)仕方がない感じなので、HTML手書きでもいいかと思い始めているので、Orchardはあきらめちゃうかもという感じです。

追記:
shibayanさんのtwitでヒントをいただいて、ヒント通りにmachinekey設定したら、上の現象は出なくなりました。

上の内容をweb.configに足します。

ちなみに、Keyは以下のようなプログラムで作成しました。(元ネタ赤間本)

isisaka.com移管とOrchard CMSの感想など

isisaka.comをホスティングしていたCerviの廃業に伴い、isisaka.comをこのBlogと同じExpress Webに移管しました。先ほどDNS設定を変更しましたので、まだちゃんと表示できない方があるかもしれません。また旧isisaka.comでホストしていたBlogコンテンツは無くなりますのでよろしくお願いします。

image

また、サイト移管にあわせてCMSをDot Net Nukeから、リリースされたばかりのぴっかぴかのOrchard CMSに変更しました。

Orchardですが、まだリリースされたばかりなのもあって、先輩の Dotnet Nuke や Word Press に比べると、本体機能、プラグイン、追加テーマともとても少ないです。ですので、Orchard CMSはいまは完全に将来性買いで使うつもりじゃないと、何もなくていらいらするだろうと思います。どれぐらい機能が無いって外部サイトのRSSをリストで表示機能もありません。。

ただ、ViewにはRazorが使われていて、Themeも今のところシンプルなので、カスタマイズはしやすいかもしれません。

Microsoft.Web.Helpers ReCaptcha.GetHtml のオプション

ReCaptcha.GetHtmlのMSDNライブラリには、オプションで多言語化や表示テーマが変えられる旨が書かれていませんが、そこの変更でどのように変わるのかについては詳しく書かれていません。

具体的に引数に何を指定すればいいかという点については、もともとのreCAPTCHAのAPIを確認するしかないようです。これを見ると何をして縊死すればいいかわかります。

Customizing the Look and Feel of reCAPTCHA
http://code.google.com/intl/ja/apis/recaptcha/docs/customization.html

これを読むと、残念ながらlang引数に日本語を指定することは出来ないようですね。

Microsoft.Web.Helpers などのヘルパーのインストール方法

WebMatrixの場合

まずはWebMatrixをインストールします。

WebMatrixでサイトを作ります。

102

作ったサイトのサイトワークスペースで「ASP.NET Web ページの管理」をクリックして選択します。

103

デフォルトのブラウザが起動してサイトの管理パスワードの決定を求められるので、パスワードを決めて入力します。

104

ここに書かれている様にファイル名を変更し、ここをクリックをクリックします。

107

ブラウザでパスワードの入力を求められるので、先ほど決めたパスワードを入力します。

108

Webページ管理のページが表示されるので、ここから必要なヘルパーを入力します。

109

Microsoft.Web.Helpersであれば、上の丸で囲んだASP.NET WebHelper Libraly 1.1をインストールします。(基本的にチュートリアルの実行に必要なのでインストールしましょう)

110

111

インストール終了でこのような画面になります。

image

このようにXBox Liveのゲーマータグが表示される様にコードを追加します。

これを実行すると、次の様に表示されます。

image

Visual SutdioのMVC3プロジェクトの場合

MS エバンジェリストの井上さんに教えて頂きました。

MVC 3 RTMが正常にインストールされている状態で、MVC3でViewエンジンをRazorに設定したプロジェクトを作成します。

Visual Studioのメニューバーから「ツール」→「Package Manager Console」を選択し、選択すると

image

のようにコンソールが表示されるので、このウインドウ内のプロンプト「install-package microsoft-web-helpers」とコマンドを入力します。

こうすると、このプロジェクトにヘルパーのDLLが追加され、参照も追加されます。

元ネタ: http://twitter.com/#!/chack411/status/25603766413692928

ASP.NET MVC 3 RTMをインストールしてみた。

インストーラは途中のKBのインストールですごい時間がかかりますが、とりあえずほうっておくしかないので、我慢して待ってみましょう。それ以外は特に問題なく進むはず。

とりあえずインストールが済めばVS10にMVC3が追加されています。

001

プロジェクトを追加すると

002

View EngineとしてRazorが選択できます。

004

ViewのページがRazorを使用する様になっています。

あと、問題点的なこととしては、 MVC 3 には Microsoft.Web.Helpers.dll は含まれていない様なので、TwitterなどのヘルパーをRazorで使用したい場合にはWebMatrixのインストールが必要なようです。

ASP.NET MVC 3 RTM とか Web Matrix とか IIS 7.5 Express とか

ASP.NET MVC 3 が RTMとなりました。日本語パックなどは、もうちょっと先のようです

Download details: ASP.NET MVC 3 RTM

WebMatrix もRTMになっています。ダウンロードインストールは以下からどうぞ。

http://www.microsoft.com/web/

IIS Expressも。

Download details: Internet Information Services (IIS) 7.5 Express