Astoria

中の人のブログ
http://blogs.msdn.com/pablo/default.aspx

資料
http://astoria.mslivelabs.com/Overview.doc

http://astoria.mslivelabs.com/UsingMicrosoftCodenameAstoria.doc

URIでクエリー、帰ってくるデータはプレーンなXMLかJSON。
いま時ですな。

URIでのクエリーとはたとえばこんな感じです。

http://www.isisaka.com/Astoria/Employee.svc/EmployeeID[JK8001]

これで、EmployeeIDがJK8001の従業員情報がXMLかJSONで帰ってきます。

ということで、基本的にサービス提供側に技術です。
RESTはいいんだけどどうサーバー作るんだよっていうことに対するMSの回答のひとつ。
ただこのやり方がRest的に正しいかどうかはまた別。上の例は一番単純な例だけど、クエリーが複雑になればそれだけURIの記述も増えるので、そのURIをみるとURIをここまで醜くしてくれるなって意見も当然あるでしょう。

しかしことごとくREST/JSONなコンポーネント、テクノロジーの追加ばかりで、SOAPはどこに行ったやら。

追記14:48

Astoriaのコミュニティサイト
http://astoria.mslivelabs.com/Default.aspx

もうこうなってくるとMS主催のテクノロジー毎のコミュニティサイトが乱立しすぎてわけがわからない感じに。そろそろポータルがっていうか、MSDNのサイトに集めてほしいよね。。

追記ネタもと
どっとねっとふぁんBlog : Astoriaの情報提供サイト
http://dotnetfan.org/blogs/dotnetfanblog/archive/2007/05/10/2540.aspx

コメントを残す