“Crossbow” 続き

MSDNのビデオをまだ見ていない人はとりあえず見てみよう。
僕はとりあえず見た。
ビデオの前半は、従来からWPFのドキュメントにあったWPFでWindows Formベースのコントロールをホストする方法、後半が”Crossbow”を使って、Windows Form上でWPF Controlをホストする方法のデモが行われる。(この両方でCrossbowというのかもしれない)
ビデオの中で詳しいデモがあるけど、”Crossbow”を使うことで、Windows Formで簡単にWPFのコントロールをホストすることが出来る。
“Crossbow”の中心になるのはElementHostというクラス(オブジェクト)で、このクラスが、Addメソッドで登録されたWPFコントロールをホストする形になる。これを概念的に僕が書いたのが下の図になる。
Crossbow.png
こういった形で、ただアッパーコンパチブルというのではなく、双方向の互換性が一応確保されるのは、非常にうれしい事だと思う。

コメントを残す