C# メモリ モデルの理論と実践(MSDNマガジン Dec. 2012)

C# – C# メモリ モデルの理論と実践.

MSDNマガジン2012年12月号の翻訳記事。

C#のメモリモデルに関する記事。特にマルチスレッドにおける変数に対するアクセスでの順序性が保証されるケースと保証されないケースについてのまとめ。

C#のプログラマは熟読をお勧めします。async/waitが何でもよろしくやってくれるわけでは無いので、変な見つけるのが困難なバグに出会いたくなければ頭にたたき込んどく必要があると思う。

特にvolatile句に関する説明は今まで一番わかりやすかったかもしれない。最もC# 5.0, .NET 4.0以上であればそこまで低レベルな操作はやらなくても、大抵回避できるはずと言うのが次号の記事になるのかな。

コメントを残す